2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ここだけ真面目に討論するスレ

1 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/04/22(土) 12:49:59
真剣に語り合いませう

2 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/04/22(土) 12:57:20
1議題目

   地球の神秘性




3 :ミッチー ◆Michy/YYVw :2006/04/22(土) 12:57:36
終了( ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ

4 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/04/22(土) 23:24:59
書いてみるか。


人間がいくつもの細胞が合わさってできた生命体ならば
地球もまた多数の生命体が複雑に合わさってできた巨大な生命体といえるし
さらにいうと地球をまたひとつの細胞として宇宙銀河がまた生命といえるのではないかっていう
まぁ有名な話があるが。

もっととんでもないところいくと原始や電子を見て
ひょっとして俺たちの宇宙ってこんなものなんじゃないかって考えた漫画家もいるが。

生命という概念自体がひとつのカテゴリに過ぎずラベルに過ぎないって考えもあるよね。

うん、何がいいたいのかわからなくなってきたが。
とりあえずageとくよ。

5 :こうだもんこ ◆U1igE.NmbA :2006/04/22(土) 23:30:15
なんでだろうね
地球は泣いてるのに
自分達には『便利』の
足音しか聞こえない。
僕達は『便利』のかわりに
大切な『なにか』を失ってしまってる気がする。
僕達はその『なにか』を
取り戻さなきゃいけないんだ
きっと。
▼´・ω)

6 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/04/23(日) 11:24:36
時々思うのはホント地球って奇跡の星だと思う
今こうやってみんなが生活してるのだって何か一つでも
違うことがあったら全く別の世界になってるんだろうなーって

無知だから分かんないけど宇宙で一番最初の生物ってどうして生まれたの?
一番最初って「無」だったんでしょ?

7 :殻箱 ◆TV..sa27E2 :2006/04/23(日) 12:48:06
精子ってどうやって作られるの?

8 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/04/23(日) 13:23:03
宇宙は広がってるんだよ。
地球はその中の一つでしかないの…
わからないかも知れないけど、、、
広がってる宇宙はいつか終わりを見つけて…
そこに宇宙が集まって行くんだと思う。
数百億年使って宇宙がまた一つの点に戻るとき…

無に戻るんだよ。

それから宇宙はまたはビッグバンを起こして星という一部を周りに飛ばすんだと思う…
そしてまた
宇宙を広げって行くんだと思う。


地球単位では考えられない話なんだよ。

9 :NEO:2006/04/23(日) 13:49:37
俺、思うんだけど地球て失敗だったと思うよ人類なんか創て 人類なんか創んなかったら環境問題になんて悩まなくたってよかったのに。

10 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/04/23(日) 13:54:31
環境問題について純粋に生物学的に捉えるならば
「環境破壊」と言われるときの環境とは単に
「人間が快適に暮らせる環境」ということに過ぎないのだから
人間が滅んでも生き延びる生物はいくらでもいるし
そうすればその後またそこから新たな進化の形もある筈だよね

11 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/04/23(日) 15:01:59
>>6
たんぱく質やらなにやらのごちゃごちゃが混ぜ合わさって
いつの間にか生き物になっていたというのが一般的だけど
そんなこといわれても納得できないよな。
ビッグバンの話もそうだが
何か人知を超えた特別な作用が働いているような・・・

12 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/04/23(日) 17:14:44
生物が出来る過程についてはまだ再現性を実証できてないから
あくまで仮説であって一般的なコンセンサスを得られるレベルではないんだよね

13 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/04/23(日) 22:17:17
うーん
考えると何がなんだかわかんなくなってくる
少し知識をもった上でないとだめなんだろうか
いろんなことに疑問が湧くけど明確な答えがなくて混乱してばっかだよ

14 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/04/24(月) 00:47:49
とりあえず疑問だけ書いてみれば?
そこからいろいろ意見が出そうだし。
三人いれば、ともいうし。

15 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/04/24(月) 01:07:52
君たちの疑問を聞いてみたいね。
僕は考えるのは好きなんだよ。
僕にとって悩むのは楽しみの一つなんだ。

16 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/04/24(月) 13:29:05
例えば生きるのに必要なのが酸素ってのは自分でもわかるけど
それがなんで酸素じゃないといけないのか、なんで酸素がないと生きられないのかってどんどん考えてしまったりする

しかも酸素を作り出すのは植物
その植物が酸素を作り出すのは偶然だったのかそれとも必然だったのかとか大きすぎて自分じゃ考えきれない

17 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/04/24(月) 16:32:35
>16へ 僕なりの答えを書かせてもらうよ。
植物が酸素を生み出した理由については何となくわかるんだ。
食物連鎖の中でも底辺に属する植物の唯一の攻撃方法は毒を生み出すことなんだ。(食虫植物を除く)

その毒の一つが酸素なんだよ。

地球が出来たとき空に酸素は無かった。
植物が酸素を何故、作ったのかは天敵を倒すため…

しかし植物以上に動物は進化してしまった。

ゴメン、これは答えがでないや…



18 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/04/24(月) 18:30:08
こういった状況と照らし合わせてそのギャップを楽しむ、つまり今なら電波板にまじめスレといったようなタイプのスレ。
それ自体は正直面白い。しかしながらここは電波板であって板自体が現実との諧謔を楽しむ板なのであって、
その板の中でさらに諧謔を煽るとなるとそれは一週回って普通の「まとも」になるのではないだろうか。
しかしながら現実に住まうはずの我々はこのスレが面白いと感じその存在に疑問を持たない。
これはすなわち我々、大きく言えば人類自体の基本が電波だということじゃないだろうか。
我々は電波な破壊動物なのか?最近のストーカー被害とあわせてどうか答えを出してくれ。みやび

19 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/04/24(月) 20:15:09
>18の疑問を僕なりに答えてみるよ。

まず『電波』という言葉について、、
ココで言う『電波』は赤外線以上の波長のことではなく、『電波系』『狂気化』という気狂いのある人を指す差別的名詞だと思うんだ。

次に電波板に真面目なスレを立てることについて…
難しいね。
普通から外れた、電波の中の真面目は普通なのではないか?
行き着いた答えはコレだった。
A>B>C=A'
普通>電波>真面目=普通”

僕たちは亜種なんだよ。

ストーカーとは探求心もしくは征服心の行き過ぎた人と解釈しているのだけど…彼らは電波であって電波でないと思うんだ。
何故、彼らストーカーは『探求』もしくは『征服』したくなるのかと言うと…
変な答えなんだけど
相手に『魅力』(襲いたくなるという意味)というテレパシー的な、なにかを感じているのだとおもう。
この『テレパシー』のことも『一種の電波である』と言う人もいる。

答えは
電波には種類があるんだってこと。

世界中の人が電波だとしても統計で一番多い電波は普通になってしまうんじゃないかな。
D≧A
電波≧普通
だから僕らはタダの普通かも知れないし、大多数の電波かも知れない、危険な少数派の電波かも知れないってことだね。
長文失礼しました。

20 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/04/24(月) 23:31:35
>16です
みやびサンありがとう
>19の意見すごく感動したそして>18の着眼点にも鋭いものがあった

自覚している電波と無自覚な電波の間にも違いが生まれてくるのかな?
世間では同じ電波と扱われるのだろうか


21 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/04/25(火) 23:02:44
>20の疑問に僕なりの考えを答えるよ。
自覚のある電波とない電波について、

まず『自覚とは?』内面的な事で人それぞれ自分自身で気ずいているか、いないかという事。

次に『自覚からの電波に違いがでるのか?』
僕は違いが現れると思う。表面上に出てこない変化かも知れないし、身なりの変化かも知れない、でも自分を他人と違うと理解した時に…

人は成長すると思うんだ。

『世間は電波を見分けられるか?』
似たような事で
『世間はオタクを見分けられるか?』

答えは
世間は『外見』と『発言』でしか判断しない。

世間は厳しいと言うより他人を理解していないだけ何じゃないかな?

>20の疑問について他の意見も聞いてみたいな、誰か頼むよ。

では失礼しました。

22 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/04/26(水) 00:44:08
電波って言うのはたんなるラベルに過ぎないっていうのが俺の考えだ。
一般の人間と電波と呼ばれている人間との違いなんていうのは大してないと思うね。
ただたんにほかの誰かか自分かが「電波」というラベルを貼り付けるに過ぎない。
自覚する電波というのは自分で自分に電波というラベルをつけた者
自覚しない電波というのは他人にラベルをつけられた者。

ストーカー犯罪はその恋人を自分の所有物という考え方を無意識にしていて
その所有欲が強いということ。恋人を束縛したくなる人も実はそういう考えだと思うね。

死というものに対して人間は恐怖を覚えるが実は他人の死には大して関心を持たない。
映画の中の死だとか殺人者にとっての死だとかね。
だけど自分の肉親友達敬愛していた人間の死にはめっぽう弱い
それも彼らを心の中で所有している部分があるから。
「喪失感」というのはそのためにおきる。

酸素に関してはみやびとほとんど同じだよ
ただその食物連鎖から生き延びようとする意志的なものがどこかにあるような気がする
しかもその意志ははじめから決定されていたもので…ふむこれは関係ないか

あとみやびさん乙

23 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/04/26(水) 01:03:40
人少なそうなスレだしage進行にするか。
後人類みんな電波といった考え方は議論思索を行ううえでよくありがちな発想だが
それは考えの進むうちに次々と対象にラベルを貼っていくことから起こること。
どこからどこまで境界線を造るかというのは結局作成者自身の主観だからね
そうなるとラベルを貼る主観自体が世界のすべてのように思えてしまうが
その主観自体があらかじめ決定されたものであるとすれば話は変わってくる。

みやびさん質問

A>B>C=A'
普通>電波>真面目=普通”

この>の意味がよくわからんな。
価値的に低いと考えたのかい?

24 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/04/26(水) 23:07:08
>22>23お久しぶりですね。
『ラベル』という発想は僕には無い考え方たったので、スゴク面白かったです。
貼ったり、剥がしたり、貼られたり、剥がされたり
誰もが持っている『ラベル』で人は区別している。

>23での質問ですがアレ『>』は人数的な関係しか表していません。言葉が少なすぎましたね、スイマセン。
私たちは普通の中の電波の中の真面目であって、『普通も』『電波も』『真面目も』持っている『新しい普通』である。
と言いたいのです。それでいて亜種の僕たちは人数が少ない。

こんな感じで説明ベタでスイマセン、もっと頑張っていきます。

あとココはまだ人数が少ないのでage進行で良いと思います。
では失礼しました。

25 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/04/27(木) 23:43:05
今日は寝ますが明日また来ます。

願わくばココに人がふえますように。

26 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/04/28(金) 13:44:00
みんなの発言がすごすぎて自分がどれだけ物事に対して
深く考えてないかを分からされる

もう少し考えてみてまともな意見出せそうなら参加してきたいと思います

27 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/04/28(金) 23:35:05
話題がないと討論にならない件



まともじゃなくてもいいから参加してよぅ…

28 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/04/29(土) 03:37:25
ノリスケおじ参加も

29 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/04/29(土) 14:35:08
ええっと、すいません昨日来るとかいって寝てました。

今日も忙しく夜に来れるかわからないので謝罪だけさせて下さい。

大人気のノリスケおじさんなら大歓迎です。
では失礼します。

30 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/04/29(土) 18:51:38
ttp://asame3.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/data/IMG_010065.jpg

31 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/04/29(土) 18:52:08
誤爆スマソ

32 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/04/29(土) 20:06:38
じゃた2ちゃんのトラックバック機能について語ってよ

33 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/04/30(日) 09:32:24
よく知らんのでググってみたが、つまり関連のスレやブログをつけたりできる機能かな。
で、便利な一方で最初辺りにある関連詳細欄で十分だったり荒らしの危険があったりするわけだな。
まぁ小規模に実験して、よかったら全体へ…っていうのがセオリーなわけだが
実験にしても各板で住人の傾向とかもあるしなぁ。始まってみないと何もわからんな。
始まったら始まったで各自対応していけばいいよ。良ければ使いこなすもよし、悪ければ運営に言うもよし…
少なくとも「取り返しのつかないほどの大惨事」にはなりそうにないっぽいし。
まぁ静観?
(かなり知識不足なので駄目なこといってるかもしれん。)

34 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/04/30(日) 11:58:27
よくわかりませんが書いてみます。

トラックバッグ機能とは
ブログにリンクを貼ったさいにリンク先の相手に通知する機能のことです。
その通知内容は詳しく書かれて、URLだけでなくユーザー名やタイトル、ブログ内容が書かれています。
リンク先の相手にコメントを書く覧があったりします

コミュニケーションを取りつつ自分のブログの進入口を増やし、詳しく自分を説明して足跡を増やす機能のことかな

専門外なのでこんな感じになりました…間違ってるかもしれません。
では失礼します。

35 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/04/30(日) 23:19:15
ちょっと新たな疑問を投げかけてみるんですが

自分はちょっとおかしいって周りから言われつづけて今まで生活
してきたんだけど、自分でもおかしいなーとは思うところがあるわけ
でも何故か直そうとしても直せない。周りが嫌がることは大抵分かって
きたから極力避けてるんだけど、時々何でやったらいけないのかなーとか
思ってしまう。これは自分が子供だからなんだと思ってたんだけど
さすがに自分で悪いと分かっててしてしまう部分は酷いと思う。
どーすりゃいーのかな
さすがに犯罪レベルのことは悪いと分かってるからしないけど

ってなんか人生相談みたいになってしまってスマソ


36 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/04/30(日) 23:59:08
同じ人間なんて居ない。結局誰だっておかしい。君はそれなりにおかしいし、周りの人間もそれなりにおかしい。ここはおかしい人間が、おかしい人間をおかしいって言う、おかしい社会なのだ。

37 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/01(月) 23:33:59
すいません 連休の為仕事が忙しくココに書く時間ができそうにありません 誰か五月九日まで保守をお願いします。

本当にすいません

38 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/02(火) 23:06:58
ほんの一握りの糞野郎のせいで、なんで無関係のモンまで規制を受けにゃならんのじゃ!


(´・ω・)

39 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/06(土) 15:02:18
少し時間ができましたので今日出来るだけやってみます。

40 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/06(土) 15:12:16
>35
『自分の考えに反して行動してしまい、やめようと思っていても自分の意思ではやめられない。』
と言うことですよね
難しい問題です。
依存症に似たものなのでしょうか、依存症には『頭に浮かんできては言葉に縛られ、思ってもない行動』をしてしまうモノがあるそうです。

>35さん病気なんかと比べてしまってスイマセン。

僕の考えでは『自分は子供なんだ』と思いこんでるのなら大人になれば治るとおもいます。
ブラシーボ効果です。
>35さんにとって成人とはまた別の大人と云う意識を乗り越えれば治りますよ、前向きに生きましょう。


人間は思い込みで生きているのですから。
では失礼しました。
また夜に

41 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/06(土) 19:02:16
>36

可笑しいということは
おかしいということ。
何故、面白いと云う意味が変な、意味の分からない等の電波な意味合いになってしまうのでしょうね?

日本語は難しいです。


42 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/06(土) 19:12:00
>38
釣り竿と網の差です。
人は一匹釣り上げるよりも網で多くを捕まえる方が楽と考えてるんですよ。

言い訳っぽいですかね…

では失礼しました。

43 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/06(土) 23:15:51
ニヤニヤ

44 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/09(火) 01:11:00
みやびさんお帰りお待ちしております
GW休暇ですかね?

45 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/09(火) 01:17:19
電波ってなんですか?
お花畑ってなんですか?
電波・お花畑板ってどんな板ですか?
自己紹介 ほのぼの 夢・独り言
ラウンジ ロビー 厨房 なんでもあり板などとの違いってなんですか?

46 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/09(火) 09:54:30
妄想テクノロジーがこの板のウリ

47 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/09(火) 21:09:11
>44 帰りましたよ。GWは返上して仕事で…稼ぎはまあまあでした。

>45さんの疑問を僕なりに答えるよ。
僕の考えは>46さんの意見と同じ。
この板は夢や独り言とは違う『妄想』に絡みつかれてる…それを誰も止めようとはせず、垂れ流している。

電波は素晴らしい場所ですよ。

では失礼しました。

48 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/09(火) 23:28:50
>45
共感の放棄

49 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/09(火) 23:35:31
>>48
同意

50 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/09(火) 23:40:39
妄想の共感は?

51 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/09(火) 23:41:59
>>48
同意
ウマイコトイウナ

52 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/09(火) 23:45:43
だな

53 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/09(火) 23:56:56
ここいいな
共感はこの板にあわない

54 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/05/10(水) 04:04:15
GWは東京にいってたよ。
警察官の人はなかなか親切だったよ。
>>35
周りがおかしいからこの行動がおかしいと決めるのは少し早計な気はするけれども、
自分でやりたくない行動をやってしまうのはやっぱり気分のいいものではない。
長い間そういうことになっているのならそれを昔から繰り返しているうちに習性となっていたり、
また過去に意識の底に張り付いた暗示のようなものが原因だったりする気がする。
そういうものを見つければ気分も一新して自分の感情を操りやすくなるんじゃないかね。
>>40
精神病というのはなんかなぁ・・・社会に適合できない人間を特殊であると結論づけて
それを無理に一般的なものに矯正している感じで胡散臭い感じがするんだな。
心のシステムなんてぜんぜんわかってないのにな。
あと「子供だからか」っていうのは文脈的にちょっと違う気が・・・
>>38
一度どこか高いところに登ってみると良い。人間がどいつもこいつも同じに見えてしょうがない。
どれが悪いやつでどれが良いやつなんてのは高いところからはわからない。
また今さっき無関係でとても良心的な人間がある日突然後ろから襲い掛かってくることがいつおきるとも限らない。
さっきまで良心的だったコテが突然名無しになって自演を始めるなんて2chじゃよく見る光景だよ

>>45
>>48でもうよくね?
メンヘラな馴れ合いスレも最近は多いが。



単発的な質問応答スレになってきたな。
もっとひとつの議題を長く話したい・・・。

55 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/10(水) 11:24:20
討論しにきたよ!

56 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/10(水) 13:41:55
共感の放棄が共感される辺り、この板の真骨頂
「みんなに分かってもらいたい」レスより
「おれはこうおもう、あとは知らん」的なレスの潔さが
深いところで共感を呼ぶ。それが電波なのだろう

57 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/10(水) 14:09:14
他板ならスレの流れを気にして、今レスしたいってことも押さえるが
電波板ではそれが余りない、だって今ピキーンってキタんだもの、それでいい
だから変な話、2ちゃんがスレ内もツリー形式で、話題が拡散していれば
電波板はなかったかもしれない
みんな、,型にはまることに疲れている
だから、型にはまらない電波板という型にはまってるスレに、疲れた私はここにきた

58 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/10(水) 14:16:40
専ブラで表示される最期から3レス前ぐらいだけ読んでレスしてるよ
いまなら>54-57かな
その3レスだけで私の脳はピキーンと活発になって
指が自然に動いているんだから
私の成分はその3レスでできているのかもしれない

59 :58:2006/05/10(水) 14:20:15
わあ読み直したら「ピキーン」って言葉は
>57から来ていたんだ
やっぱり私の成分には>57が含まれてる
それはとてもステキなことなんだな

60 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/10(水) 14:57:10
おれがおまえでおまえがおれで!人類補完計画発・動!!
だから昨日もビューロランドで話したようにエヴァンゲリオンがヒットしたのは
大多数の文系が持っている理系コンプレックスを適度に刺激してやったからなんじゃなくて
科学知識と同等に、いやそれ以上にキリスト教的宗教観を持ち込んだからなんだ!!
最新の知識が最古の知識と邂逅する時人は夢を見る、人類全体の謎が見え人類全体の謎が解けたような夢を見るんだ!じっちゃんのナニかけて!!
そんな昨今、理系コンプレックスだけを前面に押し出したアニメの何と多いことか!!だからガンパレードマーチオーケストラみたいな大変残念なことになるんだ!!

61 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/12(金) 00:13:27
凄い!人がこんなにいるなんて…

精神病を悪くは言わないでくださいよ。精神病と言うモノは人間が作り出した病気なんですから、人は解らないモノに対してなんかしらの理由が欲しいのですよ。だから『精神病』っていう名前だけの病気を作ってしまったんでしょう。

今の高校生はうつ病の演技をすれば校欠になれると思いますよ〜心なんて読めないものですし。

まぁ医者さえ騙せればですけどね。

『共感の放棄』良い言葉ですね。意見だけで良い…
自分を曲げずにいけますからね。

続編と言うモノは作ってみないと解らないんですよ…どんなモノ作ろうともドコか一つが重なっていれば続編である。

昔の栄光を越えることは人間も漫画も難しいものなのでは?

世の中、ヒーローだって苦労するのですから僕たち一般人はもっと苦労しなくちゃ生きられないのですかね〜?楽してまで生きたいとは思いませんが不公平な人生だけは過ごしたくない自分が居るのですよ。

では長文失礼しました。

62 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/13(土) 23:00:34
老化現象について…
遺伝子とは何故に老化現象が起きるのでしょうか…成長とは老化の線上の意味ない通路なんでしょうか?

〇成長し過ぎた人は遺伝子の情報量に狂いが生じ老化が進み死に至る。
〇遺伝子上に人の死は組み込まれている
説としてはこの二つが有りますが…
どちらも意味がつかめないんですよ。

前者は情報が多ければ早死にするのかと…?

後者は神様を信じすぎじゃないのかと?
誰か意見を書いてもらえると嬉しいよ。

では失礼しました。

63 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/13(土) 23:11:20
上のエヴァの話じゃないけど
使徒っていうのは死なない愚者で
人間っていうのは死ぬ賢者らしいよ
どうも愚者=停滞、賢者=変化の構図があるらしい
賢者が川を好むのもそのせいかもね(?)
変化が至上で、そのための装置が交配だとすれば
(生老病)死すらも変化の一つに過ぎないのかもね

64 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/14(日) 02:16:47
あげ

65 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/14(日) 22:04:58
停滞と流動について僕なりの答えを書くよ

永遠の命とは…

〇細胞がソレ以上(ある一定以上)の固まりとして永遠に変化しない状態

もしくは

〇ある形を永遠に再生し続ける状態

記憶は永遠の命になってからは減りも増えもしない一定をずっと続けるでしょうか…なら、体を鍛えても肉体は変化せず筋肉なんてモノはつかないんですかね…?

前回話した老化の話ですが後者の遺伝子に寿命まで続く装置が人間の体には仕組まれていると話しました。

僕は宗教的な考えであると思っていたら、どうやら違っていました。

人間の血圧のことを言っているのかも知れませんね…血圧は加齢とともに上がり高血圧症を引き起こすそうです。

まぁ寿命=老衰と考えていたわけではないので…こんな答えも有りとは思っています。

では失礼しました。


66 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/16(火) 23:04:49
誰か来て…涙

67 :春日春日:2006/05/18(木) 08:21:10
シャワートイレって
ブリして→シャワーして→拭くの?
ブリして→拭いて→シャワーして→拭くの?

68 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/18(木) 20:54:33
後者のが清潔感がただよってる気がするので僕は後者をお勧めするよ

69 ::2006/05/18(木) 21:41:19
悩むくらいなら糞なんかしなきゃいい

70 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/20(土) 00:14:19
生理現象を無視するのはかなり難しいよ
クソは人間我慢できて74時間らしいよ
頑張ってみてよ

71 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/21(日) 21:25:15
魔術と錬金術はどう違う?

72 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/21(日) 21:49:58
>71
目的が違う。歴史が違う。

73 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/21(日) 22:00:09
魔術でも錬金術でもある空間で物質交換している…

違いかう〜ん

こういうの苦手だよ。

誰か頼むよ

74 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/24(水) 11:39:00
目的のための手段が、手段が自己目的化してしまったかだけの違いじゃないすか?

75 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/24(水) 22:22:43
魔術と錬金術に変わるなにかってあるのかな?


僕は科学しか思いつかないのだけど…

76 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/24(水) 22:44:19
科学と疑似科学。宗教。ニューエイジ思想。

77 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/24(水) 23:38:15
科学
それ以外はすべて空想学

という考え方で良いのかな?

78 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/25(木) 00:04:37
>77
その考え方は危険。
例えば漢方なんかは「東洋医学」だけど科学では解明できない。
(原理が科学的ではないとされる。)
だけど「東洋医学」の考え方で人間を治療できちゃうのだ、実際にはね。

ホメオパシー(パワーストーンで患部を撫でさすったりする代替医療)も
ヨーロッパでは医療の一部(西洋医学に頼りたくない人の選択肢の一つ)なんだけど
「科学的」ではないけど、実際にそれを病気の予防・治療に利用している人がいる。

79 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/25(木) 22:17:21
むしろ科学こそ空想的と思う
でも実際に治療が出来るかどうかは「学」とは関係が無いと思うよ

80 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/26(金) 00:17:18
>78>79レスサンクス
たしかに医学は良くわからない力で治るものがあるね。
そういうのは思い込み効果の自己治癒力向上とかだと考えているのだけど…良くわかんないや。

科学については『自然現象をうまく説明するための仮説』という考え方があって僕はこの考えに賛成している。
『現時点でわかっているものをただ解釈しやすいように説明しているだけに過ぎない』ってこと

なんとなく
エジソンを思い出したよ。エジソンは失敗を『成功しないと解ったから成功だ』と言い切ったらしいね

81 :電帝 ◆m7nEmPw22. :2006/05/27(土) 14:42:45
少年法の適用は年齢ではなくセックス経験の有無にすればいいのではないか

82 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/27(土) 21:38:41
客観的な判別が出来ないと思う。
女子は処女膜の有無で分かると割り切っても、男子は判別法法がないんでは?

83 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/29(月) 21:35:13
法なんてものは一度やってみてからやれば良いじゃないかある地域では『この法案』でとなりの地域では『また別の法案』これだけ人がいるのに仕事と金がないなんて世の中おかしい気がするよ。








飲みすぎで目が霞む

84 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/29(月) 21:40:04
ホリエモンと村上ヨシアキでは何が違うの?

85 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/30(火) 19:32:31
>84

中身かな…

86 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/31(水) 19:05:12
ここが噂のどんなクソスレにも適当にレスするスレですか?

87 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/05/31(水) 23:07:32
>86そんな素晴らしいスレ今まで出会ったことないよ…

君の力でその理想のスレを作り出して見てはくれないかい。

88 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/31(水) 23:24:12
どんなクソレスにも適当に全レスしてみる 2
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1085331218

これか?スレ主いなくなったけどな

89 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/01(木) 22:21:40
>88…イヤあんまり良いスレにはならないらしいね。

まぁココは適当に疑問をぶちまける場所だと言うことにしましょう



90 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/02(金) 00:20:02
上げてみる

91 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/02(金) 00:53:22
比較的楽な自殺方法Part9
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/mental/1144064130/l50
【募集禁止】練炭自殺12【雑談ご法度】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1136173853/l50
【練炭自殺総合3】練炭自殺総合3【練炭自殺総合3】
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/dame/1143411968/l50
そうか!練炭焚いて一酸化炭素中毒氏だ。 part25
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/mental/1144388056/l50
自殺します
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1148810607/l50
【自殺】死にたいです【願望】15
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1147610339/l50
もう自殺しか道が残されてない人 2人目
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/dame/1147176406/l50
☆自殺したら地獄に行くというのは無知蒙昧2☆
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148665740/l50
【わいわい】自殺仲間募集スレについて Part2【がやがや】
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1135477655/l50

92 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/02(金) 19:09:54
>91はやまるな…

93 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/04(日) 22:34:53
他人と自分の違いについて…

あなたは他人に疑問を持ったことはありますか?
無い方は良い生活をおくっているのか気にしていないだけでしょう。
有る方はどのような違いが有るかお聞きしたいです。


悟り、テレパシー、以心伝心

これらは『ある一定の情報』から読み取って、いくつかある『答え』を導き出し『特定の人物』が、たどり着くであろう『答え』を述べているだけである



94 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/07(水) 11:57:19
>93
質問が不明瞭なのでもう少し詳しく。
他人に疑問って、どういう風に?何故?


自分以外の人が他人。
他者の存在を認め、他者と比較することで人間は幼児期の全能感から抜け出すことになる。

95 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/07(水) 22:23:37
>94 独我論の話です。
何故、人物は存在しているのか?

自分が在るのは自分だからわかる…
『自分以外は全て空想かもしれない』と言う考えを持ったことはありますか?と言うことです。

二度デマにしてしまいすいませんでした。

僕は小さい頃、時間軸は違うのに同じ世界にいて『過去』『現在』『未来』が混同して存在してるんじゃないか…っと考えていました。

他人の空似を見ては『アレは未来の○○くんだよ』とか空想していました。

まぁ、ドッペルゲンガーの話が好きだったので…
こんな感じです。

すいません長文失礼しました。

96 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/07(水) 23:52:19
右足親指の甲側(ツメ側)の感覚がおかしい。
長時間正座した後のような感覚の鈍さ。
私は病気ですか。

97 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/08(木) 22:14:41
>96

六本目の指が生えてきます。お大事に

98 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/09(金) 00:06:45
世界は一つなら独我論
他者と自己を分ければ独我論でなくなるが、二元論になってしまう
多元論の場合は独我論というか、むしろ我の方が怪しい感じか

独我論だけが他者が存在しないけど、他者を包括しているともいえる
二元論は他者が存在してるけど、他者との間に越えられない断絶がある
でもどのみち『自分以外は全て空想かもしれない』の類の事を否定する事は出来ない

99 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/09(金) 00:47:30
胡蝶の夢。
自分自身が誰かの夢の登場人物である可能性。

100 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/09(金) 20:31:14
二元論…ですか

難しいですね。

空想なら相手は自分の中に存在しているだけになります。
その『相手』は自分の別の姿…もしくは
気づいていない外界からの情報で作り上げられた『モノ』

のどちらかになるわけですが…

その『相手』もしくは『モノ』に接触した場合…


その自分ではナクナルワケデ『相手』や『モノ』がワカラナクナル

あぁわからないよ

101 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/09(金) 20:38:15
>99
自己を考えて考えて出た答えが他人の中…
一番、行き着きにくい場所だと思うのですが?

親の持ち物のような生活
もしくはイジメ

下についた人が見てしまう夢のようで…

>99さんには関係ないでしょうが少しいやな…くだらない妄想をしてしまったようです。


すいません失礼しました。

102 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/09(金) 20:47:10
朝鮮人を日本に大量移住させる法案、今月中に成立予定
http://www14.atwiki.jp/akiramenai/pages/4.html
http://karutosouka1.hp.infoseek.co.jp/index.html

おお光も抜きつつまだ見えぬけれども子供たちは水の中で笑う
助けて

103 :眼球:2006/06/09(金) 20:51:23
遅レスですが、極論として
自分の五感と記憶すら不安定で不確定なものだから
現に今ここに自分がいる、という認識も不確実であり
自分が確実に存在する、という絶対の根拠もないのかも。
自分そのものが不安定だから
他人や自分のまわりのモノの存在も
確実とは言えないのでは。

104 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/11(日) 07:29:24
動いてる電車の中で真上にジャンプしたら落下点は変わらない??

105 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/11(日) 12:28:04
>103
面白く怖い考えですね。自分自身がわからない…
『自分が自分であるか解らない』と言う話で聞いたことがあるモノは、とある事故で失明してしまった人の話があります。

記憶は有限です。

映像は永続性があってこその記憶です。

暗闇は…怖いです。

>104
電車内の窓をすべて開け
車両を繋げるドアを開け
垂直飛びすると移動します。

電車内では空気の移動が少ないから空間自体が電車と同じ方向に動いている。
そのため垂直飛びしても空間内にいる人は電車と同じ方向に力を受けているので同じ地点に足を着けることになるはずです。

106 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/06/11(日) 18:36:33
>>95
「私」という概念を正しく捉えてないから独我論的な発想が浮かぶ
と大学の教授ちゃんが言っていたが
僕は視点の問題だと思うなぁ。第三者的な「神の視点」を信じるか信じないか
独我論も神の視点も証明が不可能だから論争が起きるわけで
あらゆる論争も「証明不可能」という点から始まっている気がするな。

「我思う故に我あり」
「他人によって自分の意識が操作されている」と仮定すると、我はどこに?

107 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/12(月) 22:14:25
証明不能要素まで話が進むのですか…

難しい話ですね。

証明できないから『有るか無いか』と言う話にはならない。
確かめる方法、論法がないかぎり意味はない。

自分を証明する方法がDNAや運転免許ぐらいしか思いつかない…


結論がないこそ空想なのですが、個人的に好きな考えに当てはめ独自性のある『答え』(自己にのみ有効な)を出したいですよね。

やはり僕は『平行時間同世界』と言うのが好きですね。

いろいろな意見ありがとうございました。

108 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/12(月) 22:29:14
すいません>104さん少し補足します。

動き出した電車に乗っている場合、動いている力は乗っている人にもその力が電車内でかかっています。

垂直飛びしても結局同じ力で平行に動いているため同じ地点に降りるのです。


では失礼しました。

109 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/12(月) 23:39:24
でも自分は言葉という共通プロトコルで世界や自己を再構成してると思うわけで
今やってるサッカーにしたって共通プロトコルがあるからこうやって色んな国の人が
一喜一憂するわけじゃないっすか、嫌う人は青いシャツ着てる人みるだけで嫌がるし
ベースボールドッグもモテル

110 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/06/13(火) 00:30:37
も う サ ッ カ ー の 話 す る な













orz

111 :名無しちゃん…電波届いた!:2006/06/13(火) 02:41:36
mp3ありますよね
あれは人には聴こえにくい超音波域をごっそりカットすることで
音楽ファイルの容量を圧縮してみんなが幸せになれる技術ですが
非可逆圧縮なのでCD並の音質にはなりません。それでも皆さん
ちゃんとCD並に聴こえているような気になってらっしゃいます
なぜかというと抜けデータを頭の中で補完しているからなんです
それは原音そのものではありません、原音のようなもの、ですね

これは自分が他者を造り出している例だと言って良いと思います
なぜこんなことをするのかと言うと、認識を安定させるためです
オバケでさえ形をあたえます、形の無いほうがもっと不安だから
だからここでパラドキシカルな認識の懐疑が起こってしまいます
安心の為に→認識の安定化→認識固定の強行→認識の懐疑→不安
ジグソーパズルの欠けパーツを自製して完成、喜んだのも束の間
ふと全体を見やると箱絵と全く違う自作のものが出来ていて愕然
そんな感じでしょうか

ただ、自作の元となる原型の存在については慎重に検討すべきです
それが存在しないのか、はたまた自作してしまった懐疑に囚われて
それが存在しないように感じるだけなのかは別の問題だからです。

112 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/13(火) 22:08:27
>109

媒体について、、、
人は『モノ』に対してひとつひとつ何かしらの知識を持っています。

その知識を特別に思うか思わないかで意識は変わってきます。

特別な意識、知識は『経験』です。

メジャーなモノほど騒がれやすいのは経験者が多いからですね。

>110

まだチャンスはありますから…応援しましょう


113 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/13(火) 22:28:19
>111

面白いお話を有り難う御座います。

ミュージックファイルが何故、 同じ曲なのにKBサイズが違うのかという疑問が溶けました。

作った人により違うというのは解っていたのですが『どうして』違うのかは謎のままでしたから嬉しいかぎりです。


自己が他者を作り出すのには理由がある…

その他者が『存在』しているか、していないか、によって状況が変わってくる。
存在しているからこそ…良いもしくは悪いモノに作り替える(逆転の創造)

存在していないからこそ…形を与える(根本の創造)


まぁコレは無意識に人がやる事がありますから、ストレスがたまってる時にちょっと気分を悪くするようなことを言われて相手を悪い奴だと思うのも他者の創造ですし。

幽霊なんてマンマですね。。。


長文失礼しました。ではでは

114 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/14(水) 01:20:32
>>111
圧縮ファイルの音質がCD並みに聞こえるというのは、補完というよりも
単に認識能力の低さに起因するものでは。
人によって、高圧縮(低音質)でも原音(CD並み)に聞こえるという人もいれば、
低圧縮(高音質)でなければ聞くに耐えないという人もいる。
これは前者が後者よりも音のサインカーブの脳内補完能力に優れているのではなく、
単に認識(識別)能力が低いために、カーブの荒さを判別できないため。
認識能力が低ければ脳内での音は精度の低いぼんやりとした曖昧な像を描いていると言える。
これは感覚器官から得た情報とそれから脳内で作り上げられる像の
近似精度が低いということに等しい。
(ただし、この像の生成を脳内補完と呼ぶことも可能)

後半については、不確定要素を認識確定することにより不安感を排除しようとすることについては同意。

115 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/17(土) 02:10:06
音楽領域の話になると僕は良く解らないや…細かくは人それぞれ違うものだ。ってコトしか理解していないな。

う〜ん、なんか書く気がなかなかでない。

悔しいのかもしれない。

まぁ皆さんに質問です。
あなたは音楽を聞きながら集中、出来ますか?


僕の場合は勉学、読書の時は静かじゃないと集中できない…

けど、運動や考え事は音楽があったほうが集中して上手くいくんです。


音と脳の力関係なのかな〜と考えています。

今日は上手く書けそうにないのでまた今度にします。

では質問に答えてくれると嬉しいです、長文失礼しました。

116 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/18(日) 00:08:37
あげてやるよ

117 :116:2006/06/18(日) 00:09:28
OTL

118 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/18(日) 19:39:35
>>115
うーん、場合によるなあ。雑誌とかぱらぱら読んだり
単純作業するときは何か聴いてたりするけど、
読書したり考え事するときは集中できないから聴かない
あと、することによって、ボーカルの入った音楽は気が散ってだめだったりする

119 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/18(日) 22:57:55
>118
そうですよね、音楽の種類によって集中力は変わってくる。
行動と音楽の差があるんですよ!しかしどれくらいの差なのか僕には解らないんです。

嗅覚と聴覚は良く解らない脳との繋がりがあるんです。

イライラにはポップな曲
悲しいときには伸びやかな曲
とか言われても…何でだよ!?としか思えないんですよ。

スイマセン自分の言いたいコトがまだまとまっていません。
失礼しました。

120 :眼球:2006/06/20(火) 13:08:50
身体と音については、
例えば囚人または捕虜を洞窟に閉じ込めて
ぽたぁーん、ぽたぁーん、と水滴が落ちる音を
聴かせ続けると、
水音のリズムと身体のリズムが異なる為に
だんだん水音に耐えられなくなり、
耳をふさいだり大声を出したり
最後には発狂する、という話もありますな。

121 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/20(火) 23:06:33
>水音のリズムと身体のリズムが異なる為

リズムか!確かに身体リズムは何かしらの関係を持っていると思います。
心拍数の上下で平常心を図りますしね。

身体リズムだとやはり運動面の効力が高く感じますね。
陸上選手や格闘家が良く「自分のリズム云々」云いますしね。

でももう少し考えないとイケナイ気がする…失礼しました。

122 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/06/22(木) 20:45:47
>>111>>114
自己の認識を安定させるために他者を制作するとする。
これを一般の観点からすると「他者は妄想」という考えになるだろうけど
ここで考えるのは「存在する」ことと「存在しない」ということのボーダー。
何を持って存在するとするのか。妄想もまた存在と仮定するとあらゆる
存在は存在することを免れないこととなる。
ここでギリシャ人は「イデア」のみが存在であとは偶像にしたのだが
その「イデア」こそが妄想で存在しない物だと現代人は考える
価値は主観によって相対物でしかないという観点に
特に9/11以降は回帰しつつある
神は死んだ!
となると絶対的存在が存在しなくなくなることになって
やっぱり不安になってまたこうした神的存在を制作することになる
となると他者こそが自身の存在を規定し制作している神的存在ではないか
なんかロジックがおかしいな

>>115
本を読むときは無音
料理をつくるときはクラシック
音という物に感情を持つ場合は狩猟時代の頃からの本能的なものじゃないかね
オオカミの夜鳴きが怖くてしょうがないのがホラー映画の効果音に継承されたり



以下について討論せよ
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B3%A2%E3%83%BB%E3%81%8A%E8%8A%B1%E7%95%91%E6%9D%BF
宣伝うざいとか言わない。

123 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/22(木) 21:37:17
狂人どもの終着駅→意味はないよね、なんかカッコつけてるだけっぽい

基本的に電波は陽性お花畑は陰性の狂人とされているが曖昧
→この板に陰性の奴なんていないと思う。

荒らし行為でさえ許容する混沌→そんなめんどくさいことしない

住民は「狂人であること」の深いところからの共有感があり、
板全体を通して平和な空間である。
→人次第だろうね、変な人もいれば真面目な人もいるし、
共感はできないけどなんとなく分かる人はいる。

狂人めいた文章や叫び、意味のない支離滅裂な書き込み、連想、場違いな発言、
いかれた妄想などから構成され、空気の読めていない書き込み
→この板の醍醐味

自己主張や自己表現の欲求が高いのもこの板の特徴。
→自分にルールを持ってる人が多いんだと思う在ることに対しては、


124 :ウフフ仮面 ◆dm.wv/0.Nw :2006/06/22(木) 21:56:30
なぜ自分は自分として産まれ生きているのか?
なぜあの人ではないのか?

『自分』って何?

125 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/22(木) 23:16:53
それをここに問い掛ける意識そのものを指すんじゃないかな
でもその意識がどこにあるものかわからない

126 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/06/23(金) 01:15:18
>>125
じゃあゲームのキャラクターのように意識を他の存在にゆだねられている場合は?
自分は自分ではなく彼なのではないか?

>>123
この板に陰性の奴なんていないと思う。
→馴れ合い系には結構いると思うがな

コテハンは明らかに多いと思うんだがどうよ

127 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/23(金) 01:18:54
>>126の言う陰性陽性がよくわからんのだが
陰性陽性それぞれどういう状態を指すの?

128 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/23(金) 02:01:30
>>127
一例として 電波は狂気・妄想・拒絶・攻撃・病的と、
陽性のイメージであり、お花畑は妄想・空想・受け入れ・白痴・ほんわかなど
陰性のイメージがあると言う意見もあるがはっきりと決まってはいない

とか書いてあった。
でもお花畑=陰性って言い方は違うよな?
他の語法が必要だろ

129 :うひゃw ◆wQqVnIo8ms :2006/06/23(金) 02:03:51
お花畑電波板連合軍ツツジ総統
(別動隊)
お花畑電波板連合軍参謀長、副参謀長、係長
お花畑電波板連合軍親衛隊長、副隊長、係長
お花畑電波板連合軍突撃隊長、副隊長、係長
(本隊)
お花畑電波板連合軍元帥
お花畑電波板連合軍第一師団
団長ロム子
大将、中将、少将
准将、大佐、中佐、少佐、大尉、中尉、少尉、上等兵
お花畑電波板連合軍第二師団
団長
大将、中将、少将
准将、大佐、中佐、少佐、大尉、中尉、少尉、上等兵
お花畑電波板連合軍第三師団
団長
大将、中将、少将
准将、大佐、中佐、少佐、大尉、中尉、少尉、上等兵
立候補者は希望部署を明記して下さい

130 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/23(金) 02:06:22
典型例が来たぞwwwwww

131 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/23(金) 02:15:25
>電波は狂気・妄想・拒絶・攻撃・病的と陽性のイメージであり、
>お花畑は妄想・空想・受け入れ・白痴・ほんわかなど陰性のイメージがあると言う意見もあるがはっきりと決まってはいない

拒絶と陽性 受け入れと陰性 矛盾してる気が・・・


まあ俺は淫性だがな

132 :125:2006/06/23(金) 03:12:58
>>126
自分=キャラクターの・彼=126 として考えていいのかな?

キャラクターはシステムとプレイヤーに基いた言動をとる人形だと考えてる。
要は操り人形みたいなもんで、ゆだねる意識自体を人形は持たない。
人間が他者に意識を奪われている場合が存在しないと思われる。

133 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/23(金) 03:17:20
>電波は狂気・妄想・拒絶・攻撃・病的と陽性のイメージであり、

もともと生物の本能であり習性でもあるので陽性ということ事態おかしい
陰性とはすなわち理性なので先に述べてる陽性を抑える役割かと思われる。

つまりイクときはイケってことだ。

134 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/23(金) 22:48:13
>122
>自己の認識を安定させるために他者を制作するとする。
この前提がおかしい

もし「自己の認識を安定させる」という意図を持っているのならば
既に自己が確立しているので、他者は必要ない

135 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/24(土) 02:42:36
「雑談系」と「連想系・世界系」は必ずしも排他的ではないわけか
ニコニコ精神病院関連はだいたい世界系で雑談系だし

136 : ◆KAWRYAHuVI :2006/06/24(土) 10:18:00
生命の起源はどこにあるか
海から出たなら遺伝子が構成されたきっかけは何か
宇宙から来たなら生命の発現のきっかけは何か
神はいるのか

137 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/24(土) 10:39:59
>136
>生命の起源はどこにあるか
たまたま。
>神はいるのか
人間が神を創る。

138 : ◆KAWRYAHuVI :2006/06/24(土) 11:10:14
もっと濃いのをくれよ

生命のきっかけになった偶然を引き起こしたものは何か
仮に神のような創造主が存在するなら
被造物の人間が神を創るってのは鶏と卵だな

139 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/24(土) 12:32:46
外出仕事中…
月曜日に帰るのでその時にはレスします。
ケータイじゃ無理…失礼。

140 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/06/26(月) 07:31:58
>>132
「持たない」っていうのが信じられないから怖いんだよ。証明できないし。ゲームのキャラクターはシステムがそれ程複雑じゃないから、
ゆだねる意識がないっていえるけれども。この場合のゲームのCPUが低いからそういう感じを受けるだけで人間の脳みその構造を完全に把握した
超存在みたいなのが頭の中をプログラミングしていて俺がそれにそった行動をさせられているとしたら。そうすると俺という意識は存在しなくて
俺はただの人形になるわけかな。

自分の肉体がいったいどうやって動いているのかたまにわからなくなってしばらくの間体が硬直してしまうっていうのはあるけど。これは関係ないか。


>>134
数学の証明で複雑な式をシンプルに書き直すみたくぐにゃぐにゃでよくわからない不定形の自分に形をつけるために他者という可能性を提示するといった意味だったが説明不足だったな。
(この際認識を書き換えるシステムは自己の外部に存在すると考える。つまり小説を書く際にその人物の社会的立場をはっきりさせておかないと人格がうまく設定できないようにね)

電波お花畑の陰性陽性はどっかのサイトから引っ張ってきた物なのでなんとも…わかりづらいし語弊もありそうなので消しといた。

>>136
生命の起源は不定形であった存在が個体として存在を維持しようとした何かしらの「意志」のようなものが感じられるな。

創造主としての神と人が作り出した神は別。人の作った神はあくまでフィクション偶像崇拝にしかならない。創造主としての神もまた
「存在するとしたら全てに説明がつく」としてある存在ならフィクションとして考えられるがそれはあくまで人間個人の視点のみを真実とした
一元論による考え方。他者の視点を容認するとしたらその「生命の起源」たるものこそが神といえるだろう


141 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/26(月) 19:37:57
>124
自分とは何か? 一つのくくられた世界です。解る事もあれば解らない事もある。
単純なものが集まってできた複雑なものです。

>125
意識…気づくという意味。 何処から来るかは解らない…

>126
コテは自己主張の表れでしょうか? 他人との違いを明確にしたいのでは?
自から他人になりたいのかもしれません。狂ってるのを認めたいのかも知れません。

>127
陰・ネガティブ 消極的な行動・発言・自己主張
陽・ポジティブ 積極的な〜以下同文
と言う考えでよいのでは?


142 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/26(月) 19:41:24
妄想は共通項の考えなのでが、誰でもが強くすることのできるものです。
『妄想』はある意味除外してもらいたい。。。。

143 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/26(月) 19:57:21
>135
どんなところでも、結局は文字媒体の会話が元となっている
だからどんなに混ざっても同じに色になる。ようですね。

>136
「生命の起源はN・H・Oの三つの元素とカミナリ」
↑これは僕の独断的な考えですので気にせずに

これはチラシの裏ですが、、、
鶏と卵は鶏の祖先のほうが先に生まれました。
子を腹の外に出すと言う進化は『逃げ足を遅くしないため』と考えられます。



144 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/26(月) 19:59:53
神とは思想
考えても結論のないモノですね。

連投、長文、駄文、様々、、、失礼しました+。


145 :死亡フラグ ◆dO/3xnb3Jg :2006/06/26(月) 23:21:02
遺伝子を残すことが至上命題だとすれば
その可能性をなぜゼロにしてまで
自殺という戦略をとろうとするヒトがいるの?

146 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/06/27(火) 01:28:39
>>145
「死んでしまえば遺伝子が残らない。命題を捨てることになる」という考えは
その「自殺をするヒト」が一つの独立した個体であるという考えから発生したものか。
人類全てが一つの生命体として「ヒト」がその細胞の一つに過ぎないとしたらどうだろう
肥大化した細胞をある程度処理するために「死にたい死のう」と考えさせられているとは考えられないか?

単細胞生物のうにゅるうにゅるした生命体に意識、意志が存在するとしたら
それが群れ集まった群体にも集まったそれぞれの細胞に意識があるはずで
そしたら多細胞生物はどうか?ひとつの統合した意識が支配していると
本当にいえるのか?群体と多細胞生物なんて外側でくっついているか内側に
入っているかの違いしかない。ひとつひとつの細胞が意識を内包しているのではないか?
そうしたら今自分はどこから考えを発しているのかこの文章を書いているのか
脳髄が考えているのか?ひょっとしてこのキーボードをたたいている手が勝手に
考えて勝手に叩いているんじゃないか。

147 :テルル ◆m6KQDLGk/w :2006/06/27(火) 04:29:19
>>146
世の中って○?
人の塊で丸い?飛び出た部分は削られて?
なんとなく社会的に嫌われるものってきっと形を乱すもののことなの?
綺麗な○が一番落ち着く?
自殺って飛び出した場所に住んでる人?
ごめんなさいって思ってみんなの為に○を守るために
自分からどこか行っちゃうこと?


148 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/06/27(火) 06:33:25
>>147
>>146は遺伝子の観点から話したわけで。そういうのとは違う。
でも社会が○ということは少なからずある。ただその場合は自分からというよりは
全体を統率するシステムがその「形を乱す」ものを排除するわけで自浄作用ですな。
例えば「人を何故殺しちゃいけないか」というのもそのシステムが全体を守るために
設定した不文律だと思う。
ちなみにこのシステムは遺伝子的なものとは異なって、大小のコロニーのようなものが
重なり合ったり内包したり対立したりしているもの。
しかしそれらも巨大な一つのコロニーの内部で行っているわけで…ん、なんか混乱してきた。中断。


149 :死亡フラグ ◆dO/3xnb3Jg :2006/06/28(水) 20:17:01
ふむぅ
お偉いさんが神経細胞で、おれが皮膚細胞なら
全体を維持する為に喜んで死んでもやるのだが
実際そうもいくまいて
「私が死んでもかわりはいるもの」などとニヒルに言い切る為には
その「かわり」が全く同じ遺伝子であって貰わなくちゃ困るからだ
思うに
遺伝子を共有できていない言うなれば化合じゃなく混合の段階で
個が全体の為に死ぬるのは、個の戦略上矢張り不利だ
個が全体の為に戦略を立てることはない。そう見えるのは飽く迄
それが個の為になると踏んでのことだろう
つまり個が全体の為に死ぬるという戦略は個にとって特段益なく
個の戦略が狂わされた結果だと考える
誰に狂わされたか?
他の個によってである
世界はえげつないまでの生存競争で、知恵をつけた者同士が相争う
他を排する手段は、そんななか直接的・物理的な打撃から
間接的・心理的な偽計へとドラスティックに変わりつつある
つまり
ある個にとって最終的に戦略上是とされたはずの自殺は、その実
他の個によって戦略上刷り込まされた虚偽意識だったのだ!!

150 :134:2006/06/28(水) 22:30:52
>>140
私はロジックがおかしいのではなくて、あなたの前提がおかしい
おかしな前提から導かれた結論がおかしなものになるのは当然である
それゆえあなたの結論は間違いである
と言いたかったのだよ

151 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/06/28(水) 22:34:08
自殺は楽なのでしょうか? 逃げ道としては難しいのでは、やはりお金がらみになりそうですかね?

152 :眼球:2006/06/29(木) 12:49:39
人間が知性をもつようになり
得たのは自らの生を自ら決定する能力であり
すなわち思考である。
食事、繁殖、睡眠、排泄など原形の本能と
本能に結び付いた巣の形成などの副次本能のみで
生きる動物など生き物との違いである。
自らの生を決めることができるとき、
どうありたいか、どう生きたいかという生の内容の他に、
生の範囲の端としての自らの死を決めることもできる。
自殺は思考の行き着く終着点のひとつであり、
生き物として本質的にもつ生存衝動を
思考によって他の衝動を喚起し、克服できれば実行できる。
人間の理解において自殺とも受け取れる行動をとる動物の
自殺と人間の自殺の違いは
このあたりにある。
人間は生を決定する思考の自由があるゆえに
生き物にでありながら生き物の枠を外れ、
生き物としては不可解な自殺をなしうる。
ってところでどうでしょうか。

153 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/06/30(金) 10:22:57
何となく俺の言いたいことと相手のとらえ方がずれてるような気が・・・文章力がないのか俺は

>>149
自殺の意識=他者のため造られた虚偽意識
という部分は意見は似ているといえないこともないが
ここでの二つの意見の決定的な違いは
フラグ「他者による(ここでの個は自らの意識をもち、それは自律的である)偽計。戦略により死に放り出される」
俺「他者や自己全てを含めた意識が自律的であるとそれ自体は考えているが実は全体的な統合的意識による操作されて
おりその統合的な箇所から無意識的な部分または外的な部分に自殺を引き起こすファクターが発生するように操作される」
であって、「祖国のために散るのでありますっ!」ってわけじゃないのよ。
遺伝子の相違は「可能性」であって、操作している遺伝子の核の部分にとってはどの可能性が生き残っても特にかまわない
と思うんじゃないかな。

>>150
>>140は「自己の認識を安定させるという意図を」主観的な視点が「持っている」のであれば前提はおかしいが、
第三者的な視点からとらえると前提は矛盾無く機能するということを説明していたんだが。例えが曖昧すぎてわかりづらいかな。
>>151
常人には理不尽とも思える理由で死ぬ人もいるでよ
>>152
俺には本能と知性の違いが時々わからなくなる。境界が曖昧なんだ。
結局知性は本能の発展のようなものじゃないか?
本能は連鎖反応で起こるとか何とか理科の時間でいってたけど(この辺記憶曖昧)
知性も結局この連鎖反応が途方もなく複雑化したものに過ぎないんじゃないか?

154 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/01(土) 05:13:44
人は死によって産まれるとしたら
生は死であり、死は生である
この星が生まれてから人は数千年の時を受け
作られたもの全てを壊しながら、生かしてきた
始まりから終わりに流れていくうちに体が逆送転移を覚え
本来あるべき姿という枠は帰依により消去され
新しいものへの発展へとつなぐ事になるのだと思う
結局は人は人でしかなくAはBにはならないということなんだよ

155 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/01(土) 07:01:36
浪漫

156 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/02(日) 23:37:03
人生にロマンはあれど死にはないでしょう。

僕はまだ死について考えにくいです。
上手い発言が出来ませんでスイマセン。

157 :まさかの夢オチ ◆dO/3xnb3Jg :2006/07/03(月) 01:49:36
>>156
生がロマンなら死はマロンです
上手いこと言っちゃいました、ちょうど回文ですし



アーッ!

>>153
ふむぅ
全体的な統合的意識・・・か
おれの細胞でいうと、「おれ」が全体的な統合的意識だろうか
おれは、「おれ」というのは神経細胞の合議の結果だと思っている
>統合的な箇所から(発生した)無意識的な部分、というのは
「おれ」の意思統一の際に採用されなかった、しかし潜在的には存在している戦略の発露なんじゃないかと思う
働き蟻っていうのがいるけど、あれらは一見システムに動かされて不憫に見える
けれど働き蟻の個々の戦略を遺伝子レベルでみてみると
子を残す(同一遺伝子率?1/2)よりも
働き蟻(姉妹)の世話をする(同3/4)ほうが有利だと言うんだからぶったまげる
さらには、このシステムを裏で糸ひいているのは、女王アーッ!だめだまた次回

158 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/04(火) 23:10:32
蟻ですか!!!
最近は本当に難しい話題ですね…読むのがやっとです。
最近僕は、タイムスリップやら記憶回帰など 変なことを
調べたり考えたりしています。
どれも答えが出ないんですけどね、、、、


159 :ペロペロマン:2006/07/05(水) 00:53:22
蟻の話ですね!

働き蟻は奴隷です。つまり、卵の段階で他の蟻の巣から盗んでくる訳ですね。
見張りを立て、警備蟻を全て噛み殺して女王蟻(卵を生むのが役割で、デカイ
です)の生んだ卵を必要量だけ持ち帰ります。そして、盗んできた卵が孵化し
た時点で、その蟻は働き蟻となり酷使される。
のです。


160 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/05(水) 23:47:37
あり〜ぃぃぁ

161 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/07(金) 02:09:45
とらあえずage

162 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/07(金) 17:17:50
しかしニーチェの永劫回帰はすごい発想だよね
同じことの繰り返し、死んでも、生まれても
ほかの思想家と違うのは”全く同じことの繰り返し”
それはもうリセットという概念ですらない、”同じことの繰り返し”それですべて
もし生まれ変わってもまた7月7日がやってきて、またここに書き込む、”全く同じこと”を
だから、と続く
だから、どこにも逃げ場は無いしどこにも逃げる必要は無い

あどうも、以前のエヴァ厨です、今はノエイン厨やってます
これは、それを選択した僕とそれを選択しなかったボクとのパラレルな世界、のお話です
尾崎の歌にも、なくした1/2、なんて曲がありますけれども
本当にそれはなくしたのでしょうか、どうでしょうか
初めからそれは無かったんじゃないでしょうかね
無いそれに想いを馳せるから、空ろな喪失感に胸を痛める
そんなところなんじゃないでしょうか

今日の気分は昨日までの気分がもとになっていて
今日僕が話し掛けた人の反応は昨日までの僕との関係がもとになっていて
今日行きしに頭にぶつけた柑橘系の実は昨日までの膨らみがもとになっていて
今日その道を歩いたのは昨日までの習慣がもとになっていて・・・
最初の入力以外、すべては必然で、だけどそれが見えないからこそ、おもしろくて
最初の入力者は誰かとか、見えないそれが見たいとか、見えないそれ以外がみたいとかで、”いま”を楽しんでるんじゃないでしょうか

163 : ◆dm.wv/0.Nw :2006/07/07(金) 18:20:57
『ヒト』は、地球という巨大生命体に巣食うウィルス。
そのウィルスを駆除するため、地球はあらゆるワクチン(=ウィルス)を投与して来た。
古くは天然痘や梅毒、近年ならHIVとかエボラ。
人間がそれらに対するワクチンを開発するのと同様に、地球も『ヒト』に対するワクチン(=新種のウィルス)を開発していく…

などと時々考えてみたりする

164 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/08(土) 00:10:31
昨日の今日 みんな考えているようで考えていない流れ
 時間なんて過去と未来は何処までつながっているのか解らないですから
考え方次第で何処までも広がりますね。 僕は時間的パラレルワールドが好きなので
今と未来と過去をつなげて考えたくはないですねぇ
まぁ僕の意見ですからあしからず、、、、失礼しました。。。

165 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/08(土) 00:13:52
地球をデータベースと考えたら、地球にワクチンを落としているのは地球自身でしょうかね?
神の存在云々ではなく、惑星間の中で医者の役が務まるのはいますかね?

166 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/08(土) 00:17:02
途中送信してしまったOTL
医者役は太陽で光(紫外線などタイヨウエネルギー)が薬、看護婦は月だったらいいなぁ
一行だけですみませんがこれにて失礼します。

167 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/09(日) 00:43:17
月の看護婦

168 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/10(月) 21:42:11
誰もいない!!

169 :KingOfUniverse ◇667et8HPK2:2006/07/10(月) 21:56:12

 いや、私が来た!


170 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/11(火) 20:44:58
キング!!!???最近の疑問募集中です。。。。

171 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/12(水) 23:03:29
ナチュラルってなんだ

172 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/12(水) 23:26:20
http://m.ameblo.jp/m/blogTop.do?blogId=10001310222

173 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/15(土) 02:44:11
僕にはここは重すぎた

174 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/15(土) 05:10:42
つ レッドブル


翼を与える。

175 :KingOfUniverse ◆667et8HPK2 :2006/07/15(土) 08:23:39
talk:>>169 お前誰だよ?

176 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/15(土) 18:15:33
スレ一覧のカウントと実際のレス数が合わないのはどうしてだぜ?

177 : ◆MaDGrPHAPA :2006/07/15(土) 19:32:26
試されている

178 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/15(土) 22:31:56
未知が知りたい!!

179 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/15(土) 22:48:57
よし!本当に「未知」という名の女とめぐり合ってやる。

180 :板垣征十郎大将:2006/07/15(土) 23:05:08
知るを知るとし
知らぬを知らぬとす
これ知る也!

181 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/17(月) 02:59:47
あなたは全ての知らない事を知っている?

182 :板垣征十郎大将:2006/07/18(火) 00:52:23
知らないでおいて良い範囲なら知っている
私は深海魚だ、目が見えない、空は知らない
もし空を知ってしまったとする、私はあこがれる
そこを目指す、光が見えた気がした、内臓が飛び出した

183 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/18(火) 22:34:15
>182について自分なりに考えみるよ
物を知るときの感情によって人はどれだけ動かされるのでしょうね…
知らないものにある魅力は追いかけたくもなるでしょう
自分がどれだけ傷ついても、知を目指す方は探偵くらいでしょうかね?

ではくだらない意見、失礼しました。

184 :カナリエ瑕疵ズム ◆groMilKs4. :2006/07/18(火) 22:44:50
吉沢さんのペットが殺されたようです。
それは首の骨が折られていました。
死因は窒息死でした。
絞め殺された後に首をへし折られたようです。
体はプリンのように軟らかくなっていました。
後頭部を支え抱き起こすと骨が簡単に突き出たそうです。
肋骨の中に出来損ないの小さな猿っぽいのがいたらしいです。
あまりにも憎くて憎くて吉沢さんは殺したそうです。
この件に関し情報求みます。

185 :板垣征十郎大将:2006/07/19(水) 19:12:39
私は何も知らない、海の底に亀裂があることも
空の向こうに見ぬ星があることも、地の底に内外核あることも
天の先がつねに膨張していることも
見たことはない、それらはすべて"聞いた"ことだ
不安である、だから知りたがる、だけど知りすぎると、もっと不安になる
だから決め付けなければならない、だから誤解がうまれる


186 :奇襲パン:2006/07/20(木) 09:52:51
いまぷっちょ食ってたら物凄い勢いで
人が知を欲する理由から己の存在を不確かに感じる訳まで
一気通貫で分かったぽいからちょっと書いとく

もし猿が人を育てたとする
するとそいつは猿になる、かしこい猿だ
いっぽう人が猿を育てたとする
するとそいつは人になった気になる、おろかな人だ

人にあって猿にないもの、それは知のデータベースとその利用権である
種族のこれまでの知識を記録し伝達するための、いわば人類共有の脳だ
猿はこのうち記録に重大な難点があるため膨大な量の知識をストックできない

言うても人は産まれたときは猿に毛が生えた程度の知能である
しかしその掌にはしっかりと知のデータベースの利用券が握られている
よく地位の固定化イクナイスタートは同列でなどと次期総理が言うけれど
猿からしてみれば人は物凄い好条件から種族間競争をスタートしている
猿からしてみれば人は親の地盤を引き継ぐ二世議員みたいなものである

187 :奇襲パン:2006/07/20(木) 10:06:08
この知のデータベースにはしかしトリックがある
というのも、人は知のデータベースを充実させることで食物連鎖の頂点に立った訳だが、同時に
食物連鎖の頂点に立ち続けるために知のデータベースを充実させ続けなければならない至上命題を負わされた
だから人は知を欲し続ける、今度は人が知のデータベースの婢(はしため)になってしまった訳だ

人が何かを知るための二つの方法
体験するか、伝聞するかであるが
この伝聞の大元こそが知のデータベースに他ならない
人は自分の脳のもいっこ上にこの人類共有の脳をくっつけることで人間になれる
自分の脳と人類共有の脳とがしっくり来た状態を自我同一とか社会化とか言うのかも知れない
ただしこいつはあくまで擬似の脳だ
己の存在を不確かに感じる類の哲学的発想は明らかに伝聞由来の知であるが、これは
擬似の脳が己の存在を不確かに感じるなどと実の脳に訴えてかけているようなものだ

188 : ◆MaDGrPHAPA :2006/07/20(木) 12:52:39
global brain

189 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/22(土) 01:05:08
はい!難しすぎて眠い

190 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/22(土) 07:54:33
>>189
知を尽くし精神を尽くして理解しろよ

191 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/24(月) 22:58:48
まぁ適当に考えてみるよ、、、
猿が人を育てた場合、人は猿になるか? 知能で行けば猿になるのかもしれない…
猿としての生き方を学び猿の言葉を理解するかもしれない…
この状態を退化と考えると猿として育てられた人を保護して教育し差異性を明らかにすると
教育というモノは進化の過程になりうるという訳で知識は進むべきものになる。
この猿に育てられた彼は猿と人をつなぐ通訳になるかもしれない… まぁ誰も信じないでしょうけど
僕はバウリンガルとか信じれないほうなんでね
人が猿を育てた場合、猿は人になるか? 知能は向上するが猿にしかなれないと思う…
脳みその許容量のさもあるが、人の生き方を学ぶのは難しい。 複雑すぎる
人の言葉の末端「単語」として覚えることはあるでしょうけど…結局は猿回しが関の山でしょうね

猿の知のデータベースは一応、存在する。  食を得るための知、生きるため知、
猿は食べ物を得るためなら人より上に立とうとしている。 結局は力で得ようとしか考えていませんけどね彼らは

まぁこんな感じのが出ましたよ… 長文失礼しました。

192 :(*゚ー゚)@ミルキーちゃん ◆umMILK6qCE :2006/07/24(月) 23:03:15
職場に行くと鬱になるんです。

193 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/24(月) 23:05:38
何で?


194 :(*゚ー゚)@ミルキーちゃん ◆umMILK6qCE :2006/07/24(月) 23:09:20
人見知りだし、話相手いないし、他全員男だし、
お客さんも男しか来ないし、共通の話題もないし、
孤立だし、弱気になっちゃうし、
自分ってダメだなって思っちゃうし、ますますやる気なくしちゃうし、
暗くなっちゃうの。

195 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/24(月) 23:11:35
なんともまぁ、大変な仕事してるんだね

196 :(*゚ー゚)@ミルキーちゃん ◆umMILK6qCE :2006/07/24(月) 23:19:11
仕事はね、平均よりは楽だと思う。
精神面がねぇぇぇぇ。。。。
もともと、私は精神面で弱いのだろうよぉぉ。。。
どこの会社にいっても、そこだけは自分の問題で、
自分が変わらないとダメなんだなぁ〜って。
でも、そこで上手くできない自分も居て、腹が立つし、情けないし、
はぁ〜。


197 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/24(月) 23:20:42
自分に対して怒りや不安を持てる分だけヨシだよ
自分を甘くすると人によってどんどん戻れなくなるからね

198 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/24(月) 23:21:20
アリの巣コロリってあるじゃん。
蟻の行列にポンと置くと、一瞬ビックリして列が乱れる。
邪魔だなと言わんばかりに迂回する列が出来る。
そのうち好奇心旺盛な一匹がアリの巣コロリに入る。
そいつをマネして何匹も入る。
毒とも知らずにツブツブを運び出す。一匹が一粒づつ。
いつのまにか行列はアリの巣コロリが折り返し地点になる。
黄色い粒と黒い蟻が作り出す模様は綺麗で見てて楽しい。
一匹が一粒づつ、丁寧にせっせと毒の粒を運ぶ。
せっせと、せっせと、せっせと、せっせと。
蟻さんって働き者だなと思う。俺も頑張らなきゃなと思う。
次の日、あれほど沢山いて俺を困らせた蟻が一匹もいない。
ほんとにいない。探してもいない。泣きたくなった。                   


このレスを見た人は4日後にあなたの大切な人がいなくなるでしょう・・・・
それが嫌ならこのレスを5つの板にコピペしてください。 
信じるか信じないかはあなた次第です。

199 :(*゚ー゚)@ミルキーちゃん ◆umMILK6qCE :2006/07/24(月) 23:25:45
それが度を超してるのかもと思うのです。。
自分のやる事なす事に不安を感じてしまう。
これでいいの?
他の人だったらどうするんだろう?
私って変だと思われてるかな?
こんな私、どう見られてるのかな?
自信がなくて、どんどん憂鬱になっていくのです。
明るく楽しく暮らしたいよー。


200 :(*゚ー゚)@ミルキーちゃん ◆umMILK6qCE :2006/07/24(月) 23:26:35
>>198
バカあぁぁぁぁぁぁ。。。。鬱

201 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/24(月) 23:27:34
明るいは難しいのですよ…自分を押し殺しても駄目ですし。


202 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/24(月) 23:29:12
自分の事を考えない人はほとんどいません。
自分に自身を持っているかもっていないかくらいでしょう

203 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/24(月) 23:43:56
とりあえず今日は寝かせていただきますね。(*゚ー゚)@ミルキーちゃん ◆umMILK6qCEさんがんばってください

204 :(*゚ー゚)@ミルキーちゃん ◆umMILK6qCE :2006/07/24(月) 23:45:11
ありがとう。
無理しても辛くなるだけよね。
流れにまかせても何も変わらないかも。
天秤に乗せても決着が付かない。
どちらにしても楽な道は無いのね。

人によって態度が違うのは普通でしょうか?
家の顔と外の顔が違うのは普通でしょうか?


205 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/24(月) 23:45:59
猫はかぶるものですよ おやすみなさい

206 :(*゚ー゚)@ミルキーちゃん ◆umMILK6qCE :2006/07/24(月) 23:48:25
おやすみなさぁぁい。
人の愚痴、悩みを聞くのは大変なことなのよね。
ありがとう。
わがままなどうしようもない私に優しくしてくれて
ありがとう。

207 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/07/28(金) 20:03:14
忙しい…忙しく

心がけが亡くなりそう

未来型を心がけ
未来像を無くす

今日この頃

208 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/08/04(金) 00:52:06
夏休みで2チャンネルのアクセス数が増えていると聞いたのですが… だめだこりゃ

209 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/08/04(金) 00:52:51
保守したし寝ますね。

210 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/08/04(金) 00:54:06
http://www.sugikoto.com/gamamaturi.htm

211 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/08/05(土) 01:29:09
なんでも良いからお祭り行きたいねぇ

ガマ以外で

212 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/08/07(月) 23:09:00
自己開発についての考察を僕なりに書くよ

人間の体の行動と脳の行動(頭の中で考えたり再生したり成型したりすること)をどれだけ同時にできるか?

※五感は含まない

体的なもの
足と腕を動かす。この2つは同時にできる、まぁ走るとか歩くとかですね。
走るとか歩くなら手指も動かせる、これで3つ。首も動かせるけど長く続けられないので却下、歩きながらは難しい


考察1
体的なものは運動でなければならないでしょうね多分、料理や事務仕事では足を止めることがしばしば出てきますし。

脳的なもの
( ※頭の使い方は人それぞれ違うでしょうからコレは僕の容量です。)
1・まず頭中に良く聴きこんだ曲を脳内で再生する。
2・脳内に画像を思い出す。
( ※1と2を合わせて頭の中にプロモーションビデオ等、動画と音を同時に再生するなんてこともできる。)
3・1と2とは全く別の題材を考えたりする。


考察2
脳の行動は難しい…頭に絵や風景を思い出すのが難しい、1と3は簡単な方法で同時にできる「思い出の再生」をすれば良いんですから。

画像を完璧に思い出すのは難しいですね。まぁ最初は好きな人の顔とかでしたらできるようになるでしょう。



213 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/08/07(月) 23:14:55
結論
腕振りしてランニングしながら握力器をニギニギで。3つ

走ってるリズムに合わせて脳内で音楽再生、ゴール地点の想像もしくはゴール後の自分の絵を頭に貼り付ける。それでいてペースを考えたり時間を気にしたりする。で3つ


まぁマラソンが一番脳を鍛えるトレーニングかなwww

あぁ馬鹿くさい 長文失礼しました。

214 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/08/07(月) 23:23:25
そういえば
自分を小説に書くと何ページになりますか?って言うのを思い出しましたよ


ページが多い人ほど自己に充実してるかいろいろな経験をしてるらしいです。

あぁ青春の1ページ 馬鹿馬鹿しいね では失礼しました。

215 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/08/07(月) 23:25:19
これはまさに
ペニス!
だね!


216 :-【存在】-:2006/08/07(月) 23:28:11
そ。

217 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/08/10(木) 00:10:53
ども保守です

おやすみなさい

218 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/08/10(木) 01:18:28
冬の2ちゃんねらーは全部で150人しかいないというのは本当ですかね。

219 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/08/10(木) 01:36:20
スカウターを使え

220 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/08/10(木) 01:38:57
一ヶ月保守しなくても落ちんだがや

221 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/08/15(火) 17:13:56
僕ぐらいは顔を出さないと誰も来なくなってしまいますから…

では失礼

222 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/08/15(火) 17:15:38


223 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/08/20(日) 03:21:16
お題まち中



224 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/08/20(日) 11:15:25
孤独について考えたことはありますか?

225 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/08/20(日) 13:42:56
孤独について考えたことの無い人間は、よほどの白痴か度を越えた寂しがり屋でしょう

226 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/08/21(月) 20:01:15
孤独について僕なりの意見を書くよ。

孤独というのは結局、自己の解釈の問題だと思うんだよね。
相手のことなんて一生解らないんだから、、、人間一生孤独なのではないかな?

227 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/08/21(月) 20:06:07
人間なにかのIST「イスト」もしくは「リスト」に含まれてると思うから前向きに考えましょう。

スイマセン時間がないので説明は略します。ではまた失礼

228 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/08/23(水) 08:34:04
これって虫の知らせ?

2週間ほど前、近所のジャスコで友達の奥さんと両方のお母さんと子供たちに会ったんだけどね。
いつもなら彼がいなくても"あぁ、また一人で遊びにでも行ってるんだな"ぐらいに思うんだ。
でもその時は得体の知れない違和感があってさ。
それが何なのか考えてたら先日、彼が海水浴中に亡くなったって。

今思うとその時、彼の魂そのものの存在感が無かった?
すでにこの世を去ってる…みたいな...

229 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/08/23(水) 22:23:17
記憶の方が変化したのさ

230 :めあかし:2006/08/25(金) 03:49:21
おれは家でゴロゴロTV見ていた時に
スピーカーから急に音が出なくなって驚いたことがある
ふとカレンダーに目が止まって、今日の欄「法事」
母親の七回忌のことすっかり忘れていたんだ
思ったね、やべ怒っとるって

でも改めて考えると妙だよね
あらゆる手段の中でなぜ TVの音 じゃなきゃならなかったのか
もっと虫の知らせに適した時間(死亡時間等)があるじゃないか

妙に感じることは多々あるし、多々あったんだと思うのだけど
うやむやなままそれは忘れられていく、何かが起こらない限りは

もし何かが起こると、何かと関連付けたくなる
亡き母怒る⇒TVの音消える、しかしこの論理性は証明できない
実は何かと何かを関連付けるという行為そのものが論理的な行為ゆえ
論理性のないものには関連性もないのである

虫の知らせ、この存在可能性は不明である
しかし亡き母怒る⇒TVの音消える、この関連性を問われれば
関連性の問題にしてしまった時点で、答えはノンである

231 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/08/28(月) 19:17:10
ずっと考えっていたんだけどわからない何なんだろう

偶然の発覚何じゃないかなぁ。
間違っていた時が伝わらなかっただけで成功しか知らないんじゃないかなぁ

関連性はなくても存在してるのかもしれない

232 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/09/04(月) 07:36:18
話すこともない。

233 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/09/05(火) 03:19:01
先生は教えて下さいました人生のムナシサを!!

234 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/09/08(金) 07:57:45
むなしさ、虚しさ、空しさ、ムナシサ…
なにも残らないこと…
失って出来るものなのか何もなくて出来るものなのか
心を空に虚にすることを教えるとは
さぞ過ごした時間を大切にしてる人なんですね。


久々の書き込みですが携帯からなので読みにくかったらすいません。

では長文失礼しました。

235 :何もかも嫌になった:2006/09/08(金) 16:53:32
私の先生も教えてくれました人生はムナシサを愛でるものだと
だってムナシサはウツクシサからうまれるのだから
ハナビのあとのムナシサ
マツリのあとのムナシサ
過ぎゆく日々のムナシサ
すべてが一瞬
だからこそウツクシクて、ムナシイ
一瞬がすべて
永続するもの?
ウツクシクなんてない、ムナシクないもの
私たちにできるのは、いや私たちにしかできないのは
ムナシサを愛で愛すこと
それはちょうど子を生み、はぐくみ育てるように
有限な私たちだけの特権
この子らは心の財産
だから時間のある人や、まだ何か出切ると思う人は
いまのうちに心の財産を増やしておくといいと思う
そうすれば、あなたがもしふとムナシクなったとき
無理に人と交わることで、外からの力に頼ることで、コドクとキョムをかたづけようとしなくて良くなると思う

236 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/09/10(日) 02:08:05
考える事は人間最高のアイデンティティだ
考える事をやめる者は、文字通り廃人同然
死ぬのが怖いものは、何をおいても、まず考えられなくなるのが怖いのだ

ただ今を生きる為に働く者も、何も考えず惰性で生きる者も、皆死ねばよい。それは文字通り「生きる価値が無い」のだ。

人は何故生まれたか。もう使い古された太古の哲学だが、やはり、他多数の人が言っているやうに「生まれた意味は無い。
ただ、死なない意味はある。」というのがつまるところの最も正解に近い、前向きで希望的な考えなのではないか。
人は人生というものを軽く見すぎである。もし、もっと爛熟した「今」を生きるなら、今こそ考えるべきではないか。

だが、困った事に人は物事を楽観的に見、適当に生き、多くを忘れる事によって何とか死なずにいる。
生物中最大の「怠け者」そして「妥協中毒」なのである。知能が発達しすぎたお陰で、やむを得ない事ではあるが。

237 : ◆MaDGrPHAPA :2006/09/11(月) 17:20:09
頭の中身を開いてくれなきゃ君の世界はみえない

238 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/09/17(日) 00:05:16
>だが、困った事に人は物事を楽観的に見、適当に生き、多くを忘れる事によって何とか死なずにいる。

これには納得するしかない…自分自身をみてなのか他人多数をみてなのかはわからないが「確かに」と思わせるね。

考えることは人により違いはない、みんな同じ事を最初は考えるんだよ。たぶんね…
考え方が違っているから行き着く場所が人それぞれ独創的なんだと思うよ。

だから他人の頭の中はわからない

明日からはいろいろと考えながら体を働かせてみるよ。


239 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/09/29(金) 16:45:48
海外臓器移植の是非について
先頃さくらちゃんを救う会で一悶着ありましたが
たとえお金が集まっても、移植してもらって助かる人が一人増えるのではなくて
移植してもらって助かる人が”変わる”だけだという主張に対してどう思いますか


240 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/09/29(金) 18:21:50
臓器保存が確立されるか部分クローンが出てくるか…

臓器移植は移植する人は助かるが臓器提供者は…どうなるのかまぁ明らかに別世界行きだと思うよ。
でも世の中には臓器提供意思カードって言うものがあって、役立とうとしてる人はいるんだよね。
限りがあるからこそ自分の一部でも来世につなげようとする人もいるだろうし
溢れている人間を一々助けなくてもいいんじゃないかと、思う人もいる

偽善が好きなのが人間、周りも幸せなほうが良いと思うのが人間

変わるって表現は少し違う気がするんですよ僕は、係わったか係わっていないか
何じゃないですかね?ようは立場の違いと偽善と命を天秤にかけている自己満足

僕の考えはこんな感じ…我ながらまとまっていない駄文でスイマセン

長文失礼しました、また何かありましたらよろしく。

241 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/04(水) 09:36:59
臓器を提供される「対象の人」が替わるって事かと思った
どっちにしろ一人を救うのに大金を注ぐ位なら
その金でもっと大勢の人を救う方が良いんじゃねえかなぁ
まぁこれも偽善なんだろうし本人目の前にしたら怖くて言えないわな
もし自分が同じ立場だったら・・・とかも考えたけど泥沼

242 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/10/06(金) 22:04:31
なんで募金集めるのは御餓鬼様の時だけなんでしょうね?
成長してからの臓器不全は?
調べてみるかぁ

243 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/10/18(水) 22:15:28
話す内容が浮かばないなぁ

244 : ◆MUMUMU4yyk :2006/10/18(水) 22:56:37
死に急ぐ鯨たちを読みたい

245 :ブサイクロン ◆.zSEkx8.5Y :2006/10/19(木) 12:49:44
ブサイクさんは風使いの怖さをしらない

246 :ブサイクロン ◆.zSEkx8.5Y :2006/10/19(木) 12:50:55
すまん風の行方をまちがえた

247 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/19(木) 21:37:26
吉田!!!!!!!!!!!!!!!!!

248 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/10/19(木) 21:52:38
今日も青い空でした、教室の置くの窓側特等席で
雲をながめながら数えるのは羊じゃなくて思い出で…

いつもさしのべる手を恥ずかしげも無くギュッと握って2人歩いた帰り道…
まぎれも無い初恋で体が今でもあったかくなるのは太陽のせいかな?
男「お〜い低血圧こんなトコで寝てると風邪引くぞ」
低血圧「う〜ん、、あー、おはよ〜」

ゆりおこしてくれる優しい声はいつも君で私は今日も手をさしのべる
君はギュッと握って引き起こしてくれるんだよね!私の初恋はまだ続く…
風とか吉田とかいい雰囲気だねここはホント

249 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/10/19(木) 21:53:15
なんか盛大に誤爆ったね

250 :長々みやび ◆qQpqjwojic :2006/10/29(日) 20:37:29
ココを捨てるよバイバイ

251 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/11/07(火) 08:42:34
燃えないゴミとか捨ててたらホームレスのおじさん拾いに来るよね。
あれ拾うと金になるらしくて。空き缶とか全くないのはそのせいかと。
というわけで捨てたなら引き継ぎましょうか。
俺がいなくなった直後からいくよ。


>>154
死によって産まれるという考えは仏教的だが実は科学的にもかなり近い感じがあるんだよな。
ただそこに魂が付随するかどうかという問題があるだけで。
>>154はつまり生き返りが定着するにつれて人間が死んだら元の人間としての魂が定着するということで
人は人にしかならないということなのかね。違ったらごめんよ。しかしこういった仏教的蘇りを科学から見て
再構成していくと例えば人間が死んで焼かれると一部は炭になり一部は煙になりという感じで分離していくんだな。
そうすると魂はどこに定着されるのだろう?やはり魂も物質と同じで定着するのかね。

>>157
栗っておいしいよね
じゃなくてなるほどその例はおもしろいな。働き蟻自体は「子を残すよりも次々産まれてくる働き蟻の世話をする方が最終的に有利である」と考えているがその意識を利用して女王がシステムを作っているということね。
俺自身は「その自我意識自体統合的意識によって作られたもの」としているがその方法だと自我に最大限の縛りをつけなくとも成り立つわけだ。

>>159
それは兵隊蟻の話だね。働き蟻自体は既存のシステムに従って動き状況が一変してしまったことに全く気づかないわけだ。しかしそもそも働き蟻にとって働く場所自体に価値を置いているのかね。状況が変わらないならどっちでもいいやとか思ってそうだが

>>162
永劫回帰は数ある思想の中でも最も鬱になりそうな思想だよな。それの反対として選択によって世界がいくつにも分かれる平行世界論があるがくらべてみると永劫回帰の方が理論的なんだよな。平行世界論はなんだか際限がない。
しかしそう考えると最初の入力者だけが世界を選択できる権利を持つわけだ。つまり最初の入力者の選択によってまた平行な世界がってまた際限ないジャン。



252 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/11/07(火) 08:44:51
>>163
「ヒト」もまた地球の戦略上の延長だと僕は最近考えているわけだ。
つまり長い自然淘汰による進化、それによる人間の誕生、その後の戦争による技術の発展。
人間の根源的な欲求である「持ってない物を持ちたい、知らない物を知りたい。持ってない物を持ちたい」というものは最終的に「外に出たい」という意識につながっていく
結果植物と同じで宇宙の広い範囲に種を植え付けることになる。
そのような知的生命体が宇宙に一杯でたころに「さて宇宙から出ようか」という話になる。現在では空間的に不可能とされているが実際空間三次元的な方法以外なら外に出れるんじゃないかとか
そうやって「外に出る。知らないことを知る。行けないところに行く。持ってない物を持つ」という欲求に忠実になればやがて「作られた世界」の外に行くことが出来るんじゃないかとか。
戦争で絶滅とかは自然淘汰の結果です。他の星の知的生命体が目的を果たすのでよろしくです。


>>164
現在過去未来をつなげて考えないとすると時間軸そのものが存在しないことになる
つまり某アニメのようにぱらぱら漫画的世界。外部からの干渉でタイムトリップは楽勝です。
また独我論的ですが過去というものが存在しているとは限らない。世界はほんの一秒前に産まれた可能性だって否定できないとか、攻核みたいに虚偽の記憶を埋め込まれた可能性だってあるとか。
みやびさんの「あの人は未来の某」とか混ざり合ってるのもおもしろいね。

>>165>>166
ワクチン自体は地球が作ってるけど見つけ出すのは人間ですね。地球という状況を補佐しているのは月や太陽だからお医者さんと看護婦さん的なかわいい妄想もありっちゃありですね

>>171
ロングマンで調べたが自然と言うより天然というのが近そう。振る舞いとか考えると。わはーとかは違うかな

>>174
300円は高いよ


253 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/11/07(火) 08:46:14
>>178-185
自分が知っているということでも本当にそれを知っているとして良いのかよくわからないよね。やはりラベルを貼る作業になるのかな
子供なんかも知って欲しくないこともあるし知ってしまったがために自分の人生が否定されたような気分になった経験がある人もいるだろう。まあ喜び悲しみは主観なわけだが。
探偵は金つかませたら調査も止めるだろう。
自分が他人から聞いた学んだ情報を信じられないとなると自分の経験が信じられなくなるのも近い。そこから懐疑論が始まっていくわけだが結局あらゆるものを疑っていては生きていけないだろうなと思うね。
どこまで信じることが出来るかというのはどこまで知ることが出来るかということと同義。キリストが生き返ったというのは信者の中では完全な事実。他の人から見たらただの妄言。
吉沢さんのご冥福をお祈りします。

>>186-187
前半でなるほどと思って後半で納得できない感じだ。「知のデータベースが伝聞の大元」というところからだな。
「知のデータベース」はあらかじめ鍵が閉められていて伝聞や体験からその鍵を精製して開けなければならないということで、人間と猿には作ることが出来る鍵の量または鍵を作る際の効率性に完全に差があるとおもっていい。
つまりストックではなく利用権の方を多く保持しているということだ。これが多すぎてどうしよう俺みたいな状態に人間はなっている訳か。
そうした時「疑似の脳が己の存在を不確かに」というより利用している側と利用されている側の差異が問題では?

>>212
体はわからんが、脳は小細工抜きで本読めばいい。映像や音楽は五感から間接的に脳に入るが
言葉は脳みそに直接流れてくる物だから本がいいとおもう。

>>224
人間は個体としては孤独で、他人を理解することもされることも完全に出来ない。理解しているように思っているだけ。集団としては逆に決して一人になれない存在。逆に息苦しいほどに人にあふれている。そういうシステムだからね。


254 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/11/07(火) 08:46:56
>>228-231
>>230みたいなのは普段バラバラに存在している情報がある状況に接して関連されてその状況を解釈するようなものの
正常な作動でそれが結果として迷信めいているから疑問に思うだけかもね。しかし>>228みたいな虫のしらせはなんじゃろな
霊魂関係になるとロジックが通用しないから何とも言えんが、五感に作用するのかな?

>>233-235
人生をむなしく思うのも主観じゃよ。視点を変えればもういいよってくらい飽食

>>236
死なない意味って何よ。個人的には「生きる意味なんて無い。でもわざわざ死ぬ意味もない。」という感じなので。

>>239-242
ググるのまんどくせぇなぁ。この文だけで考えるよ。
結局移植で人を救いたいと思うのも自己満足であってその人のためじゃないんだなと。別に百人だろうが一人だろうが
どうでもいいのよ。みやびさんと同じかなこれは



以上。
 

255 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/07(火) 18:52:53
久々に来たよ\(^o^)/
時間があるとき参加しようかな^^

256 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/13(月) 09:52:21
age

257 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/22(水) 20:58:11
討論しろよ

258 : ◆MUMUMU4yyk :2006/12/06(水) 18:48:14
毒電波ってなんだろ。
場という言葉がある。磁場、重力場........など。
空間のゆがみ。
もっと色々に拡張して使ってもいいと思うんだ。
ヒステリー場、躁場、鬱場、てんかん場.....
こういう考察をもっとすれば正体がわからんかもわからんかもわからん。

259 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/06(水) 19:03:56
毒電波コテといえば



260 : ◆KY0.lmbo3U :2006/12/06(水) 22:13:25
メソ

261 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/06(水) 22:19:20
rb@e
凄い真面目で読みづらい。

262 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/08(金) 00:24:05
もういっそ結論をつけよう

・どっちが優れてる?アクエリアスとポカリスエット

263 :コマネキ(owo)キング:2006/12/08(金) 00:49:58
ポカリのが勝ち組ってイメージあるけど。

264 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/09(土) 01:28:04
俺の印象では、アクエリ=FF、ポカリ=ドラクエよ
だから近い将来、コカ・コーラと大塚製薬の合併もあり得ると思うの

265 :しるこ缶:2006/12/09(土) 07:09:17
アクエリアスと思う
理由1.あと口が良い(ポカリは砂糖と酸味料がマイナス)
理由2.製品開発にかける予算のレベルが違う(↑アクエはいつの頃からか酸味料をやめてクエン酸、こんぶエキス配合で隠し味プラス)
理由3.最寄りのマルキで常時2リットル158円

266 :AMONTRUE ◆3/nyHiPEQU :2006/12/11(月) 14:47:01
>>258
言葉って言うのはその場で発した瞬間に成り立つものであり「ヒステリー場」とかいう言葉をむむむが使った時点で存在している
と言いたいところだけどここで発せられているのははどうしてそういう言葉が一般に普及せずにいたか、もっと使おうよみんなという問いかけであると同時に
こういう言葉に対する考察が毒電波という言葉の意味理解につながるのではないかという希望的考察であってそういうのじゃない。
「場」という言葉を拡張してむむむが制作した言葉は鬱場という例のように精神的状況に場という言葉を付して使用される言葉、いやどちらかというと精神病的状況に対して
使用されている。何故皆が使わないかと言えば皆の使う「場」は物理的な空間においての「場」であって正常な人間にとってそういった精神病的状況は「性質」「状態」に当てはまる。
そのためこういった躁場などという言葉はその「状態」に置かれた人間によって使われるものでその場はその人間にとって自身の状況「心の中にある異常な部位、場所」であると考えられる。
こういった言葉を使用できるのはそういった精神病的状況に置かれた人間を「演じて」いたり「共感」していたりあるいは「本当にそういう状況に置かれた」人間であって
そういう人間は一般的に見て少数であるがゆえに一般に普及すると言うことがないわけだ。「そう言う人間」のことを一部の人間は「電波」とよんでいる。「毒電波」を一般的に考えると
その「電波」が「一般的人間」にとって悪意のあるもの害になるものである場合に「毒電波」と名付けるのではないかと思われるが
しかし>>48で電波とは「共感の放棄」だと言う言葉が出たように、言葉というのは結局道具であり使う者によって意味が変わってくるものなので
結局自分にとって「毒電波」という言葉を「どう使うか」というのが問題であるわけだ。変な結論だな。

>>259
人付き合いが悪いのでわかりません(´・ω・`)

>>261
(´・ω・`)

>>262-265
俺は中学の時バスケ部だったのですがその時飲んでいたのはかーちゃんが生協で買ってきたエネルゲンでした。
だからどちらも俺にとっては他のスポーツドリンクはどうでも良い印象で。まぁこういうのは結局個人の好みだと思うので。


267 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/11(月) 14:54:35
ノリスケおじさんとか

268 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/27(水) 15:51:13
ホッシュッシュ

269 : ◆MUMUMU4yyk :2006/12/27(水) 20:16:55
空間と場は違う!違うんだ。断じて違う!

270 : ◆MUMUMU4yyk :2006/12/27(水) 21:36:15
パンダが町にはびこっているな

271 : 【1179円】 真空 【大吉】 ◆QED///ebvo :2007/01/01(月) 23:36:39
コミュニケーションというのは理解で、そのための道具が言語ですが、さて
強い電波はゆんゆん発せられたら誰でも受信出来るわけですが、
強い電波=良い電波というわけでは必ずしもないわけですよ。
そこで感受性を高めることで、さらに微弱でも良質な電波を
よんよん受信することが出来れば、周波数がある程度合えば、
CQCQ応答願いますの世界でやんやん交信することが出来るんですよ。
このね、アンテナをピンピン張っておかないとテレビは見られないんですよ。
眠りこけていても、起きていてもボーっとしていては
やっぱりテレビはちゃんと見られない。見ていることにならない。
もっと優しさを持ってね、テレビに接しなければならんわけですよ!(゚∀゚)

96 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)