2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

シュR∀まんが大王

1 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2006/12/26(火) 00:41:07 ID:???
⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン

http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/bobby/1161663899/
前スレ

http://pr2.cgiboy.com/S/2093906
前略プロフ

http://syuramina.cocolog-nifty.com/blog/
http://syuramina.exblog.jp/
ブログ

2 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2006/12/26(火) 00:43:44 ID:???


3 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2006/12/26(火) 00:46:06 ID:???
* アナルが3get

4 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2006/12/27(水) 00:33:56 ID:???
manga

5 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2006/12/27(水) 16:24:25 ID:???
moe e

6 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/01(月) 18:07:02 ID:imvsDl9S
age

7 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/02(火) 17:43:53 ID:D04KlxhM
>>1-6
乙。
うっしっし☆

8 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/04(木) 21:43:56 ID:+jvbmFXO
とりあえず、国際通貨プロジェクトというのを立ち上げよう。
全世界統一通貨をつくる為に、世界各国の著名人に賛同してもらう、みたいな。。

既にある??


9 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/04(木) 21:44:19 ID:???
997

10 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/04(木) 21:47:29 ID:+jvbmFXO
誰かそういうの誘ってくれないかな。。
役員報酬月20万くらいくれれば頑張るよ。

月20万あれば、派遣の仕事と合わせて
税金納めても生活していけるし。。

11 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/04(木) 21:49:01 ID:+jvbmFXO
>>9
惜しい。
僅か988レス早い。

12 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/04(木) 21:49:44 ID:???
manga

13 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/04(木) 21:50:17 ID:BbXiHjQd
たかし

14 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/04(木) 21:52:15 ID:+jvbmFXO
地域通貨から立ち上げていくのがスジと言えばスジなんだけど
めんどくさいんだよね。。。

でもまぁやってみようかなぁ。。
とりあえず僕の漫画購入しようとしたら
普通のお金だと購入禁止で
僕が発行するお金じゃないと購入できない、とか。

みんなから食べ物とか貰う代わりに、僕は僕の発行したお金渡す。みたいな。

15 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/04(木) 21:53:43 ID:+jvbmFXO
>>12
もうちょっと待ってチョ〜。。

>>13
ビートたかし

16 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/04(木) 21:58:45 ID:+jvbmFXO
めんどくさいから物々交換でいいや。。
なんか食べ物とかで。。あと靴とか。。

欲しいものリスト挙げて、そっから物々交換にしようかな。。。

17 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/04(木) 22:01:38 ID:+jvbmFXO
元々お金というのは、物々交換の手間ヒマを削ぐために
出来たものなんだよね。

それが今では、人を縛り従わせたり強要したりするものになっている面があって
そういうのがあんま良くないと思うんだよね。

18 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 01:35:14 ID:/UYC6SJ/
ぇぇ。。
もう一月五日。。。

19 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 01:39:16 ID:/UYC6SJ/
例えば、2chとかmixiの発起人の人達っていうのは
学生時代の頃に宮台真司とかの
『これからの時代はみんなが楽しく繋がれる場をつくる人間がフューチャーされる』
という意見を鵜呑みにして、現在があったりするんだよね。

頭の良さとか周囲を見通せる力とか、そういう部分ばかり特化して優れた人間の意見に従って
全体が流されすぎているというのがある。

20 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 01:42:39 ID:/UYC6SJ/
本来なら、頭がキレる奴はキレる奴で
その役割以上に評価される必要など無い筈なんだよね。

オールマイティに何でもできるトップの人間が
頭のキレる人間の意見を取り入れつつ、全体に対しての判断を下していくべきであって
そういう本来あるべきプロセスが踏まえられていなかったりする。

21 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 01:46:20 ID:/UYC6SJ/
ガキ大将……
というより、王様やお姫様をつくっていって
そこに中心を担ってもらう必要がある。

近い世代同士で競い合って決めてくれればいいんだけど
皆で競い合うことを前提としていると、挫折した人が悪い気持ちに取り付かれるので
基本は棲み分け、で、競争したい人達だけで決めていってもらえば良い。

22 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 01:50:08 ID:/UYC6SJ/
初めから自分の居場所とか役割とかは与えてあげるべきで
そこを奪っておいて競争させているとロクな人間にならない。

自分らしくいられる居場所や役割に収まっていて
退屈だったら、競争する場に出てもらって
駄目だったらまた戻って貰えば良い。

これからの世の中はそういう風に仕組みづくりをしていくべき。

23 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 02:02:43 ID:/UYC6SJ/
日本は戦争をして負けて、沢山の人達が死んでいったから
本来リーダー足る人が人の上に立つと
集団として存続できないような状況だったんだよね。

戦争直後においては、文官と武官といって
リーダーの役割を分割し、全体を牽引し
人格者は底辺の部分を担うことで集団としてのまとまりを保っていた。

けれど、文官、頭の良さに特化した人間が優遇され過ぎるような状況になってきて
本来等価値、というか人間評価をしていく上で不可分であった
頭脳と身体性という概念が対立するようになり、その対立が
唯脳論みたいな頭脳至上主義的、頭脳支配的発想を到来させることになった。

一方で、人格者が社会的に底辺部を担い続けたことによって
『底辺部にあっても、その動機次第によっては価値の高い立派な人間』
という認識が大衆レベルで根付いていって、大衆全般において高い人格を持っているかどうかが
問われるような事態も到来した。

24 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 02:06:37 ID:/UYC6SJ/
人々を治めるに当たって、必要とされる能力を役割分担をして
集団を維持してきた弊害が社会のいたるところに出ていて
これからは、また中心に立つべき全て兼ね揃えた人間が
成立するような社会環境の達成を目指すべき。

25 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 02:12:10 ID:/UYC6SJ/
目の無い人間や、その気のない人間に対して
頑張って競ってもらう必要はないんだよね。
そういうことをやっているから世の中に対して恨みつらみを持ったり
周囲に嫉妬する人間が出てきて世の中が悪い方向に流れていく。

26 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 02:16:53 ID:/UYC6SJ/
視点を変えると、身分制度や家制度で生き方や居場所を決め定めていた
前近代の時代と、自由意志を尊重して皆で競い合う近代の時代と
組み合わせたところに着地していきましょう、という感じ。

27 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 02:19:57 ID:/UYC6SJ/
理想的バランスというのがあって、そこを頂点とせずに
ズレたところを頂点としてヒエラルキーを形成していると
自らの身分に対して不満を鬱積させる人達を増やすことになる。

天皇が日本の象徴なら、変わっていって模範を示すべき。
今は理想的バランスからズレたところで立ち振る舞っている。

28 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/05(金) 02:22:28 ID:???
日本の皇族さまはちょっと平和ボケしてなさる・・
みんなのために笑って手振って平和の使者を演じてなさる・・困ったものじゃ

29 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 02:28:14 ID:/UYC6SJ/
人々が生きる環境というものが
自然から、同時代を生きる周囲の人々へとシフトしていったことで
人々がどういった意思を有しているかが個々人の生存に大きく関わっているような
状況になってるんだよね。

何か恨みを持ったり悪意を持ったりするまで頑張るのはオーバーワークだという認識を普及させて
そこまで頑張らせないような仕組みづくりをしていく必要がある。

30 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 02:32:38 ID:/UYC6SJ/
>>28
老人だしね。。。
次の天皇からは変わってくれるような気もする。。

31 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 02:39:45 ID:/UYC6SJ/
まぁただ、それは水星座の発想なんで
火星座や風星座の人達は、一向にオーバーワークして
目に見える部分の力に拘って貰って構わない。

ただ、それだと全体の上に立つ資格は無いということ。

32 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 03:00:06 ID:/UYC6SJ/
目に見えない、人の内面にだけあるものというのは
今後将来の現実のあり方をつくっていくものになる。

本質的には、存在するものも存在しない気持ちだけのものも
同じ価値なのであって、そこに重心が無いとバランス感覚を逸しているということになる。

重心がブレているから歩いていけるのであって
ブレる際の基準がずれたままだと、歩くほどに身体を痛めることになる。

33 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 03:29:22 ID:/UYC6SJ/
以前NHKで『真剣10代しゃべり場』っていう番組があったんだよね。

この番組というのは結局は『自分のこと皆認めてください』という主張と
『イヤ、駄目です』というやりとりの繰り返し。

自分のことを認めてくれそうな仕事を見つけて
周囲に認めてもらうために仕事を頑張る。

…という流れなんだけど、仕事というのはそれぞれ社会的な存在意義というのがあって
存在意義が終わっているものを無理やり拡張していこうとしてもキビシイんだよね。

子供の頃の『自分認めて』と『他人駄目です』の部分を解決していかないと
難しい。

34 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 03:32:00 ID:/UYC6SJ/
女の子の方がそういうところまで見えている人が多いので
恋愛に熱心になるんだよね。

親や家族から認められる自分というのが
他人を受け入れられなくさせているから、皆と上手くやっていくためには
恋愛して自分を変えていく必要がある、と。

35 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 03:38:07 ID:/UYC6SJ/
ジェンダーから男性が社会にでて働いているので
女の子は父親に接する機会が少ないんだよね。

つまりは、おしなべて男の子より厳しい環境で育つので
成長が早かったりする。
ただ、大人になってくれば、子供の頃の気持ちの空洞を埋めていくために
『仕事頑張ってる男の人に側に居てもらう』という作業が必要になってくる。

結局、愛情を得たい気持ちを利用して無理やり背伸びさせても
そのツケはどこかで返ってくるんだよね。

36 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 03:42:40 ID:/UYC6SJ/
例えば、水星座の父親が社会に出て頑張っていると
その娘に対しては、普段自分が表に出せない水星座の部分を求めるようになるんだよね。
火星座に産まれてきた女の子からすると、そういうのを求められるのは
非常にキツかったりする。

父親と母親が好き合っている関係ならそれでも良いんだけど
社会と折り合いつけていくための打算で繋がっている場合だと
壊れていくことになる。

37 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 03:46:09 ID:/UYC6SJ/
人には持って産まれた資質があるのであって
その資質と異なるものを求めるのは負荷になるんだよね。

土星座の人にコツコツ物事頑張って貰うのは楽なことなんだけど
風星座の人にコツコツ頑張って貰うのは苦痛なことだったりする。

そういう部分に対する理解がないと、不平等や不公平を押し付けておいて
それに気づかないままということになる。

38 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 03:49:57 ID:/UYC6SJ/
人間というのは、他者に愛されていないと生きることができないので
産まれてきたばかりの子供というのは、仮に自分の資質から大きく逸脱しているとしても
両親に愛されるように努めなければ死んでしまうことになる。

『家族に愛される自分』と『産まれてきた自分の資質』がズレていると
『本当の自分』というのが見え辛くなってしまって
何が自分にとって幸せなのかが分からなくなってくる。

39 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/05(金) 03:50:17 ID:???
星座ロマンにジェンダーの問題を絡めた非常に核心を突く興味深いレスで今日も楽しかったです
(2年前にも同じ内容のレス見たけど)
でも多分普段会社に流されて日常を送っている層にとっては意味不明かもしれない。

40 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 03:55:24 ID:/UYC6SJ/
近視の人間というのは、身近な人間関係ばかりに囚われているので駄目だ。
距離を置いて修正していく必要がある。

日本人は近視の人間が多い。

41 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 03:59:25 ID:/UYC6SJ/
>>39
循環ってます。。
まじ終わってる。。

42 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 04:02:21 ID:/UYC6SJ/
まぁ会社でも何でも馴染めばそこに居続けるのが一番楽だしね。。
ヤクザでもニートでも同じこと。

43 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 04:08:12 ID:/UYC6SJ/
こう、僕の書いていることが社会的に本当に影響力を持つようになると
そのことで人の生き死にがかかってくるんだよね。。。
それが嫌だし、人の人格の中心に言論があるというのはおかしな状態である筈。

人の人格の中心には人が存在すべきであって、何か物質だったり情報、概念だったりするのは
どこか狂っている。

44 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 04:15:51 ID:/UYC6SJ/
だから、言論であるよりは
漫画などのキャラクター。或いは、俳優。

ただそれも『今はまだ存在しない理想像』を提供しているだけであって
そういうのに傾倒してしまうというのは嫌だったりする。

45 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 04:18:31 ID:/UYC6SJ/
社会構造がそれなりになれば日常で生きている人間で
十分成立してくる筈。

ただ、社会構造を修正していくと必要の無い職種というのが
沢山出てくるんだよね。
仕事が人生、仕事が自分の存在意義という人間にとっては
それがキツかったりする。

46 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 04:21:10 ID:/UYC6SJ/
また、企業組織を運営している側にとっては
そこが『我が城』になっているんだよね。
お殿様や貴族を辞めて平民に戻るのはイヤなのじゃ、ってゅ〜ね。

47 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 04:27:15 ID:/UYC6SJ/
元々貴族階級というのは、欲求の水準が一般より先に進んでいるから
皆が低い欲求を満たしてくれるまで待っている。
自分達一部の人間で先には進まない、その代わり楽はさせて貰う。

…というものだった筈。
そういうものを世襲化したり制度化したりして保守してきたツケを
現代になって払っているという感じ。

48 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 04:32:58 ID:/UYC6SJ/
ただそれも今の30台後半くらいまでで払い終わっているという感じ。
終わっているものを無理に保守しようとすれば、また歪な現実をつくっていくことになる。

49 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 04:52:02 ID:/UYC6SJ/
大体世代ごとの都合で世の中決めているとトンでもないことになってくる。
今の40代の世代が自分達の都合で世の中のルールをつくろうとすると
規制でガチガチに権益を守って『イヤイヤ僕らはルールを守ってるんで善人ですよ』
みたいな感じになってくるし、僕らの世代が自分達の都合でルールをつくれば
『際限なく出来る人間』を目指して、ひたすらストイックに打ち込んでいくスタイルを
皆に強要するようになる。

中田英寿とか安室奈美恵、浜崎あゆみとかが同世代だけど
その辺イメージしてくれるとわかりやすい。

50 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/05(金) 04:54:53 ID:???
そういった世代間の問題を納得の行く形としてスポイルしつつ
それじゃいけないのだよ、というオールラウンドな人格がトップに求められている?

manga


51 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 05:12:33 ID:/UYC6SJ/
>>50
オールラウンドを中核に据えて、後は皆で死亡遊戯するのが理想、と。
腐敗するよりはジハードで散れっ!!

…ってゅ漫画描こうかなぁ

52 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/05(金) 05:13:33 ID:???
よしっ
それでもいいから漫画!
基本娯楽だよっ!娯楽でウハウハ!

53 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 05:23:29 ID:/UYC6SJ/
>>52
世の中娯楽が満ち溢れている気がするんだよね。。

54 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/05(金) 05:26:15 ID:???
欲求不満から刹那的な娯楽を欲する層が満ち溢れているだけであって
本質的な「大衆の水準を上げる」段階のエンタメには不足しているのでしょー・・
その部分をシュR∀くんが大衆に伝えて行く必要があるってゅ〜・・

55 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 05:26:52 ID:/UYC6SJ/
どこの街の駅前に行ってもパチンコ屋やパチスロ屋があるけど
これはつまりは主婦などがスーパーやデパートの特売に走るのと同じで
『得した』という感覚を求めているからなんだよね。

損をし続けている日常生活が存在しているから
得することを過剰に求めるわけで、損しているという感覚の部分を
解決していくというのが正しい選択である気がする。

56 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 05:34:03 ID:/UYC6SJ/
>>54
たぶん描いても大衆の水準を上げたいという
個人的な気持ちの自己満足が得られるだけで
実質的には何も変わらないのだと推測できる。
小室哲哉の楽曲とか600万部発行の頃の少年ジャンプとか
大衆の水準を上げる要素に満ち溢れていたけど
実際どうだったのかなぁ、と。

それにそんな上の目線の感覚に安住していたら
すぐに追い抜かれることになる。

57 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/05(金) 05:38:27 ID:???
以上自演でした

58 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 05:39:48 ID:/UYC6SJ/
自分の水準をあげるというのも、何回も書いているけど
『自分の自発的な意思で皆の為になる労苦を買って出ていくこと』
という部分でほぼ終わりだし。

理解がされ難いとか、そういう部分も重要なんだけど
細かく書くと、書くことによって内実が変化してくるんだよね。

要は、どの程度周囲に認められているか否かで
自分の発揮できる実力というのは変わってくる訳で。

59 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 05:40:49 ID:/UYC6SJ/
>>57
ありがとうございました

60 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 05:46:41 ID:/UYC6SJ/
実力のある人は、無い人達に対して無償でノウハウ提供してくれれば
良いじゃんって思うかも知れないけど
実力の高まっている人というのは『自分の実力不足によって露骨に傷つけられた経験』があるので
なかなかそれが出来ないんだよね。

実力の無い、弱い立場の人間が居るからといって
勝手気ままに傷つけていると手酷い仕返しを受けることになるという、ね。

別に必要ともされていない仕事で家庭を疎かにされた子供は
実力をつければ、その実力を行使してそんなおかしな社会を打ち壊すようになる。
成長した後ではもう遅い。自分の状況が悪くなって後から何言っても無駄なんだよね。
信用が無い。

61 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 18:30:01 ID:/UYC6SJ/
なんかすごい速度で時間が経過している気がする。。。

62 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 18:38:28 ID:/UYC6SJ/
西洋人と日本人の体格、身体能力の格差というのは
『他人のためにローギアでアクセルを強く踏んでる』か否かの格差なんだよね。
日本人は器志向で人間の格を判断しがちなんで
ハイギアでアクセルを軽く踏んで自分を大きく見せようとする人が多いけど
それやってると体躯が磨かれていかない。

西洋人のコミュニケーションを見ていると『この人達くだらないことに一生懸命でバカなんじゃないか?』と感じるかも知れないけど
それはギアを低く設定しているからで、戦争など緊急の状態になると
ギアがハイになって、すごい力を発揮してくる。

63 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/05(金) 19:47:14 ID:???
最近の記事

tesuto

64 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 19:49:37 ID:/UYC6SJ/
>>63
テストぉ〜☆

65 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 19:55:26 ID:/UYC6SJ/
警察官って人気ないよねぇ。。
まぁ僕もあんま好きじゃないんだけど。。

要は法律に照らし合わせて人を処罰しようとしたときに
社会で枢要なポジションについてる人達って
ほとんど犯罪者なんだよね。詐欺行為が横行している。
なのに、そっちを裁かずに、体制と関わっていない民間人を叩いて潰していく行為を
正当化する為に法規を利用しているので、なんだかなぁというのがある。

また、人に対する嫉妬心や恨みつらみの感情を
職務を通じてハラスメントしている感が否めないので
警察官は一般から嫌われている部分が多い。

66 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 19:59:24 ID:/UYC6SJ/
治安や生活の安全を守ってくれているという要素が薄いんだよね。。

昔のお巡りさんなんかだと、近所の住民の人達の御用聞きをしていたりして
それなりに上手くやっていたんだけど、今はその手のサービスが充実しているので
必要ないというのがあったり。

67 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/05(金) 20:03:49 ID:???
民事不介入で、結局のとこよく殺人事件に発展したりしてるじゃんっ
つーか家庭内の問題は警察が入ったところで一時的な解消にしかならないにょね?

68 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 20:04:25 ID:/UYC6SJ/
戦後の日本社会は、軍事力・武力に対してはシビリアンコントロールをしていくべきだという
見解が強い。(特に今の40代くらいの世代)
で、シビリアンコントロールしていく側の方が腐敗したときに
警察というのは正義を行使できない公権力の犬になっていくんだよね。

69 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/05(金) 20:05:37 ID:ashBxbYH
こんばんは、始めまして、プロレス板でプロレス団体ノアを、馬鹿にしてる輩が居るのです。どうにか為らないでしょうか?荒らしてるのは、こいつですスピロ平太のメールアドレスです。
つ spiro@bc.wakwak.com

70 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 20:08:04 ID:/UYC6SJ/
>>67
弁護士を立てて裁判で争えば良いと思うよ。
家庭内の問題なんかも電話相談室とか用意されているし
制度しては充実している。

71 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/05(金) 20:10:01 ID:???
だろぉねぇ・・弁護士立てるといいんだけどねぇ・・
いろんな情念混じってて中々他人行儀に踏み切れないっていぅ部分がなぁぁぁあああ

72 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 20:15:35 ID:/UYC6SJ/
>>69
荒らしている動機を読んで
そこからアプローチすれば荒らしは収まると思うよ。

73 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 20:20:35 ID:/UYC6SJ/
>>71
他人との距離を遠く置いてないと
個人の力というのが弱くなってしまう。
甘やかされていると弱く育つし、厳しく躾けられていても甘やかされるよりマシだけど
やっぱり弱い。

力というものがどうすれば身につくのか自分で把握して
自分の意思で行動していかないと、近代社会の中で生活しているのに
社会の意味合いがさっぱり分からないということになる。

74 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 20:23:39 ID:/UYC6SJ/
ただまぁ、皆でタフさやパワーを競い合うというのはしんどいので
競争したい人達同士だけで競争して、後は棲み分けして仲良くしましょう、と。
棲み分けで心地よい居場所の保障がないと、競争の世界に無理やり追いたてられてしまう。

75 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 22:14:41 ID:/UYC6SJ/
美しい国ねぇ。。。

美しさというのはバランスの良さ、調和の取れている様子の反映なんだよね。
世界がひとつの国だったりするのならまだしも
現在の状況で美しさを目指すのはどうなのかなぁというのがある。

76 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 22:21:45 ID:/UYC6SJ/
国際的な紛争というのは確かに政治レベルで見るとフィクションなんだよね。
内部水準を高めていくための不満の捌け口として外国を攻撃しているだけで…

ただ、思念の強さというのは現実を形成していくので
内部のストレスが一定の水準を超えれば、世論が戦争を誘導するようになる。
戦争やってても政治を指導している者同士の認識としては『ああもうしょうがないなぁ…』というような
他人行儀なものだったりする。特に近代化を果たしてからの社会で育った人はそういう風になる。
自国の固有の文化風土で育ったという感覚は薄い訳で。

77 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 22:25:48 ID:/UYC6SJ/
じゃあ一体何の為に国家運営をしていたり
国旗を立てて国家を歌っているのかよくわからないということになるんだよね。

単に、見捨てられるのがイヤだから権力にかこつけて
構ってくれるように強要しているように映ってしまう。

78 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 22:33:33 ID:/UYC6SJ/
まぁ全世界水準でのバランスの取れた美しい国を目指すというのなら
ちょっとは分かるんだけど。。
それってでも天秤座中心の感覚だよね、みたいな。

79 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 22:40:47 ID:/UYC6SJ/
実際殆どの物事の必要性というのは、それが皆に認められつつある段階で終焉しているんだよね。
祭り上げられてからの扱いというのは、今まで頑張ってきたご褒美のようなもので
実力でトップのポジションに居続けようとすれば、ずっとチャレンジをしていく必要がある。

それをポジションの力で無理やり誤魔化したり、押さえつけようとすると
全体に悪影響が出てくる。

80 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 22:44:48 ID:/UYC6SJ/
存在したり、成り立ったりした時点で
それは無条件で配布して良いものである筈。
無条件で配布したくない人達の気持ちのあり方が
コストというものを創出させているんだよね。実際のところは。

81 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 22:46:55 ID:/UYC6SJ/
オリジナルを創り出した人の精神性としては
そういうものであった筈で
後からやってきた人間達で勝手にコストをつくりだして
無条件での共有を拒んでいるに過ぎない。

82 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/05(金) 22:46:56 ID:???
日本人はオリジナリちーに乏しいからだよネ
だから希少なものとして保持したくなるンだよネ?たぶん?

83 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/05(金) 22:53:11 ID:/UYC6SJ/
>>82
いや、オリジナルとか創りだす人間を低く評価しているんだと思うよ。
悟りが足りない人なんだなぁ、みたいな。
空即是色、色即是空に生きられない人間を低く評価しているというところが
日本人の民族性というのをつくりだしている感がある。

それは双子座の都合の世界観だから、大多数の人達にはあまり見合ったものではないんだよね。

84 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/06(土) 21:41:31 ID:IYOE/gR6
個人的な話をすると、権力批判とか嫌なんだよね。
そういうニーズが大きいからやっているだけで。

潜在的な権力志向、権力を得たいという表に出せない欲求があるから
それを代行していく形で衆目を集めているだけというのがあって。。

85 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/06(土) 21:48:05 ID:IYOE/gR6
権力に対する潜在欲求自体を無くしていくというのが
本来あるべきアプローチであって、それは知らないことを知っていったり
勝てない自分より優れた存在に打ち勝とうとしていく過程で
実現していくことだと思うんだよね。

日本社会の構造として、トップが欧米の後追い風見鶏体質のままだと
ず〜〜〜っと変わっていかないことになる。

86 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/06(土) 21:55:16 ID:IYOE/gR6
黒い髪の色というのが権力志向の押し隠しを表しているんだよね。
髪の色を明るく染めるファッショの意味合いというのは
権力志向からの脱却を図りたいという意思表明があるのであって
だったら脱却できるような道筋をつくっていくというのが
やるべきことである気がする。

87 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/06(土) 22:00:22 ID:IYOE/gR6
黒髪の文化というのは結局は階級制度社会になるんだよね。
王様やお姫様を頂点としたピラミッド構造社会になる。

それはそれで良いんだけど、皆が権力志向だと
本当に一番優れた人材が上に立つような状態ではなくなるんだよね。

88 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/06(土) 22:11:39 ID:IYOE/gR6
…赤

…青
…黄
…黒

…緑
…紫

…茶
…白


89 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/06(土) 22:42:29 ID:???
…ハゲ

90 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/06(土) 23:21:51 ID:IYOE/gR6
>>89
ハゲの人は光を生やしている。。
ぅおっまぶしっ

91 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 00:05:04 ID:+i4L9QlU
堀江被告の「体制批判」掲載=米紙
(時事通信社 - 01月06日 19:00)
 【ニューヨーク6日時事】6日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、ライブドア事件で証券取引法違反に問われた前社長堀江貴文被告のインタビュー記事を掲載した。
同被告は「僕のことを最もけしからんと考えたのは、旧体制に利害を持つ40−50代の中間管理職だ」などと述べ、
既存体制から攻撃の的にされたとの持論を展開。反省の弁はなかった。 



[時事通信社]



92 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/07(日) 00:06:43 ID:???
古臭い体制に価値を見出している層を納得させるだけの理論を展開しないと
上には立てないのダピョン

93 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 00:13:01 ID:+i4L9QlU
40〜50代くらいの中間管理職の人達の気苦労というのも
わかると言えばわかるんだよね。

彼らより上の世代というのが、戦中や戦後に苦節を舐めさせられた世代なので
戦中の軍事的教育批判とか国家体制批判をしてゴマすりをしてた訳で。
平和な時代に産まれてきたのに平和をさえずる面倒くささに耐え忍んできたんだよね。
目上の世代の覚えをよくしてもらう為に。

ただ一方で僕らの世代というのは、そのゴマすりの被害をモロに被っている訳で
子供の頃に無理やり原爆ドームに連れて行かれたり、戦争の悲惨な話を聞かされたりして
嫌な気分を強制的に味わうハメになっていた。

それは、昭和一桁世代など子供の頃の時代の社会情勢において
厳しい軍事教育を受けたのと全く同じ構造だったりする。

一体どう責任を取ってくれるつもりなんだろうか?

94 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 00:16:55 ID:+i4L9QlU
>>92
まぁ皆わかってて言わないだけなんだけど
体制にすりよってる人達って、同世代の中での負け組だよね。

劣等感とかコンプレックスの払拭を社会的立場の高さに求めようとしているだけで。

それはそれで良いとして、そんな人達が実際に全体の舵を取れば
当然の如く全体の質が低下していくという。。

95 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 00:22:20 ID:+i4L9QlU
世代が若くなるほどに、体制についてる人材の質が劣化してるのであって
一旦駄目な人間が上の立場に立って権力を持つと
駄目さ加減を許容する人間しか上にあがれないようになる。

駄目さ加減を許容しても良いけど、身の丈にあったところまで立場を下げろ。と。
苦節や苦労で取り繕おうとしても駄目だ。

96 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 00:25:06 ID:+i4L9QlU
今の安倍総理とかの世代は、同世代の人間を裏切っている。
一緒に成長してきた同世代の人間を裏切って立場の保身をしている人間が
下の世代や未来のために動ける訳がない。

もっと同世代で相応しい人材が在野にいる訳で
そういう人達を自分の上に立たせることが出来ないというのならば
全部インチキだ。

97 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 00:37:03 ID:+i4L9QlU
黒髪の民族には民主主義は無理。

皆が光を志向しているいるから民主主義が成立するのであって
権力を志向していれば、専制君主主義になる。

98 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/07(日) 00:39:26 ID:???
王様とお姫様おいてがんばりましょう。
それよりも
ハゲをバーコードで覆い隠そうとしてる政治家は光が見えてない
というmangaをかいてくらさい・・

99 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 01:04:46 ID:+i4L9QlU
>>98
あれはネタでやっているものなので
ツッコミ入れてしまったら負けになる。
っていうか、後ろ毛伸ばして前にかけていった方が自然だと思うんだよね?

>>98
漫画ねぇ。。ぅん。。。

100 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 01:06:23 ID:+i4L9QlU
例えば、萌えを描くとして『僕個人が萌えるキャラ』と『不特定多数の人達が萌えるキャラ』と
どっちのニーズが現状強いのかなぁってゅ〜。。

101 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 01:09:34 ID:+i4L9QlU
萌えというのは一体何かと言えば
『過去においての自分が周囲の愛情を得ていく上での振舞いと同じ方向性で
 自分よりも高い水準での頑張りを感じた対象について抱く感覚』
…っていう風に定義できるんだよね。

102 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 01:13:03 ID:+i4L9QlU
まぁ一々定義して、その定義基準から萌えをつくりだすようなことを
する必要はないんだけど僕の場合。。

感覚でできることを、一々皆にわかるように言語化しているんだよね。。
めんどくさい上に何ら自分に益していないってゅ〜。。。鬱。。。

103 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 01:17:50 ID:+i4L9QlU
また定義、分析というのも理解に至るフォローに過ぎない訳で
高いハードルを一気に越えるのは難しいので細かく区分して踏み台を用意して
皆がハードル越えられるようにしましょう、といった程度のものでしかないんだよね。



104 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 01:21:47 ID:+i4L9QlU
踏み出す一歩の大きさとか、歩みを進めていく速度とか
またはジャンプ力とか、そういうフィジカル面を強化していかないと
大したことがない水準を一生を費やして登っていくということになりかねない。

上の立場の人間が頂点というものを勝手に決めてつけていて、そこを更新していく意思がないと
世の中全体そんな風になってきて低く硬直していってしまう。

105 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 01:24:14 ID:+i4L9QlU
また、素地としての実力が高くないと
頂点の更新なんてできないんだよね。

スポーツなどの世界で出来ていることが
実社会においてできていないところがある。

106 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/07(日) 01:29:24 ID:???
俗的に難しいとされるテーマをあえて単純化して分かりやすく伝えようという
しゅRAの心意気に感服いたしました。
ぜひ僕を師匠にしてください。

弟子と呼ばせてくださいっ

107 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 01:41:22 ID:+i4L9QlU
>>106
難しいというか、オリジナルを開拓していった人と
一般の人達の心のあり方の距離というのがあって、心の距離というのが理解の困難さに直結している。
それを埋め立てていく為の手法として色んなやり方があるのだし
また、オリジナルを開拓していくこと自体を社会的に認めていく必要があるという話を
結構しつこく繰り返している感じ。

要はオリジナルの開拓を認めるというのは、皆からの距離を置いていくことに等しいんだよね。
日本のように同調圧力の高い嫉妬社会だとそういう振る舞い自体に対する理解がなかったりするし
これからどうぞ宜しくお願いします師匠っていうことです?

108 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 01:46:13 ID:+i4L9QlU
日本人はオリジナル創った人、立派な業績打ち立てた人を
社会的に立派な人格者だと嘘をついて
祭り上げているんだよね。

そういうインチキをすることで、秩序や公序良俗が保てるという発想があって
それは確かにそうだったんだけど、一方で
高いところを解する行為を阻害していた訳で。

開拓したりチャレンジしたりする精神性を毀損して和を保っている訳で
そういうやり口ばかりが幅を利かせていると、結局は全体の発展を阻害してしまうことになる。

109 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 01:54:24 ID:+i4L9QlU
人間という生きている存在よりも
自然や科学や社会の枠組みの方が強いということになると
その強みを利用して、人々を操作していこうという発想が出てくる。

それは、人自体が強くなっていこうという営みを邪魔したり
既存のものの可能性を高めて押し広げていったり
新しいものを創り出していくことを阻害している。

和を保つ一方で切実に大切なものが沢山毀損されているのであって
毀損行為を毀損ではないと誤魔化し続けているので
妙に物事が複雑になったり訳のわからない茫洋な不平不満が鬱積した世の中になっている。

110 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/07(日) 04:14:08 ID:???
http://the-structure-of-man.blogspot.com/
リアルな人物画の描き方を無償でYOU TUBEにうpしてるぉ

111 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 05:50:34 ID:+i4L9QlU
>>110
マール社の「やさしい人物画」とかの描き方だよね。
大まかな骨格モデルをつくって、そこに肉付けしていって描くやり方。
ただこのやり方だと全体のバランスが上手く取れていない仕上がりになりやすい。

基本的にはデッサンと、描く対象の構造を把握しながら想像で描くことと
繰り返しながら絵のレベルを上げていくというのが基本的なやり方。
慣れてくると一発で描けるようにだんだんなってくる。みたいな。

http://www.asahi-net.or.jp/~zm5s-nkmr/

112 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 05:57:11 ID:+i4L9QlU
描く対象の構造と、描く際の視点、光源のあり方を意識しつつ描いていくのが
所謂『左脳で描く』という描き方。論理的描画方法。

これに対して感覚とか感性を重視して描くのが『右脳で描く』という方法。

論理も感覚も両方とも使っていかないと多くの人を惹き付ける絵というのは描けない。

113 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 06:01:27 ID:+i4L9QlU
でも、絵の才能がある人についてはあんまり関係がなかったりする。

絵の才能というのは、基本的には
『認識力や判断力は高いけど、それをアウトプットして他人に伝えるのが苦手な人』
そういう人に絵の才能が宿る。
人徳は高いけど、他人にそれを強要するのが苦手な人に絵を描く才能が宿る。

114 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/07(日) 07:06:49 ID:???
絵がうまい子供が内気な場合が多いのはそういうことね・・

115 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 07:26:26 ID:+i4L9QlU
>>114
まぁ基本の話で、応用とか例外とかはあるけど。。
多くの人から注目される立場になってから
伸びる人というのも居たりする。
プロとしてやってく場合そういう部分が大事になってくる。
ファンを増やしながらファンと一緒に成長していくという要素。

116 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 08:20:16 ID:+i4L9QlU
歳を取って色々見えてくると成功する(皆に認められる)のに
必要な頑張りというのがどうにも割が合ってない水準なんで
放棄しちゃうんだよね。真面目にやってられるかよ、みたいな。

既に立場がある人にゴマすりして引き上げてもらった方が
よっぽど労力が少なく実利が得られる訳で
ピンでやってくのはバカバカしい、と。

ただそこを無理して無理して頑張り続けないと
どうにもならなかったりする。

117 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 09:35:53 ID:+i4L9QlU
割と官僚気質のようなものを批判しているんだけど
逆に言えば、民間の底辺部に官僚気質が流入していくことを認めないと
官僚気質の居場所がなくなってくるんだよね。

官僚気質が偉いんじゃなくて、幾多ある人間の人格の一種であるという認識に立って
そっちはそっちで新しい居場所をつくっていく必要性がある。

118 : ◆z2mYCw53h6 :2007/01/07(日) 10:08:47 ID:rj5KizGY


119 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/07(日) 22:25:47 ID:???


120 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/07(日) 22:27:16 ID:???











p.s
シュラまんが親王

121 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/07(日) 23:55:31 ID:+i4L9QlU
>>118
アズライト

>>119
あずまひろき

>>120
あずまんが大往生

122 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 05:55:47 ID:H2gfRtbZ
ハンバーグが食べられるよ♪
うほうほ

123 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 21:20:25 ID:H2gfRtbZ
ステーキは素敵。

ほんと不思議というか、面白いんだけど、場を主宰する人間と同じようなタイプの人間が
集まってくるんだよね。

124 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 21:25:33 ID:H2gfRtbZ
もっと増えていって棲み分けしてけば良いや、みたいな。
競い合うのは競い合うの好きな人達同士でやればいいよ。

125 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 21:28:21 ID:H2gfRtbZ
水星座の人達だけが集まる掲示板とかね。。
そういうのやってみよぉ。。

126 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 22:16:46 ID:H2gfRtbZ
だからさぁ。。
獅子座の子は、女でも獅子座らしくしてれば良いと思うんだよね。
無理して女の子らしくする必要ないってゅ〜。。

パラメータをルックスに殆ど全振りしているから
何やっても人並み以下程度にしかできないのであって
ルックスに振ってる分をちょっと他にも振るようにすれば良いんだよ。

モデルとかアイドルとかサービス業やればルックスの良さが生かせるのであって
そういう仕事すれば良いだけの話。
お姫様みたいな優雅な生活したいなら、資産家のオッサンの愛人でもやってればいいよ。

質実共にお姫様生活したいなんて無理なんだよね。
腐女子みたいに白馬に乗った王子様との生活を空想して戯れてれば良いよ。

127 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 22:24:56 ID:H2gfRtbZ
まぁでも王道に出て勝負したいっていうのが
あるとは思うんだよね。

男性が母親や奥さんに支えてもらって社会で勝負できているのに
女性の場合は支えてくれるのは精々子供くらいな訳で
フェアじゃないんだよね。

女性の場合、容姿や身嗜みについても男性より厳しい水準を求められているし
かなり不利な条件で競い合いをしなきゃいけないというのがある。

128 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 22:30:29 ID:H2gfRtbZ
同じ土壌で競い合う以上、評価基準も同じものじゃないとわかりづらいんだよね。
腕力が強いことと、容姿が美しいことと競い合わせてそれを平等に評価していくというのは難しい。
評価する側の個人的都合というのがどうしても入ってくる面がある。

129 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 22:36:04 ID:H2gfRtbZ
まぁただ、社会の中で王道とされている職業なり企業なりが
全人間性を競い合っているっていうのは、子供が抱く幻想なんだけどね。。
もっと俗な感情に従って動いている訳で。

人の煩悩の下について、それを頑張って満たしていくのが
資本主義社会なんだよね。
立派な人間になって立派な器量を発揮していくっていう訳じゃないんだよね。

130 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 22:42:48 ID:H2gfRtbZ
かつて、資本主義と社会主義(共産主義)の衝突というのがあって
世界が資本主義体制の国と共産主義体制の国に大きく二分されていた時代があったんだよね。

キューバみたいな一部の例外を除いて、共産主義の国というのは
理想に倣って生きられない人達を粛清して大量虐殺をしたり
ルール違反をしている人間がいないかどうか厳しく警察がチェックをするような
多くの人達にとって息苦しい社会になっていたので
ソ連、東ドイツ、中国、カンボジア、北朝鮮など、共産主義を標榜していた国々は
多くの内部問題を抱えつつも今では資本主義社会へと移行していきつつある。

131 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 22:49:48 ID:H2gfRtbZ
ただ、資本主義社会というのも時代が経過していくことによって
かつては官僚など一部の立場の人間だけが社会全体の福利を担う立場として活動していたけど
近年においては大企業を中心に官僚的発想に基く、事業企画を組むようにもなってきつつもある。

132 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 23:04:39 ID:H2gfRtbZ
そもそも社会主義というのが何故台頭してきたかと言えば
フランス革命の達成から広がっていった民主主義社会というものに
耐えられない国が沢山存在したからなんだよね。

社会主義というのは結局は、階級社会から脱却していった民族の水準に追いつこうとして
追いつけなかった民族の為の選択肢であって。

王様やお姫様を頂点にして貴族が居て、民衆が居るという中世社会への
回帰を望む気持ちが、社会主義社会というものを台頭させていった。

133 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 23:13:54 ID:H2gfRtbZ
西洋の中世封建制度社会というのは
キリスト教的世界観……つまりは
『皆の祈りの力によって、森羅万象を制するメシアの生誕させ、メシアによる救済を達成する』
……というストーリーテリングで半分まとまっていたんだよね。

半分それでまとまっていたものが、段々と全部を満たす本物になってきたときに
『神の分身である個々人の力によって、森羅万象を制する』という社会通念が形成され
科学が台頭し、高度な分業化が達成され、人間組織集団の力によって人間の生存を脅かす
森羅万象を制圧することが実現していった。

134 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 23:31:06 ID:H2gfRtbZ
日本でも中世時代に戦国時代に突入して
織田信長などが中世的階級制度と仏教によって統治されていた社会を打ち壊し
楽市・楽座などの文化経済特区を実現させていったり
兵農分離をするなど、高度分業社会の実現をさせてほぼ全国を統一するポジションに迫ったりしたんだよね。

ただ、キリスト教がメシア生誕の宗教であったのに対し
仏教というのは悟りを得ることで日常の不平不満を吸収するものだったので
フランスのように市民革命は生じたりせず
腐敗していた旧体制に灸を据える程度のものに収まることになった。

武田信玄はそういう民衆の意識まで見えていたので
改革をするよりも、旧制度の補強保全に努めた政治を行おうとしたんだよね。

織田信長は信長で、どうせ改革の達成が実現される段階になれば
今の時代のホリエモンの様に民衆にポイ捨てされるところまで見えていて活動していたので
『人生五十年〜』の狂言を好んで舞っていた、ってゅ〜ね。

戦国時代というと、戦争が絶え間なく生じた血生臭い時代とも捉えられるけど
一面では、風流に爽やかに生きることを好む英雄達が活躍できた良い時代でもあった。

135 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 23:35:23 ID:H2gfRtbZ
不満があるのなら誰か他人任せにせず
一揆でもやってりゃ良いんだよね。
上の立場の人間がムカつくんならブン殴って締め上げれば
それでオーケーな話。

他人にやらせといて気分だけスッキリさせて
責任は一切負いたくないという人間が日本人の主流になっている。

136 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 23:40:34 ID:H2gfRtbZ
結局、天皇というのがそういう人間性を発揮してるんで
日本人総体としてその様にまとまっていってしまっている。

トップの人間の問題だし、トップを見て自分の振る舞いを決めてる人間の問題でもある。
その辺を変えていかないと、結局ずっと外部の強い異民族の都合でアッチ行ったりコッチ行ったり
主体性の無い、主体性の認められない国として評価を受けることになる。

137 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 23:46:27 ID:H2gfRtbZ
大体仏教も日本発祥じゃないってゅ〜。。

もともと集落として共同生活していた段階から
日本という国へ発展していったのも、中国との関係からだった訳で
成り立ちからして主体性がないんだよね。
主体的に国柄を発揮していくつもりがないんだから(単に舐められたくないだけっていうなら)
とっとと国旗を降ろして、アメリカか中国に吸収されてれば良いと思うよ。

138 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 23:49:22 ID:H2gfRtbZ
結局、主体性とかある人間がバカだ、悟りが無い。
とかいう、一部人間の世界観を偏重し頂点に君臨させてきた歴史と伝統のツケが
現代おいても回ってきている。

139 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/08(月) 23:53:56 ID:???
おお、歴史のベンキョーになるよぅ
カキカキッ メモメモッ

140 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/08(月) 23:59:33 ID:H2gfRtbZ
若い人の感覚的なもの、というのは
実は上の世代で色々見えてる人達が頑張ってつくっていったものなんだよね。
古くて頭の硬い我侭な人達からの批判を受けつつも。

与えてもらったものというのは表面上のメッキで剥げやすいものなので
個人個人で掘り下げていって、身につけていく必要がある。

メッキが剥げないように集団でひきこもっていると
これまた、集団の心理の玩具になってくれる使い捨ての英雄が出てくることになる。

悟っている、わかっている、認識が正しいと、とか
そういう部分を評価し過ぎている評価基準の偏りが問題でもある。

141 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 00:05:14 ID:OSVLctJi
学力として問われているものも
そういうものになっているので、偏った人間が上に上がっていって
指揮をふるってしまっている。

>>139
ぅ〜ん。。歴史を勉強していくときの前知識としては
利用価値があるっていう感じのものだと思うよ。

日本の場合、歴史上のファクトを丸暗記していくところから入るけど
欧米人がやっているように、歴史を生徒にとって興味深い観点からコンパクトに編集して伝えて
それから各個人が歴史を調べてもらって、それを発表し合うことで評価を与えていくという方が
実社会で必要とされる能力を身につけていくのに相応しいと思うよ。

142 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/09(火) 00:07:11 ID:???
そ、そうか
ここにあるのは要点の氷山の一角にすぎなくて
興味ある部分を掘り下げて行けばいいのですねッ
メモメモ・・
そんじゃ仏教辺りから本を漁ろう・・

143 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 00:24:00 ID:OSVLctJi
>>142
いや、そもそも歴史というのはフィクションだから
フィクショナルな語り口をつき合わせて優れたものをつくっていこうというのが
本来あるべき判断。

何か正しいものがあって、それを身につけていくっていうのは嘘なんだよね。
昔の強かった人のものを『これが正しい』として身につけさせられているだけで
そんなことに終始していたら、自分の限界を自らつくっていってしまうことになる。

教育の方がそういう風に変わっていってくれないと
なかなか社会に出てからいきなりそうしようとしても出来辛かったりするんだよね。
大体何のために教育制度を施行しているのかわからないってゅ〜。
単に、旧来の教育制度に乗っかって権力を得ている人達の地盤を強化するだけのものになっている。

今の安倍総理がやろうとしている教育改革というものも、そういうものだよね。
欧米の風味で表面上だけコーティングして輝かせて、学校教育を修了した人間の世間体の良さを引き上げようというところに
狙いがあるに過ぎない。

144 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/09(火) 00:27:30 ID:???
歴史は今の世界に合わせて作り変えて行くモノ・・・?
難しくなってきたじゃん・・
ということは、既存の知識を知識として知りつつ
歪んだ部分は変えて行くという感じで?

145 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 00:34:08 ID:OSVLctJi
体制……政治家や官僚がそういう発想だから
企業とかが真似をして、じゃあウチの会社向きの人材つくる為に
子供囲いましょうとかいう狂気的な発想がでてくる自体になっている。

子供は親の世代が乗り越えられなかった、挫折したところを乗り越える存在として産まれてきているのに
存在自体を捻じ曲げるような環境を与えていると、世の中全体が腐敗していくことになる。

146 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 00:37:52 ID:OSVLctJi
>>144
個々人の都合で言いたいように言って貰って
その突合せをしていくことで、歴史認識というものをつくっていこう、と。

ただ現状でそれやると、深刻な対立が生じるので
基本棲み分けして皆で仲良くしてもらって、競い合いしたい人達だけで
競い合いしてもらえば良いんじゃない? みたいな。

147 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/09(火) 00:40:28 ID:???
そっか〜☆
もし作ったら教えてね☆
おやすみ〜☆

148 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 00:42:57 ID:OSVLctJi
例えば、サッカーを授業でやるとして
皆でパス回しとかして楽しい時間をつくるグループと
全力で試合をして競争し合うグループと
こういう2つの分け方じゃ駄目なんだよね。

全力で勝負する競争グループは一緒くたで良いけど
仲良くするグループは、その性質に応じて幾つかに分け隔てる必要がある。

149 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 00:44:37 ID:OSVLctJi
>>147
゚+.(ノ*`・Д・)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆

150 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 01:04:29 ID:OSVLctJi
まぁいいや。。
女の子を主人公にした漫画でも描こ。

151 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 01:11:05 ID:OSVLctJi
こう。。。

女同士で容姿の優劣競い合って、容姿が一番の女の子が
王様と結婚して、王様の部下はみんな美しい姫様に惚れている……。

みたいなの無理だよね。
そんな子を身近に置いて幸せにしようというような発想の男が
トップに立てるような世の中じゃあない。
王様になりたいけど、なれない人達にモテるだけで。。

152 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 01:12:29 ID:OSVLctJi
ただまぁ女性が社会に出て男性と並んで競い合うには
不利な条件が沢山あり過ぎるので、その辺緩和できるような
作品になれば良いカナァ、とか。

153 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/09(火) 01:19:12 ID:???
働きマンっていうのがそういう感じ?
シュガシュガルーン描いてる人のヤツ

154 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 01:52:25 ID:OSVLctJi
理の江ね。。。
理でも何でも、大切な人に愛される方法がわからないことから発達していくものだから
そのように努めてかないと駄目なんだってゅ〜ね。。

>>153
う〜ん、働きマンの主人公の女性みたいなのがカッコイイ! っていう感じだと思う。
そうそうシュガシュガルーン描いてる人。

155 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 05:59:07 ID:OSVLctJi
↓↓ちょっと抜粋↓↓

  ディープ・ゼミをそろそろ始めたいと思います。みなさん、準備は良いでしょうか?>何だかここでも、日本文化の見えない壁があるように感じます。そうです、みな後ろ手を組んで、他が動き出すのを見守っています。
この余りにも日本的な出る杭は打たれるという妄想というか、刷り込みが知を作る場所に参加する時の姿勢すら支配してしまう状況が、日本に学問が育たない大きな原因の一つであると僕は思います。
まずは、そこから変えていかないといけないのではないでしょうか?
参加者諸君のガッツを期待します。
> ハッパをかけたら、徐々に出てきました。
皆、なかなか良い視点を持っているのが分かるのと同時に、
アヴェロエス関係を読むことは新鮮だったという感想がチラホラと出ています。
この調子で行きましょう。


156 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 06:03:45 ID:OSVLctJi
出る杭は打つというより、出る杭は泳がせて踊らせて利用していって
利用価値が終わってきたら叩いて終わらせる。

…という裁量を振える人間を頂点としている文化風土なので
皆なかなか出ていくことが出来ない。

157 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/09(火) 06:10:17 ID:???
『ヘルメスの図書館』の名にふさわしく錬金術・自然魔術・占星術に関する
テーマについてソリッドな歴史研究を行っている海外の学術文献を紹介し、
訪問者との交流も促進するインタラクティヴなウェブ・サイト。
初期近代の「知の劇場」を目指します!

158 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 06:16:05 ID:OSVLctJi
科学史を、科学史を包括するレベルで、その担い手達のスピリチュアルな感度から
再興をしていく作業というのは、今ある科学主義を解体して何か別のものを立ち上げていく時に必要な作業なんだよね。

それを実際に担った人間よりも、誘導したり指揮した人間の方が偉いとする価値観があって
そこが変わっていかないと駄目なんだよね。

工事現場なら、現場で工事している人も偉くて重要な仕事を担っているのであって
現場を監督したり、工事計画を立案する人間ばかり偉いというのは、間違っている。

ただそういう風に傾倒した現実があるのは、考える力や応援する力を軽視し
実務をこなす労苦ばかりを声高に主張してきた人々が多く存在していたからだと思われる。

159 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 06:23:21 ID:OSVLctJi
>>157
ググったんだネ

160 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/09(火) 06:30:09 ID:???
シュR∀スレと同じく面白そうなサイトなのでちょっと読んでみようと思います

161 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 06:56:28 ID:OSVLctJi
>>160
まぁ僕くらいの世代の中で頭角出している人達の欠点なんだけど
ちょっと独善的過ぎるんだよね。
僕ら位の世代が成人した頃には、それで良かったんだけど
今の若い世代の方が能力的に高いし、視野も広いし深いから
譲ってく必要がある。

162 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 10:16:59 ID:OSVLctJi
うん、大体わかった。。
公家、武家、僧院の3権力による統制が崩れていったのは
地球が丸くなったことによる影響だと。

神話と現実をダイレクトに繋げていって
本当の歴史を再現させていこうとする作業が今は大事。

163 :ピッコロ ◆z81gXHd6h. :2007/01/09(火) 13:15:20 ID:???
(゚д゚)

164 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 15:45:07 ID:OSVLctJi
>>163
(≧ω≦)

165 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/09(火) 15:50:23 ID:OSVLctJi
万有引力・・・重力という概念も
地球を球状とすることとの合理から発生して成立していったものなんだね。


166 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/10(水) 06:07:48 ID:kWzEIqqE
ゲシュR∀ルト崩壊

167 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/10(水) 10:00:31 ID:???
マンガ描いてる貝?
構想があるならドンドン描こうぜっ

168 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/10(水) 10:55:01 ID:???
「6月中になんとか・・」って言ってた頃が懐かしぃ

169 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/11(木) 02:56:57 ID:krIrjJ0I
>>167
うんカかなきゃあ

>>168
我輩も懐かしい(偉ぶって誤魔化すにゃあ

170 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/11(木) 03:02:51 ID:krIrjJ0I
最近、日本が二極化社会になったことを頻繁に非難する言論が目立つけど
なんでそういう人達が二極化社会になる前に反対意見を出してなかったのか
非常に気になる訳で。。。

要は『世論の吸着』とか『観測気球』とか、そういう意図で行っている訳だよね。
大体本当にそういうスタンスならば二極化社会移行を訴えていた人達が
道義的責任を取らなきゃらないという流れになる筈。

171 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/11(木) 03:09:46 ID:krIrjJ0I
二極化社会導入論が出てきたのは
欧米との関係からだった訳で
本当に二極化社会に問題があってその解決を図りたいならば
欧米との関係の劣勢状態から脱していく道筋を模索するのが
本来あるべき姿である筈。

172 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/11(木) 03:16:31 ID:krIrjJ0I
基準とか枠組みとか自分達の文化圏の内部からつくりだしていって
競っていくという道筋を立てていないところに問題がある。

今は国際世論が反米状態だからアメリカの世界戦略が控えめになっている時期だけど
また時期が経過してくれば日本に対して圧力をかけてくるようになる。

173 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/11(木) 03:25:29 ID:krIrjJ0I
ビジョンを提示したり、そこにチャレンジしていったりすることが
出来ない人間は、人を先導したりする資格がない。

不平不満の受け皿づくりをせっせとするのが
言論とか治世とかいうのは駄目だわ。

174 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/11(木) 03:44:34 ID:krIrjJ0I
最終的には、日本人の民族性に対する自己批判がないと
どうにもならない。
日本人の民族性を保守している人達が社会の上の方に居続けていることが
国益を損ねている。

175 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/11(木) 04:16:27 ID:krIrjJ0I
正々堂々と勝負して勝って、勝ち組になった人は
賞賛すべき。

金持ちの人格を非難しといて、貧乏人の人格を非難しないというのは
間違っている。
人格非難をするならば同じ基準で非難をすべき。

勝ってる人間、調子の良い人間の姿を真似るというスタイルが
一般に定着し過ぎているので、目立つ立場の人間を非難すれば全体に影響がある
という発想はアリなんだけど、その水準で思考停止になっている感が強い。

176 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/11(木) 04:19:34 ID:krIrjJ0I
まぁ事業立ち上げる時には幾多の官憲の裁可が必要になってくる訳で
そんな裁可に倣っている時点で人間的にロクでもないんじゃないか?
というのは確かにある訳で、ルール上や手続き上で正当であったとしても
実質的にはとても卑怯だ、というのはあると思う。

177 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/11(木) 04:25:56 ID:krIrjJ0I
個々人の自己判断において、限界を超える追い込みが必要だという認識がないと
キツイんだよね。。
自分で自分を追い込んでいくことをなるべく多くの人達がやっていってくれないと
厳しい。

二極化社会というのも、自分で自分を追い込めるように環境設定しているものであって
一々、他人とか目上の人間に指導鞭撻してもらって頑張るっていうのは
ロスになるんだよね。

指導できる人間は自分を追い込んで、指導できない人間も自分で自分を追い込んで、と
そうすることによって、全体の水準を引き上げていくロスというのが減ってくる訳で。

178 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/11(木) 04:29:02 ID:krIrjJ0I
自分で自分を限界まで追い込めているなら
後は、大半の人達は棲み分けすれば良いし
自分は抜きん出ているから上の立場に立つのが全体の為になるんじゃないかしら?
という自意識の人達同士で優劣を競ってくれれば良い。

179 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/11(木) 04:51:45 ID:krIrjJ0I
まぁ自分に厳しいこととかストイックになることとか奨励しだすと
景気がすぐガタガタになってくるんだよね。。。

お金刷ってる側とか、そこと結託している側が
ビビるんだよね。。
どうしようもない。

180 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/11(木) 04:55:16 ID:???
マママママアママママ マンガ・・

181 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/11(木) 05:08:29 ID:krIrjJ0I
他人との関係からじゃ駄目なんだよね。。。

自分に内在する世界観の中に
自分を磨いていくことを真とするところを見出さないと
結局皆で監視し合って頑張ってない人間を叩くことになる。

誰かに言われて、その影響でアクションをしていると
結局、その事象を埋め立てていくのに
誰かに何かを言って影響を与えていくということを必要とするようになる。

182 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/11(木) 05:12:04 ID:krIrjJ0I
結論としては『個人的に関心のあるところから接していって
内在する世界観が広がり深まっていくような情報』
を提供していく必要性がある。

甘いものが好きな人に『辛いものものも食べろ』って言うんじゃなくて
甘いもの求めている人には甘いものを与えて、その消費行為によって
辛いものも求めていくような世界観を提供していくことが大事なんだよね。

漫画などもそれと同じこと。

>>180
もうちょっとだにょx。。。たぶん。。

183 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/11(木) 05:14:27 ID:krIrjJ0I
理想を言えば、コミュニケーションのレベルもそうあるべき。
他人が求めているコミュニケーションを与えて
その枠組みの中で自己アピールがあるべきであって…
そういうコミュニケーションスキルはおしなべて
女性の方が長けている。

184 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/11(木) 05:17:13 ID:krIrjJ0I
ただ、女性の世界観というのはおしなべて
狭いし浅い。
コミュニケーションスキルばかり磨いて
そこで行き着いているから、行き着いている同士なら
後は若ければ良いということになる。

185 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/11(木) 06:50:27 ID:krIrjJ0I
今回の高野連のめちゃイケに対する抗議の件……。
深読みすると、また日本社会を学歴社会に戻して
そこからこぼれてるけど優秀な層を野球などスポーツで取り込んでいこうという
展開を睨んでの牽制行為であるとも考えられる。

高度経済成長〜バブル期くらいまで日本という国が好調だったから
そのときの社会の仕組みに戻しましょう。みたいな。

当時と今とじゃ全然社会情勢が違うし、また外圧がくれば
景気も秩序も崩壊していくことになる訳でバブル崩壊以降の轍をまた踏むことになる可能性が高い。
完全に間違ってる方向性へ舵をきろうとしている訳だけど
その程度までの発想しか出来ないんだよね。。

もっと踏み込んでいうと、本当にあるべき社会制度になったら
今の権力者達みたいな人間というのは、人間的な評価として低いものに収まってくるんだよね。
例え正しいとしても、自分達を貶めていくようなシステムは導入できない。と。
その辺の心理が働いて、高度経済成長〜バブル期への回帰意識が芽吹いている。

186 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/12(金) 02:50:11 ID:xYsu5a4i
バイト見つかったカナー?

187 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/12(金) 05:06:51 ID:yaGAxgTF
>>186
みつかんないぉ><

188 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/12(金) 05:12:55 ID:???
エロコッコでも見てがんばろぅ

189 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/12(金) 05:13:32 ID:yaGAxgTF
世論がナショナリスティックになるとか
好戦的になるとかいうのは、日常の生活が満たされているか否かによるところが大きいんだよね。

つまりは、二極化社会の負け組というのは愛国心を頼りに好戦的になってくる訳で
ある種の世論のコントロールとして二極化社会は機能をしている。

80年代〜から日本の外交が余りにも低姿勢で虚弱なものだったのは
世論がそれを望んでいたからで、強めの政治的アクションを起こすためには
世論の支持というのが必要になってくる。

反戦・平和・裕福な安定した生活志向のサヨクがネット世代に殊更に嫌われてがちなのは
上述したような背景から世論のコントロールに乗っかっていかされた側の意向が働いていたりする。

190 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/12(金) 05:17:20 ID:yaGAxgTF
>>188
ナニソレー

191 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/12(金) 05:20:45 ID:yaGAxgTF
アメリカには世界戦略があるのであって
世界戦略に乗っていくような世論をつくる為に
二極化社会、貧困層の形成というのを行っている訳。

国も企業と同じで緩やかな拡大傾向を維持していくのが理想なんだけど
それができてないから出来るように工夫がなされている。と。

192 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/12(金) 05:28:17 ID:yaGAxgTF
しかし、人を喰って良い生活が成り立っている人ほど
他人に肉を食うなって強要したがるよね。。

193 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/12(金) 05:32:52 ID:yaGAxgTF
http://www.gigahearts.com/cocco/rank/index.cgi?id=10031

これかぁエロコッコって。。。
これじゃあ頑張れないっていうか
女のために仕事頑張るとかいうの成立しないでしょ? みたいな。
仕事はじめるキッカケとしてはアリだけど
実際仕事し始めれば職場での人間関係でモチベーションつくっていくのが
多数派である気がする。

一日に8時間も10時間も離れている人とお付き合いとか維持できないっていうのが
普通だと思うんだよね。

194 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/12(金) 05:44:06 ID:???
セックス!セックス!

195 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/12(金) 05:47:20 ID:yaGAxgTF
うどんを食べた後ラーメンを食べた

196 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/12(金) 10:35:21 ID:yaGAxgTF
>>194
んまぁ!

197 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 09:20:35 ID:wqJuS6rn
お金持ちになってゲームがしたいです。。。
コンシューマゲーム歴がPSで止まってる。。。。

198 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 12:18:30 ID:wqJuS6rn
今の時代、誰でも万人に対して情報発信ができるような状況になってきているので
正しいことを知りたいんだよね。

かつては、情報発信できるのが一部の人達だけだったので
胡乱だったり、まちがえていたり、不出来だったりすることが
ある種の大衆の代弁行為として成り立っていたんだけど
皆が情報発信してそれを共有できるような環境において
個々人が不出来だと皆に迷惑をかけることになってしまう。

『立場は人をつくる』という慣用句があるけれど
個人が万人に影響を与えることが容易になってきたために
その立場に見合うだけの内実を身につけていこうという
切実さが出てきているのだと思われる。

199 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 12:22:28 ID:wqJuS6rn
また、膨大な質量の情報に翻弄されて
上手く生理整頓したいという欲求も高まっているのだと思う。

与えられた情報に飼い慣らされて、人として大事な何かを
沢山見失ったまま生きているのではないか?
という危機感。
本質の部分がハッキリと見えて掴めてくれば
また、世の中の仕組みがそれに倣ったものに修正されていけば
遊びの部分を認めるという感覚がまた舞い戻ってくるのだとも思われる。

200 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 12:25:33 ID:wqJuS6rn
まぁ遊びの速度が速過ぎて高度過ぎてついてけないってゅ〜
のもあるんだけど。。

201 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 12:34:22 ID:wqJuS6rn
戦国時代が終わってから、日本は250年間ほど平穏な時代を送ることができたけど
その間に動乱の時代を潜り抜けてきた外国に対して
どうしようもないような格差が出来上がってしまったんだよね。

個人でも同じようなことが言えるのであって、平穏にかまけていれば
一線に立てるような能力自体が無くなってくることになる。

202 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 12:41:18 ID:wqJuS6rn
平穏なのも良いけど、だったら世界全部が平穏になるように
裁量を振るっていくべきであって、囲いをつくって閉じていれば
囲いの内と外とで強い衝突が生じるようになる。

そもそも、囲いを必要としたのは、自分より強大な存在を感知したからであって
囲いの存在意義というのは、囲いをつくらせさしめた強大な存在に拮抗し凌駕していくような
目的で運営されるべきものである筈。

203 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 12:48:10 ID:wqJuS6rn
近代国家の囲いというのは、自然環境という強大な存在に打ち勝ち
内なる神との対話と祈りの営みの中で、人間存在の可能性を超越していこうという
意思の力でつくられたものなんだよね。

日本のように、自然環境を神と崇めて棲み分けと共生を図っていた
民族の発想ではない。

近代国家人は近代国家人で棲み分けをして、共生すれば良いと思うよ。

204 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 12:55:53 ID:wqJuS6rn
個人的な意見としては、近代国家人の方がロマンがあって好きなんだよね。
そんなロマンの一部は科学となって、本当に自然を超越する段階にも至った。

夢物語は現実化したけど、それはそれを達成した人達のものであって
その功績や威光に乗っかっていって利用したりするようなものではないと思うよ。
上手く利用する人間が一番偉いという訳じゃないし、実現した人間が一番偉いという訳でもない。
性質や役割が違うだけであって、そこに優劣をつくっているから妙なことになってくる。

205 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/15(月) 13:04:22 ID:???
230 :しゅらけーたい :05/03/15 04:12:09
悩んでいてやっとでた解答は
昔だしたことあるものばかり…

ぅ〜ん……

はぁ……

ぅぁ

206 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 14:52:51 ID:wqJuS6rn
メガマックきてるうはぁあああああっ!!!!!!wwwwww

>>205
なにおはぁああああっ!!!

207 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 16:05:56 ID:wqJuS6rn
ニトロプラスのゲームしてるとスーパーフラットという概念を想起するんだよね……
スーパーフラットというのは、元々は遠近法を無視した平面的な描画方法を指す用語だけど
用語として独り歩きをして『あらゆる要素・価値観を等価と見なし一元的に処理すること』を指しているケースがあり
この場合は後者。

全体小説という言葉が、元々は1つのテーマを掘り下げるために多角的な作品を描いていく手法だったものが
『何もかも全部を描こうとする』のが全体小説だと意味が履き違えられているのと
同じような話。

諺の『犬も歩けば棒に当たる』なんかも、元々は道端をふらついているとロクな目に遭わないという意味だったのが
外を出歩いていれば良いこともあるというような意味に取り違えられていったのと同じ話。

208 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 16:16:31 ID:wqJuS6rn
後発の定義の方が、オリジナルより優れている場合というのがあって
ニトロのゲームも後発なんだけど、参考にしているオリジナルの作品群より
内実において優れた作品を仕上げていたりする。

ただそれが誰の為のものになっているか、というと
何か急にキナ臭さを帯びてきたりもして、思想概念とか小説技法とか諺とかと同じく
どうも人間同士で線引きをして、一部特権階級と大衆とを選り分けたいというような
意識を感じたりもする。

209 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 16:24:04 ID:wqJuS6rn
特権階級を担っている人と、そこに憧れる人と
かなり質が違うわけで、憧れる人というのは
本当は大衆と向き合って付き合っていく必要がある筈。
仲良くしようと努めて、それでも自然に壁が出来てしまい互いのためにならないので
双方の合意がある形式で棲み分けが生じてくる訳で…。
大衆苦手だから立派になりたいというのは、どうも。
向かい合って同じ輪に入っていくというのが本当にやるべきことである筈。

それが『出来ない精神的偏り』を昇華していくために
創作をすべきであって、精神的に偏ったまま創作活動で認めてもらって
社会の上の方の人達にお墨付きを貰って何とかなろうというのは
良くないんじゃないかと思ったりする。

創作するのが自身の欲求の昇華とか、成長とか、皆と融和していくとか
その辺と結びついていないと、幾ら作品として優れていても
なかなか認めてもらえないのではないだろうか、と。

210 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 16:33:18 ID:wqJuS6rn
創作というのは、偽物であり、フィクションであり
つまりは、何かの代償行為なんだよね。
多くの人がやりたくても出来ないことを叶えて見せてあげるのが
終着駅である筈。

そこに本当に魂がこもれば、定義を超えた存在として成立もするけど
そっちを狙って周囲の関心を喚起させるようなものでも無い気がする。

211 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 16:40:04 ID:wqJuS6rn
自分がやりたいけど出来ないことをシコシコ描くのは
恥ずかしいというのもあるかも知れないんだけど
気分的に昇華できないと、本当は先には進めない筈。

また消費者というも消費活動を通じて表明しているものがあるのであって
その辺の兼ね合い。

212 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 16:48:11 ID:wqJuS6rn
創作家が偉い、クリエイター神話があるんじゃなくて
日本国内において、一時代において優れた層が
創作畑に流れていくような状況があっただけのことで
今はもう違う筈。

これからは優れた層が中枢を担っていってくれないと皆が困る。

213 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 16:58:09 ID:wqJuS6rn
これからの世の中を担っていく資質がある層を
物語の主役にするんじゃなくて、実社会の主役に据えるべき。

物語を、物語でない、物語以上の存在へと押し上げることが出来るのは
本来なら実社会の主役に成り得たような人物であり
そのような人物が創作する身へと押し込められたことによって成立する。

わざわざ不遇な人物をつくっていくようなことをする必要は
無いという気がする。

214 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 17:13:11 ID:wqJuS6rn
業界とか企業とかが世界をつくっていってくれると困る。
世界をつくりたいなら、初めからその立場で頑張るべきであって
邪道から成り上がって王道を食い潰していくようなのは困る。

将来的にはそういう環境の達成を目指すべきであって
各業界や企業の影響力・支配力を広げていくようなことに意識があると
結果的には失敗をする。

失敗をしたとき、弱い立場が責任を負ったり
全体に混乱を招くことになる。

215 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/15(月) 17:23:33 ID:wqJuS6rn
一番人間として優れている人に上に立ってもらうべきであって
それが出来ていないと全体に悪影響を与えることになる。

アメリカに追従するしかなかった時代には
追従をしたり、大衆の不満の代弁をする人を立てていれば良かったけど
これからは違う筈。

追従する枠組みだから台頭できた人達が居て
その人達が保身をしていると、ずっと台頭すべき若い人が台頭できない状況が
続いていくことになる。

216 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/16(火) 10:29:13 ID:y1X/46L7
くまくまっくまくま

217 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/16(火) 13:45:32 ID:y1X/46L7
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20070116k0000m040145000c.html

これ難しいんだよね。
例えば、不二家が消費期限切れの牛乳を使用したことを
マスコミ通じて公にされたことで名誉毀損、風評被害を受けたと主張できたりもするんだよね。
以前、テレ朝がダイオキシン濃度の報道して風評被害だとしたケースもあったりしたけど
公共益と個人や一部集団との利益が相反していたときに
どういう判断を下すのが良いのかなかなかわかりづらかったりする。

218 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/16(火) 13:48:11 ID:y1X/46L7
匿名掲示板で非難を受けたとして、そこで受け答えするのもアリだと思うんだよね。
何で反論せずに削除依頼や法的手段に訴えようとするのか、いまいち釈然としないものがあると言えば、ある。

219 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/16(火) 13:55:05 ID:y1X/46L7
2chの場合、掲示板のユーザの判断でルールをつくっていく…
即ちは、世論に任せている訳だけど
結局は世論というのは、上の立場で目立ってる人間のやり方に倣ったものになっている訳で。
上の立場の人間が体面上、誤魔化したり押し隠したりしている挙動を
匿名掲示板の場で模倣して発散しているだけという人が多い。

権力や立場で誤魔化しているか、匿名掲示板というシステムを隠れ蓑にして誤魔化しているかの違いであって
本質的な話としては、単に目上の真似をしているだけだったり。

220 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/16(火) 14:02:10 ID:y1X/46L7
言葉になってないもの、明確にされていないものを
推し量れる人と、推し量れない人とが居て
推し量れない人というのは、目上から受けた不平不満というのを
目上の人間と同じようなやり方で発散するようになる。

暗黙の了解が困難だったり、空気読めない人というのは
沢山居る訳で、多くの人が感じているけど表に出ていないことというのを
言語化したりして表に出していって共有をしていく必要性があったりする。と思う。

221 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/16(火) 14:09:09 ID:y1X/46L7
人気や実力、他人との格差の源泉になっている秘密のレシピを
オープンにするのはどうなんだろうというのもあったりするんだけど
ある程度はオープンにしていかないと、全体にとってよくないことになってくるんだよね。

222 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/16(火) 14:14:16 ID:y1X/46L7
まぁ情報が流通しているとしても受け取り手側に問題があったりもするんだよね。
大概において、問題があると自覚していて努力しているのに脱却できない人というのは
身近な人間関係に囚われ過ぎているからだったりする。

223 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/16(火) 14:38:22 ID:y1X/46L7
。。。。。。。。。。
なんか体調がわるい。。。

224 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/16(火) 14:50:45 ID:y1X/46L7
最近、格差社会は悪いので是正する必要があるという話をよく聞くけど
違うでしょうに。

格差社会の下の方の人達の生活水準を引き上げていったり
活力が湧き出てくるように裁量を振う必要はあると思うけど
格差自体を無くしていくというのは全然違う。
アメリカからの圧力あれど人の向上心を引き出すために格差社会へ移行したのであって
平等な社会というのは、実際には官僚を頂点とした社会であり
身分階級が確定された出る杭が打たれる息苦しい社会だったりする。

225 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/16(火) 15:00:16 ID:y1X/46L7
中庸なのが偉いというのがあって
上の目線から中庸を強制しているというのがあるんだよね。

平凡が一番、という。
一番が一番に決まってる。

平凡に重心があって、上とか下とかが動いて
重心がズレていくから歩いていけるのであって
内部格差をつくっていかないと自立歩行ができなくなる。

先進国の後追いしている段階じゃないんだから
自立歩行できるように構造改革していかないと。

大体、今まで構造改革A言ってたのは何だったんだろ、ってゅ〜。

226 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/16(火) 15:06:07 ID:y1X/46L7
先行きがわからない。ビジョンもない。
とりあえず不平不満を解消しとこう。。
っていう発想なら、もう国として自立するの辞めれば良いと
思うんだよね。
英語と中国語の二ヶ国語を公用語にして
後は、アメリカと中国の動きに合わせて社会の仕組みづくりします。
で、いいじゃん、みたいな。

227 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/16(火) 15:14:26 ID:y1X/46L7
新しいものを常に産みだしていける社会構造にしていかないと
将来が無い。
哲学とか思想の部分で異文化を凌駕するだけのものがないなら
優れたものに従うのがスジ。
自立していないのに自立しているかのような体裁づくりをする
意味合いがよくわからない。

228 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/16(火) 15:16:39 ID:???
体調が悪いのに無理して2ちゃんするなよ

229 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/16(火) 15:22:37 ID:y1X/46L7
>>228
そだねぃ。。

230 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/16(火) 16:01:27 ID:21yN8Tnv
むしろ体調が悪いから外に出ず2chやろう

231 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/16(火) 16:31:17 ID:???
なんでしょこたんネコ食ってるのん?

232 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/17(水) 14:19:12 ID:???
最近読んで面白かった本とかご紹介っくだされ

233 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/18(木) 04:56:11 ID:???
http://www.youtube.com/watch?v=_0NFjJfYl2I
ニャァ

234 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/18(木) 10:45:41 ID:MSIQqmQL
>>230
絶好調。
ひきこもりクライマックス。
アイデンティティはクライシス。

>>231
彼氏とかいないですからアピールとしてねkが利用されている説。

>>232
本じゃないけど日本銀行券に触れているときが一番面白いかな(世論)

>>233
コリャア・タ・イクツダ(ロシア 1991-1993)

235 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/18(木) 12:33:28 ID:MSIQqmQL
キビキビするのが好きな人というのは具体的には、火星座の人達のこと。

牡羊座は弱い人達を守る為に活動的だし
射手座は悪い気持ちを失くす為に外部に対して活動的。
獅子座は、活動主体的である人格をちゃんと皆が評価しているかどうか
チェックをし、活動的でない人間が活動的になるように誘導する。

236 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/18(木) 12:37:13 ID:MSIQqmQL
牡羊座が母性。
射手座を父性と見立てた時に
獅子座はその子供なんだよね。

忙しく活動しているパパやママを世の中の皆がちゃんと認めるべきだ、と。
それに、皆が忙しく頑張るようにすれば、パパやママの苦労が減る、と。

237 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/18(木) 12:39:39 ID:MSIQqmQL
父性、母性、子供。

それぞれの区分というのは社会構造からもたらされたものであって
区分の源泉の部分である個々人の気質の違いというのを
今後からはよく考慮していく必要性がある。

238 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/18(木) 12:46:23 ID:???
蠍座、魚座、あたりはどなん?

239 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/18(木) 13:12:12 ID:???
へんじがない・・ただのしかばねのようだ

240 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/19(金) 12:19:09 ID:5nPsTNc9
>>238
さそり座が父性で
かに座が母性で
うお座が子供(子性)

さそり座は他人の気持ちを打ち破り(悪い気持ちを叱責する父性)
かに座は他人の気持ちを受け入れて(相手に共感する母性)
うお座は他人の気持ちに流される(従順に従う子性)

241 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/19(金) 12:20:41 ID:5nPsTNc9
>>239
しゅらはちからの種をつかった

ちからの最大値が1ポイントあがった

→リセット

242 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/19(金) 13:04:04 ID:5nPsTNc9
高学歴の人達っていうのは自身が大学生くらいの時代の思想家の言論に
かなり大きな影響を受けてるんだよね。
官僚になったり、起業したり、会社組織を牽引していったりと
社会の中枢を担っていく人達というのは思想家の影響というのをかなり受けている。

小林秀雄であったり、柄谷行人、吉本隆明、浅田彰、宮台真司、東浩紀。
などなど。

こういう風な立場の人達がああだこうだ発言したことによって
現実が大きく動いていくというのがあったりする。

243 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/19(金) 13:07:36 ID:5nPsTNc9
近年だと『欧米型の二極化社会導入すべし』の言論から
人材派遣業界が急激に成長したりして
今度は『どうも貧富の格差はよくない』という言論から
ポシャっていくような危機に晒されたりしている。

244 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/19(金) 13:30:10 ID:5nPsTNc9
社会とか国とか世界とかいう規模で物事を判断していこうとしたとき
まだその器量の人間というのが存在していないんだよね。
個人の力というのをもっと高めていって世界に拮抗していかないと
土台無理なんだ、というのがある。

専門分業化を推進していくことで人間圏は広がったけど
それをゼネラルに統括するに足るような個人というのが
成立していない。

245 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/19(金) 13:48:19 ID:5nPsTNc9
要はまだ個人としての力が全然足りてないんだよね。
相対比較として一番秀でているとしても、まだまだ力不足。

だから、少しずつでも個人の力が上がっていくように頑張っていくしかない。


246 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/19(金) 13:56:27 ID:5nPsTNc9
ただだからといって、全体に対しておかしな裁量を振るっている人間がいたら
叩いていく必要がある。
ただ現状では微妙な裁量しか振えはしないんだよね。

西洋圏が超人である神をイメージし、内在する神との対話の中で
自己を磨いてきたように、日本人は日本人で空想上の理想のキャラクターを内在させ
そのお付き合いの中で自己を磨いていくというのが宜しいかと思う。

存在しない理想を夢想し、その共有を図っていくと共に
理想像と自己との接点の中で自身の研鑽を行っていくというのが
現状においては正しい判断だと思われる。

247 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/19(金) 14:17:45 ID:5nPsTNc9
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20070119-00000011-spnavi_ot-base.html

ファッションには、ファッションの文脈というのがあるんだよね。
穴あきジーンズをはくというファッションの意味合いというのは
『ボロボロになるまで頑張ってる労働者をリスペクトする』
というところにある。

フォーマルな服装をするというのは
『多くの人から立派であって欲しいという要請を受けて適えているもの』
であって、舐められない立派であると装う為にフォーマルな服装をするというのは
傾倒しているんだよね。
何故にフォーマルな服装というのがフォーマルなものとして認められているに至ったのか
その歴史性を推し量れていないと、『フォーマルな服装するのがご立派』という傾倒した認識を持つようになってしまう。

戦後の学歴社会の中で台頭してきた人というのは、受験脳で物事を捉えて
そこから世の中を把握しようとしがちだったりする。
小、中、高校で学んできた知識を歴史的文脈から捉え、その更新を図っていく能力が求められるのは
大学院修士や博士課程以上からになっているので、学部卒だとその辺の能力が全く身についていない人というのが
圧倒的に多かったりする。

248 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/19(金) 14:23:13 ID:5nPsTNc9
ダメージドファッションをして『頑張って疲れている人達』に敬意を払うのと
フォーマルなファッションをして『低く見られないように立派に見せかけようとする』ことと
どちらの方が今の時代において人間的に優れているのか、すぐ判断ができる筈。

ファッションはファッションで意味合いがあるのであって
取り分け若い人達にとってのファッションの意味合いの本意というのは
『まだ若年だから目上の人達に立場を譲ってあげているけど、志は高いんだ』
という周囲の人達に対してのアピールにある。

249 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/19(金) 14:26:32 ID:5nPsTNc9
まぁそういう意思からオシャレするのがファッションリーダーとか
ファッションブームの仕掛け人だったりする訳だけど。

大概の人達は模倣しているだけであり、集団的に模倣することで
周囲と繋がっていることを確認し、組織集団力に貢献しているとも言える。

250 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/19(金) 14:26:59 ID:???
昨日NHKでやってた浦沢直樹の番組見た?
もう47歳なんだってねぇ

251 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/19(金) 14:31:45 ID:5nPsTNc9
トップの立場というのは160キロ投げられたら
次は170キロを目指し、また皆が160キロ投げられるように
裁量を振るっていくものであって『145キロでいいや』というものではないんだよね。

トップの立場であっても尚且つ更に上を目指していくし
皆の平均値も上がっていくように努めているから
皆が認めて注目をしてくれるのであって、諦めや劣等感や妥協と関わる必要の無い人間が
敢えてそこに関わりつつも自身の存在の可能性を伸ばしていくところに輝きがある。

子供の見る夢とはそういうものである筈。

252 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/19(金) 14:40:31 ID:5nPsTNc9
ただ実社会がそういう風になっていけば、興行として必要の無いものになってくるんだよね。
伝統芸能化していくというか。

>>250
観てないぉ。
漫画家やってる人間が優れている(クリエイター神話が機能していた)と言えるのは
ギリギリ木城ゆきと位の世代までかなぁ。伊達政宗みたいなもので。
浦沢直樹は戦国末期の大大名という感じ。石高やネームバリューは高いけど
それはチョイ昔の世代の作家達によく倣っているからだ、みたいな。わかりづらい例えかな。。

253 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/19(金) 14:47:10 ID:???
手塚漫画の影響大きすぎみたいな?

254 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/19(金) 14:50:33 ID:5nPsTNc9
ドラえもんの作者が子供達に向かって話をしていたシーンは
ちょっと観たことあるよ。

既にもうだいぶ年寄りだったというのもあるかも知れないけど
ちゃんと最後に子供達に対して本当のことを言ってるんだよね。
作品の人気の根幹になっているブラックボックスの部分を
自分の口から伝えている。

言いたくないけど、言わなきゃいけない、言うのが本当は正しいんだ。と。
そういう葛藤と、出てきた結論とを観た。

255 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/19(金) 14:59:17 ID:5nPsTNc9
>>253
漫画業界とか漫画家に与えた影響は大きかったと思うよ。
世の中色んな業界があるし、沢山の人が存在するので
どうも自分から近しくはない人間についてイージーにまとめて理解したいという
欲求があるけど、そういう欲求を本当に通そうとしたときには、細密に理解をした上でじゃないと
無理だったりする。

どうこう簡単にわかりやすくまとめたものを提供しても、それは
『簡単に理解したい』という欲求を満たすだけのものであって
欲求が生じている根幹の部分の動機というのは解決されない。

求める側は求める側で何か別の事柄に切実で
そこに特化して対処したいという思いがあったりするので
大義の前の小事足るノイズについては、誰か別の人に払って欲しいという
思いもあったりする。

256 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/19(金) 15:08:38 ID:R/7vO3mj
どんなバイトカナー?

257 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/19(金) 15:41:18 ID:???
俺も昔切れるとPCのディスプレイを全力パンチする癖があって一台壊したことあるよwwwww

258 :しゅらけーたい:2007/01/19(金) 20:42:59 ID:ZkliKyMG
あれだ、僕けっこう取り返しのつかないレベルの被害を出してるのかもしんない…
子供の自傷行為ブームの非難をしたことで、昔の子育てに回帰していじめとか家族殺害とか起こってるのかなぁ、と。

自傷行為の禁止→いじめ発生→いじめの禁止→家族殺害……みたいな。。

259 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/20(土) 00:24:52 ID:???
そいつぁいけない
責任とって漫画を描かないといけないなぁ・・

260 :しゅらけーたい:2007/01/20(土) 01:51:51 ID:wgMX7SgE
道まゆった(;_;)

261 :たかし:2007/01/20(土) 02:18:34 ID:???
奴らプロレスファンってのは、その本質はセンスも個性もないただのミーハーなんだけど、
その癖、そういった「没個性な自分が許せない」ってな心的矛盾や劣等感を抱えた
可哀想な生物だから、
珍劇8割のK-1よりも、どちらかといえばそれより本格志向な香りのするPRIDEに流れがちなんだろう。

K-1が何故珍劇かってのは、ボクシング亀田の試合のプロモートと同種で、
試合内容や勝敗結果も含めて、楽してシナリオを組もうとするから。
いわばプロレスだな。

262 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 02:33:41 ID:ykmvwP1J
ただいま。

>>256
ニートの社会復帰支援みたいな。

>>257
ある種ただしい怒りなんだよね。
逆ギレと同じで、周囲のための過失をしているのに
責められたのでキレた、みたいな系の怒り。

>>259
う〜ん、いや、ほんとにねぇ。。

>>261
プロレスファンの人は、強い女の人と付き合えば良いよ。
彼女に強さを求めるのがいい。

263 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 02:43:36 ID:ykmvwP1J
巨乳の人はヤリまくりしてオッケー。

264 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 02:51:38 ID:ykmvwP1J
巨乳というのは、つまりは上っ面だけのものじゃなくて
本当に他人を受け入れられる許容の大きい人に宿るものなので
受け入れる力が本当にある人はいろんな異性と繋がってて問題ない。

265 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/20(土) 02:54:03 ID:???
えろ動画でも割と巨乳の人って受身の場合多いよね

266 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 04:28:31 ID:ykmvwP1J
>>265
巨乳というのは人間的に貯蓄があるということなので
金持ちの男が迫られるのと同じような構図だよね。
個人的な人間資源の貯蓄を社会的ステータスとかお金に代えてしまった人というのは
まだそれを行っていない『かつてあったもう取り戻せない自分像』を有している人を求めていくことで
喪失した自己像を補完しようとしている、と。

267 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 04:38:06 ID:ykmvwP1J
こう、ずっと起きっ放しで頑張るっていうのは
わかりやすい、俗情と結託した努力のあり方なんだよね。

人は寝ているときに共同的無意識と繋がっている訳で
現実に接点の無い大勢の人達と接する機会が寝ているときにある訳で
実は寝ることというのは休んで疲れを取ることを意味するのではなくて
非常に重要なコミュニケーションだったりする。
寝て疲れが取れてリフレッシュできるというのは、それだけ多くの人達に
応援されるような生き方をしているということ。

寝る時間もある程度バラバラにして、より多くの層の人達と接する機会を増やしていくべきで
そこから汲み取ったものを自分の中に取り入れて、あるべきバランス感覚というのを模索していくべき。

268 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 04:43:05 ID:ykmvwP1J
手の内というのは明るみに出た瞬間から、その価値が急激に下落し
チープなものになるんだよね。
『誰にも理解され難い、されど皆の為になっていること』を頑張るから
実力というのが自分の分相応以上に上がっていくことになる。

手の内が出て他者の理解が得られたと同時に
急激に価値が下落していく。

269 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/20(土) 04:46:56 ID:???
ノストラダムスもそういってたってゅ〜

270 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/20(土) 04:49:16 ID:szUZf/Dh
おきてる間にみんなが人との関わりの中でリフレッシュできるようになれば
睡眠も必要なくなるんだよネ

271 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 12:58:42 ID:ykmvwP1J
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/news/20070120spn00m200009000c.html

服とか着ないで、みんな正直に自分を出して接すれば良い。
という価値観が一定数の人達にはあって、そういう層にOZUMAは支持をされているので
紅白の場でああいうパフォーマンスをするのは支持して自分を押し上げてくれた
ファンの意向に応える仁義なんだよね。
反体制的な発想の人達の支持を受けて上がっていって、ポジションが上がれば
ファンは切り捨てて体制に擦り寄るみたいなことをする訳にはいかないというのがOZUMAサイドの判断としてある訳で。

272 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 12:59:14 ID:ykmvwP1J
近代社会というのは、権力が大衆を抑圧するものにならないように分権をして
更にそれをマスメディアがチェックするという形式になっているのに
官僚も司法も内閣も軍隊も警察も財界も学会も段々利益共同体として繋がってきている現状がある。
近代社会の導入維持に必要なモラルというのが実質破壊されてしまってきている。

ポストモダンの概念も普及してきたので、いちいち近代のモラルを保守するのはバカバカしいというのがあるんだろうけど
民間は民間で資本主義に必要なモラルは守ってる訳で、消費期限切れの牛乳を使えば会社は潰されるし
消費者に対してサービスをする気の無い社員が居れば会社をクビになる。
そういうモラルを保守しないと、食べ物には何が混ざってるかわからない
車に乗れば故障していて事故が起こるかも知れない、パソコンからは何か訳のわからない有害な波長が出ているかも知れない、と。
社会を維持している信頼関係が崩壊し、秩序が崩壊していくことになる。

概念として古いものでもモラルはモラルとして厳守してくれないと困る。
社会の仕組みを変えていくならオープンな場で討論して煮詰めていくべき。
何で囲いをつくって密室で勝手に決定事項をつくっていくのか
数年前までインフォームドコンセントとかアカウンタビリティとか
密室政治、談合の批判などしていたのは一体何だったのか?
外圧を仕掛けてくる側の理念を解していないで、単に力関係から
従っているから外圧が弱まれば何もかもタガが緩んでいく。
自立的に価値基準を施行できないなら主権を放棄すればいいのだし
一部人間の殿様ごっこや貴族ごっこに何で一々お付き合いして
振り回されなきゃならないのか? 愚にも付かないようなことを
権威付けて世論の支持があるかのように見せかけ、弱者の代弁をしているかの如く演出するのはやめろっ!!!

273 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 13:07:27 ID:ykmvwP1J
殿様ごっこや貴族ごっこやりたいのらやってくれれば良いけど
全体を統括したり誘導したりする立場の人間の程度がそれだと困る。
OZUMAでも、今の年配の権力者でも人間的なレベルとしては
変わらないのであって、既に若い人達の中では
寛容されている問題というのを、年配者がいちいちほじくり出して
歴史の歯車を撒き戻した我が世の春を続けていくようなことをされると
皆の迷惑にしかならない。

274 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 13:11:36 ID:ykmvwP1J
>>269
ノストラダマス(ガモウひろし)

↑↑非常にケシカランッ!!(MMRキバヤシ)

275 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 13:20:55 ID:ykmvwP1J
>>270
起きてて活動して繋がれる人間の数ってかなり
限定されるんだよね。
少し昔、友達100人1000人居ると言って
携帯のメモリーを埋め立てている人達が居たけど
生きている人間の実数というのは50億人以上居る訳で。

寝ないで生活するスタイルというのは
利害関係が間接的な人達というのを蔑ろにしていく側面がある。
そういう人達が増えると、所属や立場の違いによって
深刻な対立が生じるようになり、国と国との関係でそれが生じれば
戦争が発生することになる。
組織集団同士が命を賭けて争うような状態になったときに
トップの程度が低いと皆が犬死していくことになる。

276 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 13:34:16 ID:ykmvwP1J
現状というのは、民間の人達に全体の意思決定を本当に担ってもらうか
それだと駄目なのか、ちょうど分水嶺くらいの段階なんだよね。

民主主義制度に乗っかって権力のある立場としては、本当は
民間の人達に意思決定を任せて大丈夫な状態というのを目指していくのがスジな筈。

それを何か騙し騙ししながら妨害しているという感が否めない。
端的に言って保身に走っている。

277 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 13:43:39 ID:ykmvwP1J
ただ、今僕がここで書いていることというのは
今の若い世代の人達の世論なんだよね。
世代でいうと自己表世代のひとつ下の世代で
ちょうど社会に出たての頃の世代の世論だったりする。
僕らの世代は僕らの世代でまた全く別の世論というのがあったり。。

感性として正しいものを持っているのに
それを新人だからということで
よってたかって上の世代が潰していっている様な状態があって
社会的立場を利用して悪事がまかり通っているような社会状況というのは
かなり不健全が過ぎるという感がある。

278 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 14:01:24 ID:ykmvwP1J
僕らの世代はちょっとブラックボックスをつくり過ぎているんだよね。。
それは真を通していくためのものだから仕方のないことなんだけど
下の世代の立つ瀬を奪っている側面がある。

全共闘世代と同じで、全共闘世代が下の世代の立つ瀬を奪っていたので
三無主義世代やバブル世代の発生があった訳で
自己表世代を発生させた責任というのが僕らの世代にはあったりする。

自己表世代の1つ下の世代が尻拭い役をやるハメになっている訳で
そのせいで窮地に立たされているのに無関心という訳にはいかない筈。
まぁでもフォロー出すと今までの頑張りというのが台無しになってしまうというのが
僕にはよくわかるんで、代わりにフォローだしている、と。

……全部書いちゃった(*>Å<*)⌒☆

279 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 14:05:11 ID:ykmvwP1J
今の子供世代は世代論に囚われないようになるだろうし
もう世代論も近い将来は不要の産物になってくる。みたいな。

280 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 14:09:50 ID:ykmvwP1J
まぁ世論としては保守なんで、保守的な価値観というのを
子供に要求していくのだろうとは思う。

革新は物語として提供されるのだし、保守的価値観と革新的価値観の
葛藤によって自己を磨いていくというのが落としどころカナァ、とか。

ただまぁそれだと安易過ぎる感も否めない。

281 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 14:28:32 ID:ykmvwP1J
ロックなのか、サザンのように歌謡曲ロックなのか。
大事なのは情報の発信者がどちらかであるということより
個々人がロックに生きるようになれることである筈。
主体的意思決定として保守ならそれを尊重すべきだし
ロックになることを強要してもしょうがない。
ただ理想はロックであることというのは確かなこと。

ロックに生きるというのは強さだし
強く生きられない人達に配慮するのが優しさ。
どちらも必要なのだし、それら必要な要素というのは
他者との関係性の中から(他人と自分の比較において)発生するものではなく
内在的に発生しているべきものでないと駄目だ。

それを可能にする為に西洋人の心の中には神が内在し
定期的、日常的に内なる神との対話の中で理想的人格をつくる努力をしているのだし
日本人は日本人で聖なる偶像を共有化し、その偶像との関係性をつくっていく必要がある。

近しい歴史からの日本人の正当さ、聖さというのは
敗戦とその処理のあり方の中で潰えたものであり
清く正しく気持ちよく生きていくための工夫というのが
必要とされている。

282 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 14:46:24 ID:ykmvwP1J
今の時代の年配の人達が口にしている日本人的な立派さというのは
実際には、文明開化の時代に育った憂国を払う大義を背負った
子供達が育成された結果として確立されたものであって
日中、日露戦争の勝利によって『それに憧れ威を借る弱い人達』が
権力を禅譲されていったことによって、太平洋戦争では
非常に陰惨、悲惨な現実というのが形成されていくことになった。

今の時代の権力者というのも昭和の時代の戦前の権力者の性質に近い訳で
そういう状態を許容し続けていれば、そのしわ寄せが未来の世代に寄っていって
惨劇の歴史を繰り返すことになる。

もう少し歴史を振り返れば、江戸時代末期から明治・大正時代に動乱期や暗黒期を形成していったのは
戦国時代に徳川家康に天下を取らせたからだったり。

皆が経済主義社会を担う立場になるようになってからは
波の少ない緩やかな成長を望むようになっているように
天下国家を担う人というのも、本当は緩やかな成長をしていくことを望んでいる。
参加できない人達の嫉妬ややっかみが、動乱を形成しているのであって
参加できるように仕組みを変えていくべきである筈。
働いて実際に会社を維持運営していくのがしんどいのと同じで
国家運営に実際に参加していくのもしんどいことだったりする。
ただ、それをやろうとせずに立場のある人達に嫉妬ややっかみだけして
振り回しておいて、一切責任ないですよというのは、かなり宜しくないことだと思われる。

283 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 15:20:03 ID:ykmvwP1J
人には沢山の欲求があって
欲求を満たすことによって初めて次の欲求に対して切実になってくる。

俗な欲求を我慢して、高尚だとされる欲求を持っているかのように
演出する人間を社会的に立派だとして、統治や統括を任せていると
俗な欲求を発散している人達を抑圧するような姿勢を打ち出してくる。

本当はそうじゃない筈で、なるべく多くの人達が
切実である欲求を満たせるように世の中の仕組みをつくっていくべきで
我慢を強要するというのは、進歩や発展を阻害する行為に他ならない。

世の中が保守的になって、保守的な空気が社会を支配するようになり
その土壌から立場を獲得した人間というのは、進歩や発展それ自体を禁止するような
挙動をすることがある。

政府閣僚にせよ、学会、財界にせよ、そういう類の人材の台頭が顕著であって
若くて居場所の無い人達というのが、権力を得ることで自分の心地よい居場所を獲得したいという
発想に染まっていっている面がある。
個々人の心地よい居場所というのを無償で提供していくような
仕組みが必要なのであって、そういう仕組みがあっても
男女(それに子供)の社会的性差(役割分担)が機能している限りには
仕組みは有効に機能しない。

284 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 15:33:01 ID:ykmvwP1J
まぁでもこういう風に口先だけで
色々物事動かすようなことは双子座の人がやってれば良い話。
苦労や苦節を体験してなくても、やりたい人がやってくれれば良い。

魚座は夢を描けばいいのだし、山羊座は実直にコツコツ地に足つけて頑張ってくれれば良い。
自分らしい自分で生きられるように、誘導していくべき段階であって
それを受け入れられない人達を受け入れられるようにするべく頑張っていくのが
僕らの世代が負っている使命。

285 :*****************************************************************************************************************************************シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/20(土) 23:01:59 ID:ykmvwP1J
ora

286 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/20(土) 23:30:01 ID:???
なにこれ
IEで見るとバグってるゾ

287 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 00:14:04 ID:nJKghhnn
>>286
ほんとだw バグってるww

288 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/21(日) 00:19:22 ID:???
>>286で僕は
メガマック食べた?コストパフォーマンス最高!
っていうレスを書いて、一時データとして反映されたのですが
見事に消されてしまいますたwwwwwww
何がマズかったのかな・・運営側とマックと敵対関係にあるとか??

289 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 00:27:11 ID:nJKghhnn
>>288
いや先日食べようと思ってマック行ったんだけど
余裕で売れきれてたよ。。ピクルス沢山入ってるといいなぁ、、とか。。
昔は好きじゃなかったんだけど、今はピクルス入りじゃないとハンバーガーは駄目っていう感じ。

2chのサーバシステムのイレギュラーだと思うよ。たぶんA.

290 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 01:50:56 ID:nJKghhnn
中国が急激な経済発展を持続させていることによって
軍事大国化の兆しもあるみたいなんだよね。

中国は火星座型の国柄なんで
水星座型のアメリカとは基本的にはあまり噛み合わなかったりする。
日本は風星座型の国なんで中国をいなすのは得意なんだけど
中国をいなす感覚でアメリカに対処していれば激怒を買うことにしかならない。

中国が軍事的にも大国化したときに地理関係から判断しても
日本は中国寄りになってくると推測できる。
台湾、日本、韓国辺りの国々が中国とアメリカと二大国の対立関係の中で
どのような運命を辿っていくのか、多分に今現在において
どのような方向性で日々を勤めていくかによって決まってくると推測ができる。

291 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 02:00:22 ID:nJKghhnn
安全と平和が第一なら現状の時点で国体を放棄して
アメリカか中国の一部になる選択をするのが一番現実が見えている判断だと思われる。

ただそれだとプライドが許さないという人達も多い訳で
だったら二大国に拮抗できるように国力を高めていくしかない。
けれど、それもしんどいのでイヤだ、と。

つまりは未来にしわ寄せを先送りして
子供や子孫に労苦を全部背負ってもらおう、と。
気分良く安楽にご臨終できれば御の字だ。と。
そういうところに世論がある。

292 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 02:04:37 ID:nJKghhnn
仮にアメリカの一部になるか、中国の一部になるか
世論調査をすれば、アメリカに軍配があがると思われる。

水星座はアメリカ好きなのでアメリカ派。
火星座は中国好きなので中国派。
土星座は中国大嫌いなのでアメリカ派。
風星座は現状アメリカの方が強いのでアメリカ派。

……となる。

293 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/21(日) 02:06:28 ID:???
何度同じこと書いてるってゅ〜

大衆がわかるまでってゅ〜

294 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 02:20:14 ID:nJKghhnn
日本の平和主義というのは、風星座的な平和主義なんだよね。
強いものが恫喝してくれば、ハイハイと従って
自分より弱いものを見つけてストレスのはけ口にすることで
『よしこれでバランス取れた☆』というものだったりする。

アメリカの平和主義のように、平和の為になら命を賭けて当然。
その邪魔をする悪はどんな手を使ってでも全力で打ち滅ぼす。
…みたいな感じでは全くなかったりする。

自衛隊のNPO活動など、平和維持に命を賭けている人達を見つけては
『ほら、すごいでしょう立派ですよね! 尊敬しちゃいますよね! みなさん拍手!』
みたいな感じで、価値基準の誘導をすることで平和維持をするのが
風星座のスタイルだったりする。

295 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 02:22:06 ID:nJKghhnn
>>293
自分でもいい加減ウンザリしているけど
人生自体が壊れたテープレコーダー状態なので
寧ろ心地よさすらあるある大辞典。
やらせカキコで壊れたテープレコーダーバカ売れ。

296 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 02:30:15 ID:nJKghhnn
風星座を社会の頂点としたとき
最も相性の悪い水星座の怒りを買うと手がつけられなくなるので
弱者保護に重点が置かれた社会構造になる。

それだと火星座が割くって不満が鬱積するのだけど
水星座怒らせるよりはマシなので、表舞台からは敬して遠ざけるように対処をする。
鬱積した火正座の不満は、会社内や部活動内や学校のクラス内など
閉鎖的空間で発散されるようになる。

297 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 02:47:09 ID:nJKghhnn
土星座は火星座と最も相性が悪いので
閉鎖空間で火星座がイニシアチブを発揮していると
一番ストレスを受けることになる。
…ので閉鎖空間で上の立場を目指すようになる。

こち亀の大原部長は設定上は誕生日不定だけど
この手の土星座なので、部下の両さんが
上司の署長などおちょくってる態度を取ると腹を立てて叱る。

何故かと言えば、傷つきたくないから出世を目指しているのに
出世の延長線上にある目上の人間を棄損していることは
自身の出世に対するモチベーションを崩すことに繋がっているから。

298 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 02:59:56 ID:nJKghhnn
エンタメがエンタメとして広く世の中に受け入れられるためには
視聴者にとって大切な、けれどまだ見えていないことを
ブラックボックスにして描いていく必要があるんだよね。

企業秘密と同じで、ブラックボックスをオープンにすれば
エンタメの価値、魅力というのは無くなっていってしまう。
だから批評の立場からはそこまですべきじゃないんだよね。
仮にブラックボックスの中身が見えていたとしても。

僕にもまたブラックボックスが用意されているのであり
ただそれは、一定期間が過ぎればオープンにしていくべきものだと思っている。


299 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/21(日) 03:05:00 ID:???
mangaを使って自分の成長してゆく過程を通して
ブラボ(ブラックボックスの略)を明らかにしてゆこうよっ
ブラボー

300 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/21(日) 03:06:02 ID:???
きっとみんなついてきてくれるハズだよ
僕も自分の間違いを認めてついてくよっ!

301 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 03:06:55 ID:nJKghhnn
中国は火星座トップの国なんで
土星座みたいにコツコツ真面目に頑張ってる奴はバカだ。という風になるし
水星座は『とことんやってやろうじゃねぇかww どちらかが死ぬまでなっ!』という風になるし
風星座は『強いものに従って、弱いものを圧していくのが正解だよね』という風になる。



302 :達也江川:2007/01/21(日) 03:13:59 ID:zhpyYC2v
「みんなを信じる心」と書いてシュR∀
この持論は譲れない。

303 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 03:14:49 ID:nJKghhnn
>>299
ブランドボーが欲しい。。
鉄獄6Fくらいで。。

>>300
英雄の後には、英雄譚があって
英雄譚を利用する人達の世の中というのは腐敗した世の中になる。
今の日本の状態を観ればとてもよくわかること。

304 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 03:18:31 ID:nJKghhnn
>>302
猛烈に眠ひ。。

305 :達也江川:2007/01/21(日) 03:20:31 ID:zhpyYC2v
眠いときはネロ
リフレッシュするのだパトラッシュ
でも永遠の眠りはいくないのだ

306 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 03:28:34 ID:nJKghhnn
>>305
ネロみたいな聖なる人間は
永眠して逝ってくれというのが日本人の民族性。

ネロみたいな人間は最後は皆の賞賛を浴びて
幸せになってくれというのが西洋人の民族性。

307 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/21(日) 03:29:35 ID:???
あるあるwwwwwww
聖人は死んでこそ価値があるというwwwwwwwwww
嫉妬だよねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

308 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/21(日) 03:32:32 ID:???
あるあるwwwwwww
聖人は死んでこそ価値があるというwwwwwwwwww
嫉妬だよねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

309 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/21(日) 03:33:30 ID:???
理想 たかし

310 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 03:40:01 ID:nJKghhnn
>>307
まぁ子供の目線だとそうなんだけど
大人の目線だと『世界を終わらせないため』というのがあったりする。
踏み込んで論じていくと色々と深い話にもなってくるんだけど
今の日本人のレベルというのが、そういうところから随分遠くにある気もしたり。

>>308
発掘あるある判官びいき。

>>309
理想の戦士ベネヴィクト

311 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/21(日) 03:42:47 ID:???
まんがって聞くとちょっと鬱入る?
ならむんがにしろよっ(大阪人的発想)

312 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/21(日) 03:43:32 ID:???
ムンガール帝国
てぇコク 手コキ

313 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 03:51:40 ID:nJKghhnn
>>311
基本的にピント外れなアドバイスだけど?
オケーオケー(九州人的発想)

>>312
大日本帝国ホテトル
サービス修了後は「お粗末様でした」

314 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 13:37:58 ID:nJKghhnn
あるある打ち切りねぇ。。。
テレビって視聴率主義じゃなかったんだねぇ。。
まぁ視聴率主義を複数の下請けや孫請け会社に押し付けて
仕事の割り振りするかどうかで競争させていただけで
テレビ局に勤めている人達は視聴率主義じゃない訳だけど。
官僚ゴッコなんだよね。

視聴者の批判があれば、番組打ち切りで
番組を実質制作していた下請けや孫請けのクビを切っておしまい、と。
視聴率取るように競争を促していた側の責任というのがある筈。

テレビは視聴率至上主義の業界だからウソでもオッケーだっ!
…という風に何故言わなくなったのか?
それは同業界でトップのNHKがやらせ番組などして非難を受けていたのに
民放キー局がその水準で番組制作をしないのならば
NHKより劣っていることを自ら認めることになるという
同業界内部での競争意識に由来していると思われる。

会社の看板が我が名誉になっている人達というのが居て
そういう人達同士での界隈で発生する私的感情に
随分と色々なものが振り回されているという感がある。

315 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 13:49:48 ID:nJKghhnn
納豆にダイエット効果があるかどうかというのは
ダイエット効果があるということを皆が認めているかどうかに拠っているんだよね。

納豆成分の科学的データとか、欧米の学者の意見とか
ダイエット前、ダイエット後の被験者のビジュアルデータの提供とか
およそやってることは、雑誌に掲載されているダイエット広告のソレと
全く同種のものであったり。

言わば『皆がこれなら確かだ信用できる』という要素を繋ぎ合わせて
『ダイエット効果がある』という確信させる気持ちをつくらせていってる訳だよね。

自分達の内部で信用に足る核である部分をつくっていかず
外部から良さげなものを寄せ集めて、体裁をつくっていく……。
というのは当に日本という国のやり口な訳で
こうしたやり口というのは、繰り返されていく程に
信用の核として使用されている諸概念を磨り減らしていくことに繋がる。


316 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 13:59:41 ID:nJKghhnn
そもそも何でダイエットを皆がするかと言えば
『痩せていることに価値がある』からなんだよね。
痩せていれば異性に人気が出る、と。

痩せているっていうのは本質的には
愛情を得るために自分をどれだけ追い詰めているかに拠っていて
追い詰められている程に人は痩せ型になっていく。
痩せている人はそういう風に頑張っている人だから
『痩せてるのって良いよね!』と持ち上げてあげることで
恋愛で成功する確率をひきあげ、世の中が平和であるようにバランスを取っていこう、と
そういう思惑からのものな訳で、痩せていること自体を良しとして
食べ物工夫したり運動したりして、自分を偽っていくというのは
本末転倒のインチキなんだよね、所詮。

そんなインチキ願望を煽っている側としては
生真面目に論証するのもしゃらくせぇっていうのがあるので
データの改竄であったり、翻訳に翻訳者の恣意性を入れたりするというのがある。

でもまぁそんな発想だと資本主義社会自体維持できなくなるので
消費者・ユーザの意向としてはバカバカしてくても
それに対して生真面目にお付き合いする必要というのがあったり。

317 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 14:08:56 ID:nJKghhnn
納豆買う主婦達・・・女性が企業を厳しく非難する場合があるのは
働く人達の苦労を知らないからじゃないんだよね。

わかっててやってる訳で、非難の声あげてる時点で
『潰して憂さ晴らししてやれ』というのがあったりする。

本当は社会に出て働くのが好きな生き方なんだけど
イヤイヤ家庭を守っている女性というのが沢山居る訳で
社会に出て活躍したいという質を持って産まれてきた子に関しては
男性であれ女性であれ、そういう側面を伸ばしてあげないと
将来的にも何か機会がある度に、嫉妬やっかみ混じりの
企業批判・生産者批判が生じて、弱い立場の人達が潰されていくことになる。

社会の上の方に立つ人達というのは、今書いているようなところまで
見通した上での戦略を打ち出していくのがあるべき姿な訳で
80年代くらいにテレビ業界で出来ていたことが
今は出来なくなってきている。

昔の仕事の質の遺産で成り上がり、それを食い潰していきながら
愚にもつかないような裁量を発揮し続けてくれていると
全体の停滞を招くことにしか繋がらない。

318 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 14:15:04 ID:nJKghhnn
官僚ゴッコしたいのなら、最低限官僚レベルの視野を持ってくれないと困る。
真似できるとこだけ真似して気分良いぜなんていうのは
小学生がカメハメ波ごっこするのと変わらない。

319 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/21(日) 14:41:37 ID:SFKoXLAg
おまいらに得ろ動画やるよwww

http://west-city.jp/west-city.jp_links_pc.php?adid=12117

320 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/21(日) 14:42:39 ID:SFKoXLAg
すまんこ。激しく誤爆

321 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 14:57:12 ID:nJKghhnn
>>319
3位ラーメン詰め合わせwww

>>320
お金を得ろ動画???

322 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 15:10:58 ID:nJKghhnn
コンビニとかで売ってる紙パック1ℓ入りの清涼飲料水があるけど
アレのコーヒーとかコーラとか売り出されないかなぁ。。
多分検討はしてると思うんだけど。。。
薄くすれば他商品との兼ね合い的にも問題ないかなぁと思ったりも。。

特にコーラとかは新ブランド確立に必死だった時代があったけど
コカ・コーラ社と同じような切り口でアプローチしているから駄目なのであって
開拓されていないニーズの部分を適えていくところから立ち上げれば
成功する公算が高い。

黒くて覚醒効果がある(カフェイン含有)飲み物というのは
つまりは、成功願望を満たすためにブーストかけて頑張りたいという性質のものだから
日本人の民族性にはマッチした飲み物だったりする。

コーラの場合は更に炭酸が入っているけど
それはつまりは、そんな自身の欲求の昇華意識が含まれているんだよね。
コーラ原液の秘密性というのは、欲求の由来を隠匿しておきたいという消費者の思惑と合致している。

人工的飲食商品の企画というのは、消費者個々人が有している
自己同一化願望と将来あるべき自己像との狭間の中から立ち上げていくべきもの。と。

323 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 15:19:22 ID:nJKghhnn
ちょっと前にNUDAが先陣を切る形で
炭酸水を飲料していくスタイルを根付かせようとしたけど
あんまり上手くいかなかったんだよね。

日本人の場合だとヴィダーインゼリーの様に
必要栄養素の高速吸収要素などをウリにしないと
上昇志向や進歩志向の強い層を取り込めないというのがある。

日本の文化というのは『水のように淡きを好むのが一番偉い』という価値観に染まっているので
水のように淡きなりたき願望を昇華する炭酸水飲料というのは
ちょっとまだ先取りが過ぎた、と。

見方を変えれば、炭酸水を嗜好するような文化圏に比べて
まだ劣っているということ。

324 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 15:30:46 ID:nJKghhnn
ほんとは産まれつき色々持っている人は
あんまり食べたり寝たりする必要は無い。
今の若い人達はあんまり食べたり寝たりしない人多いけど
それは内実が高まっているということだし、また
外部をあまり開拓していないということでもある。

325 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 15:36:21 ID:nJKghhnn
基本的に節制などしなくていいのであり
節制しない前提で機能する評価基準というのが
評価基準を意識し節制する人達の介入で
おかしなことになっているというのがある。

ただそういう状態を招いているのは、女だから偉くならなくて良い、とか
まだ若いから偉くならなくて良い、とか
人材評価の勝手な押し付けがあるから、別のところで
判断をつけたいという方向性に流れていっているに過ぎない。

326 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 15:59:23 ID:nJKghhnn
まぁぃぃゃ。。。
漫画描かなぃと。。。

327 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 16:33:28 ID:nJKghhnn
本当は犯罪者というのは別に悪くないんだよね。
よく『世間をお騒がせして失礼しました』というコメントが出るけど
犯罪者に非があるとしたら、その一点に尽きるのだし
平然と『世間をお騒がせして失礼しました』と発言できる人間の方が性質が悪かったりする。

全体が新しくでてきたものを上手く利用することばかりに傾いていることで
利用できる存在が台頭しそうな感じがあると、目の色変えて飛びつき過ぎなんだよね。
そういう偏りのあり方が、風が吹けば桶屋が儲かる形式で
回りまわって犯罪者とその断罪を必要とする状態が出来上がってる訳で
本当に修正すべきところが何処なのか判断をつけていく必要がある。

328 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 16:49:03 ID:nJKghhnn
まぁ実際はそうでもないんだけど、一時万事が等価交換の法則というのがあって
自分の水準というのを引き上げていこうとしたときには
何かその分下げていく必要があったりする。

生きている生身の人間ばかりに意識があると
誰かに下がってもらって自分は上がっていく、というようなことが必要となってしまって
誰か他人の為に下がったのだけど、それが認められていない人というのが
恨みつらみを持って、犯罪行為に走る場合が多い。

他人を貶めつつ、自分を高めていくのではなくて
自分自身を貶めつつ、引き上げていく創意工夫というのが必要で
実際社会で上の方に上がっている人達というのはそういう術に長けていたりする。

ただそれはそれで、結局、人気が上がっていくというものに過ぎず
自分自身の水準が上がっていくことにダイレクトに繋がっているかと言えばそうでもない。
人気を得ることで、多くの人に認められる機会が増えて高まっていくというクッションがあっての話な訳で。

再三書いているように、共有化された偶像との関係性の中で
自身を高めていくべきであり、それが従来は天皇だった側面があるのだけど
天皇だと偏りがあるので、天皇自身の振る舞いの在り方を改めてもらうか
何か別の新しい偶像を打ち立てていく必要性が存在している。

329 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 16:52:23 ID:nJKghhnn
ただもうそういう偶像足る存在は既存の漫画とかの中で
沢山登場しているので、皆なんか好きな漫画のキャラとか見つけて
それとの関係の中で人間力を養っていくのが良いんじゃないかしら? と。

330 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 16:57:09 ID:nJKghhnn
かつては歴史上の偉人であったり、近年では芸能人であったりとが
そういうキャラクタ性を提供している存在なんだけど
色々と理解が得られず大変そうだし、想像上のキャラクタでいいんじゃないかな? と。


331 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 17:00:32 ID:nJKghhnn
利用していく人の真意というのは『世は幻』なのであり
だったら端から幻であるとわかりきっているものを利用してくれるのが良い。

幻想であっても、そこに強い精神が宿ればそれは現実に力を持つものになる訳で。


332 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/21(日) 17:01:20 ID:???
ついにセブン・センシズに目覚めたようだね

333 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 17:02:17 ID:nJKghhnn
切実に生きている人間や、子供を利用したりするよりは
遥かにマシな筈。
そういうことやっているからツケが回ってきている。

334 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 17:28:09 ID:nJKghhnn
>>332
いや、書き方としては自分の中で先端のことを書いてるかの如き演出な訳で。。
本当に自分の中で先端のことをアウトプットしていると
てっぺんハゲるのでアウトプットできないってゅ〜。。


335 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/21(日) 17:30:11 ID:???
そういえばそうだった
壊れたテープレコーダーでした

336 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 17:31:02 ID:nJKghhnn
人を惹き込む力みたいなのが必要なんだけど
空想上の舞台でそれやっていると、現実の逃げ場として
機能してしまったりするんだよね。

少なくとも一部の人達にとっては空想上のキャラクタも
よりよい現実をつくっていくための存在なので
その辺のバランスの取り方が難しい、みたいな。

337 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 17:34:29 ID:nJKghhnn
>>335
まぁ全体の様子伺いながらちょっとづつ引き上げたり
それだと『ちょwww おま、どんだけだよっww』となるので
どんだけでも無くなったり、その隙に自分の中での先端更新したりと
要はバランス。

338 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/21(日) 17:49:01 ID:???
それじゃ僕は必要悪的に足を引っ張る役を敢えて演じようかな

339 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 17:51:19 ID:nJKghhnn
実際ネットが世間に普及し始めたくらいの時期から
社会の上層の方で言論していた人達の様相というのが
随分様変わりしてきているんだよね。

ネット文化で台頭してくる筈だった人材というのが
なんか既存の文化にアッサリ呑まれたりしたりもしてて(例・ちゆ日記、侍魂)
ぅ〜ん???? っていうのがあったり。
ただ、顕著な人物の台頭がない変わりに、平均値が随分あがっているなぁという感じがあって
どうもそれは一部の人間が目立って伸びていることより大分良いことなんじゃないかなぁ、と思ったり。

平均値が伸びてる世代が社会に出る段階で、優れているからという理由で叩かれているとしたら
やはりそれは良くない、とゅ〜。。

340 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 17:54:17 ID:nJKghhnn
>>338
必要悪というのを失くす工夫というのが沢山あって
そっちに倣っていかないと、倣ってる側の文明に差をつけられて
負かされて異文明の弱者達のストレス発散の対象として
蹂躙されることになる。

341 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 17:57:11 ID:nJKghhnn
わかってるけど頑張りたくない、楽したいというのが
世論なので、だったらもう主権放棄するのが良いと思うんだよね。

頑張らない楽したい、プライド保ちたい体裁よく見せたい。
そういう通らない世論が主流になっていて
なんでそこに世論があるかと言えば、社会で上の立場に立っている人と言うのが
そんな感じでまとまってるから。

342 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 18:02:02 ID:nJKghhnn
出来る人が出来るところを発揮すると
皆の立つ瀬がなくなるので、出来ない振りをしていたものが
形骸化してしまって、本当に出来ない人が上で指揮振るっているような
状態になってきている。

343 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 18:04:20 ID:nJKghhnn
緊急時になると出来ない振りなのか、本当に出来ない人なのか
ハッキリとわかるんだよねって。。。

漫画で描く予定のとこを書いてしまったしぬ。。。

344 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 18:12:52 ID:nJKghhnn
端的に言って、中国が台頭してきて
アメリカと厳しく対立が生じたときに
安倍総理みたいな人がトップだと相当にマズイことになる。

で、将来的に総理のポジションに就きそうな人材を見回したときに
現状より質が劣化していく目しか見えてないんだよね。

簡単に言えば、今の総理の水準だと批判されたりバカにされたりしても
平然と受け流せる器があるけど、将来総理になりそうな人というのは
もうそういう器すら無いという可能性が高い。

これは総理のポジションだけの話じゃなくて社会の色んな階層の
上層のポジションに関わってくる話。
ピンチになるとヒステリックに怒鳴り散らして
全部部下の責任にして、上司の報告の際には『つつがなく万事上手くいきました』と
ウソ報告するような、そういう状況が全国各地津々浦々で見られるような現実が
将来的に再現されていく可能性が高い状態になりつつある。

345 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 18:20:36 ID:nJKghhnn
アジア人は日本人みたいに表面上だけハイハイ言って服従して保身を図る人間に甘いけど
そういう態度は西洋人とかイスラム人を激昂させることにしかならない。

一神教圏は根っこの部分で価値観の多様性を認めないのだし
ただ1つの価値観の発展ための多様性を認めているだけであって
そういう生き方を毀損するような振る舞いを見せれば
殺されかねない事態に陥る。

国と国とが対立するような事態になったときには
もはや内部でのストレスというのは限界を完全に突破しているので
他者に対する寛容さなど期待できない。

346 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 18:23:35 ID:nJKghhnn
国とか関係ないっていう考え方もあるし、それで良いんだけど
実際には国柄とか民族性とか文化風土の影響を非常に強く受けた
人格を形成している人が殆どな訳で。

非常に強く受けているから、旅行をしたがる。
日本人は旅行したがる人が多いのは、つまりは国柄等に強く影響を
受け過ぎている為。

347 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 18:26:55 ID:nJKghhnn
生産者とかサービス提供者側の事情に立てば
そういうニーズがあるいうことだし
実際に旅行するよりは安価、かつ高パフォーマンスの商品の開発提供を
目指すということになる。

348 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 18:33:56 ID:nJKghhnn
世論調査的・マーケッター的感度からばかり企画を立ち上げるのではなくて
理想を描き、理想と現実が乖離している原因の部分を突き止めて
その解消を図っていくような視点からのアプローチというのも必要だったりする。

その辺が弱いのだし、それが出来ないやらない、既存の仕事の枠組みの取り組み方の中で
自己実現していくっていうのなら、資本主義やってる意味が無いのだし
農耕生活をしていれば良い。

349 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 18:45:56 ID:nJKghhnn
データベース、確率統計、或いはマトリックス。
人間性の動物化とセットでそういうテクニカルタームばかり打ち出しての
パワーインテリジェンス層の形成というのが、一般層での
人間性の深化複雑化と技法軽視の現状を形成してきている。

なんでそうなったかと言えば、端的に言っての理系コンプだし
西洋圏での『知の欺瞞』問題の影響だったりする。
本質や根本のところを見ないで、西洋のものだからと取り合えず
影響受けて取り入れていくのが成功の道筋みたいな安易さのしわ寄せが
生じている訳で。

350 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 19:01:22 ID:nJKghhnn
実際には、人間性の部分でのフォロワーを出していたのが
オタク業界のトップの方の創作物だったんだよね。
近年だとニトロ+だし、10年前だとアリスソフトだろうか。。

ただ、そっちはブラックボックスが過ぎて
民間にノウハウを提供しようという意識に欠けているとこがあったんだよね。
作品自体のメイキングプロセスは透明にしているんだけど
人気の秘訣になっている部分というのはブラックボックスだった訳で。
商業だから仕方ない部分はあるといえ、技法がオープンシェアされる一方で
人間性の部分を機密化させたことで、全体の健全な発展に悪影響を与えた面がある。
人間性と技法のイノベーションというのは両輪でセットな訳で片輪だと迷走することになる。

技術軽視、人間性重視の潮流の背景があるのであって、それは
文系のトップの方の人達の機密保持意識が高過ぎた為だと言える。
オープンにして、オープンにした分は更に開発していくべきであって
最高点を更新していきつつ、全体の向上にも寄与するのが
トップの果たす役目である筈。

351 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 19:04:39 ID:nJKghhnn
体制が技術的革新は認めても
人間性の革新を認めてないから
このような状態に陥っている訳で
理系の技術者を保護育成するのならば
文系の技術者も保護育成していくべき。

裁量を歪に発揮しているから、全体が歪になってきてしまう。

352 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 19:09:22 ID:nJKghhnn
文系というのは、愛の障害を与える側であり
理系というのは、乗り越えられない障害を打破していく側であり
この二項対立を保持していくことによって、近代文明の発達が
成り立っていたんだよね。

ただ、発達期に必要だったものがこれからも必要かと言えば
そうとも言えないし、別のハウツーで発達していくことも可能な訳で
別に囚われる必要が無いと言えば、それはそれで正しい。

けど、実際には大きな影響が出ている訳で
影響が出ているものを看過するのはよくないでしょう、と。

353 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 19:48:18 ID:nJKghhnn
平和な時代にはやりたい人がやっててくれればいいけど
分を知っていてくれないと全体が腐敗していくことになる。
本当に実力的にトップならば、下の意見を受け入れるだけじゃなくて
先端の更新をしつつ、全体の水準の引き上げも担う振る舞いが出来る筈。

緊急時になるまでは、ひきこもりでもして自分を磨いていればいいのだけど
じゃあ、緊急時になったときにスムーズに交代できるかというと
多分できないんだよね。
それが出来ていれば、太平洋戦争時の悲惨さというのは随分回避できた筈。

スムーズに交代できるように下準備をしとく必要があるのだろうし
じゃあそれでオーケーかと言えば全く自信はない訳で。

354 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 19:53:15 ID:nJKghhnn
大体、本当に発展を辞めて自分達の身近な人達との生活を
重視したいというのなら、労働時間は短縮で
家族や友人や恋人と一緒に居られる時間を増やすような裁量を発揮すべきな訳で
アレやコレやと屁理屈をこねくり回して自己正当化をしているような人達に
振り回されてお付き合いをして、無為に人生を疲弊している人達が報われなさ過ぎる。

355 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 21:38:06 ID:nJKghhnn
ぅ〜ん。。。。


356 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 21:41:05 ID:nJKghhnn
若槻千夏ねぇ。。。
うん。。。。。

個人的には早く政界にでも進出してくれれば良いと思うんだよね。
周囲の判断としては、それは怖いというのがあるとも思うけど。

357 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 21:47:06 ID:nJKghhnn
計算力はずば抜けてるし、行動力もあるし
それをアピールするのも長けているよね。

大御所の人間に自分の実力の高さを察知させるのが上手い、という。
ただ、本当に実力のある人間から若槻を判断したときには
計算力先行で権力を取ったときに下の人間に冷淡になるのではないかという
危惧があるのだと思う。

苦労して、挫折して駄目になりそうになったところを助けてもらうような
経験を積ませたいという判断があって、競馬番組の司会など任せたんだろうけど
こういう人事育成の仕方自体が僕はあんま好きじゃなかったり。

358 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 22:04:55 ID:nJKghhnn
やりたいんだったらやってもらえば良いのであって
それで妙な仕事をすれば批判すれば良いと思うんだよね。

上司であろうが、社長であろうが、天皇であろうが
全体のためにならないような裁量を振るっていれば批判すれば良いのであって
立場が上だからといって妙な裁量を振う人間を看過して従う土壌に問題がある。

けどそれは、出世したくて上の立場の人に嫉妬心を抱いている人達が大勢居るからで
結局は、自分達の人間的な質の低さによって、出世する前の段階で
アレコレ厳しく審査しておこうという流れをつくってるだけの話。

359 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 22:14:30 ID:nJKghhnn
本気でプッシュできないんなら、芸能人なんか立てるのやめて
自分自身が立てば良い。
プッシュする構造にだけ乗っといて、本心は違うんだから
いちいちそんな連中の発想に乗る必要もないだろう、と。

360 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 22:20:23 ID:nJKghhnn
まぁ芸能人の側は側で乗っかっていってる訳で
ただ10代後半でスカウトされた側の責任を問うのはおかしいよね、みたいな。

更に言えば、若槻の場合は芸能界に入れてもらってるレベルじゃなくて
入ってやっているというレベルな訳で、乗るか反るか選べるような人材に対して
現状の扱いじゃ、これから優れた人材というのは全部反っていくようになるよね、みたいな。

361 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 22:28:36 ID:nJKghhnn
大体、競馬とかにのめり込んで世間に不満抱えてる層を
つくり出す仕組みに乗っかって利益得ている連中が
自身が解決できてない、する気もない領分に若年者を投げ込むような感性に
相当問題があると思える。

362 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 22:35:40 ID:nJKghhnn
不平不満を我慢して堪えて、なんとか波風立てず穏便に事を運ぶ。。。
というやり口が王道になってるところで駄目なんだよね。
そんなもん評価しなくて良いし、負ける人間に美学みたいものが
主流というのは変えていかないと。

363 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 22:39:47 ID:nJKghhnn
まぁ相手にしなきゃいいんだけど、権力ある人間無視していると
権力利用して無理やり構わせるようなDQN全快節やらかしてくれることがあるんで
ブッ潰す必要がある。

364 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 22:53:43 ID:nJKghhnn
本当は中間層が一番問題なんだよね。
日本社会は二極化してきたんでミドルアッパー層と書いた方が良いか。

この層を叩けないと結局意味がない。
個人だと弱いんだけど集団で捉えると恐ろしく強いってゅ〜。。

365 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 22:56:32 ID:nJKghhnn
日本という国は、国際社会の中で上の中くらいを狙ってる国なんで
国内における本当の勝ち組というのは、上の中くらいの層なんだよね。
こいつ等なんとかしないとどうにもならない。

366 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 23:00:35 ID:nJKghhnn
いわゆる世間様というのをつくっていってる層だよね。
世間様であろうとする意思を砕かないと幾らシステム変えても無駄になる。

367 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 23:08:30 ID:nJKghhnn
変愚蛮怒という僕の好きなゲームのラスボスに
混沌のサーペントというキャラクタがいる。

混沌のサーペントは様々なユニークモンスターを召喚して
それをプレイヤーにぶつけてくる能力を持っている。

だから、混沌のサーペントを倒そうとするプレイヤーというのは
世界の各地に居る様々なユニークを狩ってから勝負を仕掛けるというのが定石だったりする。
ユニークを間引いてからじゃないと、召喚で強敵ユニークを沢山ぶつけられて
どうしようもない状態に陥ってしまうからだ。

*破壊*を上手く使えばいいんだけど、現実社会で*破壊*すると
チートと見なされてゲームマスター(警察)が出動してくるんだよね。

368 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 23:23:47 ID:nJKghhnn
ミドルアッパー層というのは、つまりは結果平等の強要の産物なんだよね。
やれるけどやらないでおく、されど相応のものは頂く、と。
そういう出自から輩出された世代層というのが存在している。

ネット界隈とかでジャンクに活躍している層というのが当にソレ。

369 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/21(日) 23:44:00 ID:nJKghhnn
平和ボケしているのに親から愛されていない子達の為の
平和ボケしている親たちに対する回答のあり方を示していく。

370 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/22(月) 00:51:37 ID:???
独善的だし、どこかで読んだような評論ばかりですね^^

371 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 01:00:32 ID:MqSAIl90
>>370
う〜んそうだねぇ。。
あんまりサプライズがないよね。。

372 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 01:57:50 ID:MqSAIl90
なんか読む記事読む記事すべてがいちいちムカつくなぁと思ってたら
オーマイニュースのものだった。。。

これが噂のオーマイニュースか。。。流石だぜっ☆

373 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/22(月) 01:59:37 ID:???
オーマイニュースwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

374 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 02:00:57 ID:MqSAIl90
ムカつくのでもう読まない。
せっかくだからコンバット越前。

375 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 02:02:30 ID:MqSAIl90
>>373
ほとばしるほど時代錯誤。
燃え尽きるほど脳死状態。
オーマイニュースはレベル高すぎだぜぇ!!w

376 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 02:08:53 ID:MqSAIl90
よしこれで ぎょうかいが もりあが
                    っ
                        た↓

377 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 02:10:23 ID:MqSAIl90
海原猫背 より 戦いの挽歌

378 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/22(月) 02:12:03 ID:???
海原為替おもしろー

379 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 02:13:15 ID:MqSAIl90
腹でつすか???

380 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 02:15:32 ID:MqSAIl90
>>378
実はプレイしたことないぼく。。

381 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/22(月) 02:19:17 ID:???
X68000でアクアレスとかやってればその感覚に近いぉ(マニアックネタでスマソ)

382 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 02:20:18 ID:MqSAIl90
奇々怪々にはハマってたけどねえ

383 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 02:22:09 ID:MqSAIl90
>>381
やってないんだねぃ。。。
薄いんだネィぼくわ。。。
濃い分野に薄くタッチな感じで。。。

384 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/22(月) 02:26:17 ID:???
奇々怪々はBGMが面白かったね
騒音満載のゲーセンでも拘りのフレーズは際立って聞こえてきたね。
僕は山姥を倒すために200コインくらいつぎ込んだぉ

385 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 02:26:47 ID:MqSAIl90
葉鍵でいうなら
ONEはプレイしてなくて
KANONやAIRはプレイ。映画は見てなくて
クラナドもプレイして無い。みたいな。

東鳩はプレイだけど、2はやらないっていう感じで。。
雫〜ホワイトアルバムまでで。

386 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 02:29:38 ID:MqSAIl90
>>384
僕はコンシューマでプレイしてたよ派であり
アーケード筐体でお金つぎ込んだのはバーチャくらいかなぁ。。
もちろん2、3につぎ込み。

シュンテイ、ジャッキー、ウルフ使ってたぉ☆
でも渋谷のゲーセンで勝率3割くらいのショボプレイヤーだったぉ。。

387 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 02:31:03 ID:MqSAIl90
ラウとかアキラ使いこなしてる人達に憧れてたあの頃。。

388 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/22(月) 02:32:10 ID:???
ノスタル自慰でありノスタル爺と化しているゾ

389 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 02:36:49 ID:MqSAIl90
>>388
もうおではだめだ。
あとはまかせた。。。

390 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 02:46:02 ID:MqSAIl90
るるる〜 エクセル
ららら〜 エクセル

へっぽこじっけんア〜ニメ・エクセ〜ルサーガ♪

391 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 02:54:28 ID:MqSAIl90
もし俺が花京院典明だったら最後のエメラルドスプラッシュは
己の股間に打ち放つ。

392 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 03:30:31 ID:MqSAIl90
はやく漫画で成功して風俗に通い倒して
愛人囲いまくりてぇよ

393 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 03:31:53 ID:MqSAIl90
金だっ!! 力だっ!!!

394 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/22(月) 03:31:59 ID:???
描くしかありません勝つまでは

395 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 03:34:38 ID:MqSAIl90
ぶっちゃけしんどい。。。タルい。。。ウハウハだけしたい。。。

>>394
ち〜す。。。ぅぇ〜っすzlsぁ

396 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/22(月) 04:05:24 ID:???
http://gazo08.chbox.jp/guromovie/src/1160758167063.wmv
おっさんに発情するロバ
これでも見て元気だせぃ

397 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/22(月) 04:14:38 ID:???
5 名前:名無しさん 07/01/01(月)10:20 Seq.13039
この本ってもう手に入らないんですか?
ネット通販で探してもみつかりません、誰か教えて。

6 名前:名無しさん 07/01/01(月)14:40 Seq.13040
そこまでして手に入れる価値はないです。
新年早々エロ本を手に入れること考えるより
日本の将来のことを考えてみてはいかがでしょうか

7 名前:名無しさん 07/01/01(月)16:46 Seq.13042
ここに来なくなってから言ってくれ

398 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 11:53:10 ID:MqSAIl90
>>396
わろっしゅwww

>>397
ジサクジエンという罠。

399 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 11:56:57 ID:MqSAIl90
今までのカキコのスタイルは基本が公共益で
後は好き嫌いを言ってるだけだったんだけど
今後は、自己利益が基本で、敵味方を言うように
スタイル変更しようと思う。

これかなり大きな変更になると思うんだけど
宜しくってゅ〜。。

400 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 12:06:00 ID:MqSAIl90
は〜今日のごはん何にしよ。。。。
もうお金が尽きてきている。。。。。

401 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/22(月) 12:52:14 ID:???
>>399
そっか〜☆
もし作ったら教えてね☆
おやすみ〜☆

402 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 13:49:43 ID:MqSAIl90
>>401
起きたばっかりだしっ

403 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 14:52:29 ID:MqSAIl90
モスバーガーたべたいにゃ〜。。。
お金ないにゃ〜。。。

404 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 14:53:45 ID:MqSAIl90
・゚・(つД`)・゚・

405 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/22(月) 16:48:42 ID:???
お腹へった→気のせい
ゴハン!ゴハン!→昨日食べたでしょ

406 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/22(月) 18:23:00 ID:???
コレクターってなんであんなに部屋に物おいて満足感えてるんよ
俺のあにきの部屋なんてもうプラモ ゲームCDアニメビデオ漫画本で
足の踏み場ないくらいよ どーなってんのよ
何年もまえの未開封のCDとかもたくさんあって 聴かないのになんで持ってるのよっていうはなしになるよ
どこに欠損感あるのよ

407 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 19:00:27 ID:MqSAIl90
>>405
・゚・(つД`)・゚・

>>406
う〜んとね、今の40代くらいのコレクターの場合は
子供の頃に満足に嗜好品を買って貰えなかったトラウマから
コレクターになってる場合が多いよね。でもこれは古いタイプだったり。
でぇ〜、今の時代のコレクターというのは『コレクトをしている分野の世界観の支持者』だったりして
つまりは、現実社会よりも自分が支持している物語世界が新現実になればいいのになぁとゆう願望があって
その願望を叶える為に、信者買いをしたり自分の生活空間を買ったものの世界で埋め立てているってゅ〜感じなんだよね。

消費行為を通じて楽しんでいるんじゃなくて、消費行為を通じて政治的意思を表明しているんだって理解で
捉えてみるとわかりやすい話だと思うよ。

また、あんまり一般の人には関係ないけど、プロが自分の同業者に認めてもらうために
同業の販売物を買っていくっていうケースが多かったりするよね。
これはまぁ学者が他の学者の本を買って本棚を埋め立てるように飾ったりするのと
同じ意味合いで、縮小再生産型の業界とか権威化した業界なんかでは
よく見られる現象だったりするよ。

408 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 19:39:18 ID:MqSAIl90
安全で豊かな生活が保障されている状態で
できる子供というのは『今とは違う刺激的な現実を』求められている。

富裕層の子達でひきこもりになっている子達はそういう子達な訳で
社会に出て秩序を壊す訳にもいかず、従って穏便に生きていく訳にもいかず
ぅ〜んぅ〜んと悩んでいる、と。

2chなんかはそういう子達のニーズをよく吸収できていたとも思う。
ひろゆきは良い仕事したと思うよ。根本的な部分の解決にはならない訳だけど
それいったら日本政府だって国連だって全然ダメな訳で。

409 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 19:43:49 ID:MqSAIl90
ただ最近の動きから察するに体制の側と手打ちしてるという感じ。
その為のストーリーが展開されてきている風合いが強い。

410 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 19:58:17 ID:MqSAIl90
まぁ談合、出来レースだよね。。。

そもそも何で談合しちゃいけないかと言えば
競争の仕組みつくってる意味合いがなくなっちゃうからなんだよね。

アメリカが『何でテメーら談合してるんだよっ!! 競争システム導入している意味がねぇじゃえか』
と各方面から圧力かけてきているので、それに応えているという形式。

競争システム導入する前の時点で『日本は皆で仲良くする国なんで競争システム導入しませんっ!』って
主張出せばよかったんだけど、主張はせずに折れた振りだけして
実態としては何も変えていなかったので、アメリカの激昂を買った訳だよね。

日本が経済的に調子が良くて、対米貿易で大幅な黒字だったから
嫉妬をされて批判されているんだと捉えるのは日本人の民族性の捉え方であって
アメリカからすればアンフェアを修正する口実として、赤字黒字を利用しただけの話で
利己的な日本人の価値観に合わせた口実から圧力をかけてあげたのに
それに対するアクションが『アメリカが嫉妬している』という解釈に倣ったものだったので
とてつもなく激しい怒りを買って、知的所有権概念が強化され、金融工学を発展させ
経済戦争で120%アメリカ人が勝つだけの土台づくりをされて
バブル経済の崩壊をさせられ、強制的指導を受けることになった。

不景気になっても『いや、やっぱり日本は貧しく苦しくても平等なんだっ!!』と
押し通していれば本物だったんだけど、実質は偽物、偽善のメッキな訳で
今は剥がれたメッキをまた貼り戻すことで秩序を取り戻そうとしているに過ぎないんだよね。

そんなことやってるとまた同じようなことの繰り返しになる訳だけど
結局また同じような轍を踏んでいこうとしている。

411 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 20:07:33 ID:MqSAIl90
競争していると内部が悪くなるっていうのは嘘なんだよね。

競争しているのに上に立っている人間がインチキだから不平不満が溜まるのだし
競争して内部を強化していくのは、外部に拡大していくためなのだから
拡大政策を取らなきゃおかしい訳で、一部のインチキ層というのが保身の為に
アジア圏からの『日本拡大路線批判』を巻き起こさせているに過ぎない。

412 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/22(月) 20:20:01 ID:MqSAIl90
またそういうインチキを上に立たせておきたいというのが
日本国民の世論だし、それは国内限定の平和を保つには
良い発想かもしれないけど、対外関係を毀損していることに通じている。

会社に例えるなら、業界全体の状態を考えたとき、会社の大全改質をしたり
会社同士の吸収合併をすべきなのだけど、それをやると給与が落ちたり役職を失ったりしそうなので
嫌だ嫌だと我を押し通すことと全く同じこと。

そういう人格のあり方がアンフェア、利己的過ぎると指摘されているのであって
人格改善が果たされない限り、ずっと圧力をかけ続けられることになる。
日本人が利己的な自己中で、それを指摘しても直さないし
表面上だけハイハイ従って、実質何も改善せず誤魔化し続けていたので
利己的な観点から、つまりは、株式市場を通じての利己的搾取をする構図で
圧力をかけてくるようになっただけのこと。

自分達の卑しい本心の色眼鏡で相手を推し量っているから
トチ狂った対処をして、日本国全体を疲弊させているのだし
人間的に自分達より立派なものは立派だと認められるようにならないと駄目だ。
正しく頑張っている弱者にプレッシャー押し付けて切捨てしているような社会の仕組みを保守しているから
劣っていると素直に認めると切り捨てられるという恐怖心があって
相手を騙して誤魔化すような挙動を自然に取ってしまう。

国民性自体を修正していかないとどうしようもない。

413 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/23(火) 00:20:35 ID:???
>>407
なる〜ほどね
自分なりの政治活動であったわけだ・・
あにきめ・・

414 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/23(火) 04:35:24 ID:???
http://ameblo.jp/wakatsuki/
しょこたんに負けじと若槻千夏がブログ戦略に乗り出したゾ

415 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/23(火) 11:58:38 ID:???
人間、誰しも長所がある。俺はただ、人間を愛しすぎるんだ。愛しすぎて、あまりにも---情けない---情けなくて、
ちっぽけで神経質な、歓迎されない女々しい魚座のジーザス野郎に思えてくる。
いい人生だったよ。本当にいい人生だった。ただ、俺は7歳の頃から人間全般に憎しみを抱くようになっていたんだ。
たぶん、単純に俺は人を愛しすぎ、人の気持ちがわかりすぎるからなんだろう。今までにもらった手紙や思いやりに、
焼けただれた腹の底から礼を言うよ。俺はどうしようもなく変人で気分屋だから、もう情熱を失ってしまったんだ。覚えておいてくれ。
消え去るより、燃え尽きた方がいいんだってことを。

平和、愛、同情、カート・コバーン

1994年4月

416 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/23(火) 15:21:15 ID:YKKWUFho
>>413
分析することを専門にしている人達にとっては常識になっていることなんだけど
分析対象というのはフローであって、常に変化してい続けているので
一定の理解をして、それでオーケーという風なままでいると
ある程度当を得ていた見解というのも、時が経過すれば的外れなものに変わってきたりする。
また分析をすることによって、分析対象が変化していくこともあるので
その辺も踏まえておいた方がいいかなぁ、と。

自分の中でわだかまっていた記憶に対して整理をつけているっていうのなら
別にどうでもいい話だったり。。

417 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/23(火) 15:43:51 ID:YKKWUFho
>>414
しょこたんの場合ブレーンが居て支えてるんだろうなぁっていう感じなんだけど
若槻の場合ブレーンがいるのかどうかちょっとわからないんだよね。
まぁでも、しょこたんと若槻だと若槻の方が大分人間的に上なんで
並べて論じるようなものではないかなぁ、と。

>>415
とりあえずファミコンしよう。
ジョイメカファイトで勝負だぉ☆

418 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/23(火) 18:20:51 ID:YKKWUFho
双子座の人というのは『言葉で人を指導して全体を良い方向に導きたい』
というところに幸福感があるんだよね。
だから、そうさせてあげれば良い訳で、現状それをやるのが
組織内で人の上に立っていたり、官僚やってる人間だったりするので
自己実現する為には上を目指さなきゃならないというのがある。

別に上司や監督や先輩という風な立場でなくても
人が人を指導しても良いのだし、指導する人間が上で
指導される人間が下だという観念に縛られていることが問題だったりする。

そうした観念に縛られるように現在の社会が構築されているというのが
あったりするので、その辺を相対化していく作業も必要だったり。

419 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/23(火) 18:29:39 ID:YKKWUFho
本当は地球が球状になった頃のところの文脈から論じていかないとダメなんだけど
それをやると科学的世界観が崩壊していくので厳しいという。。。

オタク第一世代というのは、科学的世界をつくるために生の意味を義務付けられた世代だし
その辺との兼ね合いというのがあったりする。

けど、現状のまま全部看過というのは不味い。

420 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/23(火) 18:35:10 ID:YKKWUFho
戦争で負けた原因というのが、経済力格差であったから
高度経済成長を達成していったのだし
科学力格差でもあったから
科学少年達がつくられていったんだよね。

経済主義や科学主義に傾倒した悪影響というのが
現代社会の病理として発現している面があって
その辺どう乗り越えていくのか、過去を修正していくより
今後の振る舞いのあり方に着地点がある筈。

……なんだけど、今の体制担っている人達が
どうもそういう意思で動いてないんじゃないかという疑念が強かったり。
世論に合わせてあげてるんじゃなくて、実質世論レベル付近なんじゃないかという感がある。

421 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/23(火) 18:50:37 ID:YKKWUFho
アリモノで解決不能だから、無理なんです。
っていうのがあって、新しくハウツー開拓していくような意思が無いんだよね。
そういうの求められない人材評価基準が横行してたから。

開拓者、開発者は偉いという感度が日本の組織社会で欠けているところがあって
その歪を修正していく必要がある。

422 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/23(火) 20:40:26 ID:YKKWUFho
げ、限界を感じる。。。。
もう無理ぽ。。。。。。

というラインで生きてくしかない系。。。。
しんどい。。。。が、しんどいか死ぬか二択以外無い。

423 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/23(火) 21:49:49 ID:YKKWUFho
は〜スッキリ♪

424 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/23(火) 23:01:53 ID:YKKWUFho
は〜シッポリ♪

425 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/24(水) 00:14:58 ID:dfZuiJz+
こう、なんというか、世の中よくならない原因というのは
自業自得なんだよね。
スマップの『世界に1つだけの花』という歌にあるように
他人と自分と比べてしまうから、よくならないんだよね。

比較する対象が生きている周囲の人間だからキビシイのであって
偶像(神、アイドル、キャラクタ)との比較の中で自己をつくっていく時間をつくらないと
誰かが上がるためには誰かが犠牲になるということがずっと続いていくことになる。

積極的に、自発的に犠牲になりたくて犠牲になる人についてはオーケーだけど
実際そうじゃない人達が沢山犠牲になって、電車に飛び込み自殺したり
抗議の遺書を書いていじめ苦の自殺をしたりしている訳で、緩衝材としての偶像と
その偶像の存在を乗り越えていく自己のあり方と、同時並行的に模索し続けていくことが
現代社会の発展と向上において必要なことになっていると思われる。

426 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/24(水) 00:18:31 ID:dfZuiJz+
偶像であれ、そこに念がこもれば、その事実というのはずっと残っていくんだよね。
だから偶像であれ、叩いているだけでオッケーとするのは問題がある。
だから、偶像を乗り越えていくような自己のあり方を模索する必要がある。

生きている人間を叩いて、社会集団の信頼関係を喪失させていくことよりは
大分マシだろう、と。そういう話。

427 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/24(水) 00:26:55 ID:dfZuiJz+
よく都会の人は人情味が無くて冷たいという話をよく聞くけど
実は違うんだよね。
お父さんお母さんにべったり甘えて育った子供が強くならないのと同じ理屈で
周囲とべったりした人間関係をつくっていれば個人は強くならないので
互いに距離をおいて、個々人の力を磨くことで全体として発揮できる力を高めようという思惑から
安易に他人と馴れ馴れしくしないだけの話であって。
本意としては、個人の力を磨いていくのは皆のためであって
ただ、ずっと離れ離れでいると信用が揺らいでしまうことになる。

信用が揺らぐような状態の中で、いじめとか自殺とか増えてきて看過していると
信用は崩壊して、社会全体がバラバラになっていくんだよね。

428 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/24(水) 00:34:05 ID:dfZuiJz+
また、根本的な話をすれば、最後は個人。自分ひとりで全部という話になる。
ただ、それをやるにはちゃんちゃら個人個人弱過ぎるから、今は手を組んで
お互い力を伸ばしていきましょうという段階な訳で、手を組んでいるという前提なのに
前提を覆すような行為に走っていくのはよくないこと。

429 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/24(水) 00:48:21 ID:dfZuiJz+
90年代を乗り越えた新世紀にすべきであって
今は90年代を無かったことにして80年代に回帰しようとしている。
回帰したい人はしたい人でオーケーだけど、それを皆に強要するようなものではない。
90年代を無かったことにしないで継承したものを提供していきたいと思う。

430 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/24(水) 00:52:14 ID:???
というわけで漫画を

431 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/24(水) 01:23:35 ID:dfZuiJz+
>>430
うん、だよねん。。。

432 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/24(水) 01:28:21 ID:???
一月中にうpとまではいかなくとも
一月中に掻きはじめてほしいいですね^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

433 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/24(水) 03:20:42 ID:dfZuiJz+
>>432
^^^^^^ ←こわい><

434 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/24(水) 03:27:03 ID:???
伝えたい内容と画力がかみ合わないトカ?
ならどんどん下手な絵をうpして向上につなげようでわないか!

435 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/24(水) 14:04:29 ID:dfZuiJz+
>>434
そうだねぇ、いぜん2chじゃないとこでチョっとやってたんだけどね。。。
子供からのリクエストかお金もらうかじゃないと描く気にならないってゅ〜。。
ちょっとシュR∀サイドの意向も汲んだリクエストしてくれれば
うpできるかもしんないぉ。。

436 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/24(水) 14:12:14 ID:dfZuiJz+
萌え絵は僕の中ではモチベーションかきたてるのがかなりムズぃんで
調子が出たとき描く感じで。。。
萌え絵にせよもうちょっと限定があるものが良いんだよね。。
依頼する側の匂いを感じるものがいいかなぁというか。。

437 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/24(水) 14:22:18 ID:???
ってゅか最初は約束を破った罰ゲームとしてのうpじゃなかったっけ・・アハハ

438 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/24(水) 15:02:04 ID:dfZuiJz+
>>437
約束を破り過ぎたパワーが規制のルールを凌駕したのだっ!!!!
ディスイズ冨樫イズム。会社員ならクビです。

439 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2007/01/24(水) 15:08:34 ID:???
カンケーねーけどメガマック食べてきたぉ
味はいつものと一緒だけどかなり腹膨れた。
もし食べてなかったらこれで満足せー
http://www007.upp.so-net.ne.jp/fukuda/diary/yotta.html

440 :シュR∀ ◆zux.LiRqWQ :2007/01/24(水) 15:36:14 ID:dfZuiJz+
>>439
僕の好きなピクルスをわきに除けてるのが気に食わないぉ!
ビキピキ(`・ω・)

158 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)