2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

実存ピーナッツ

1 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/23(月) 20:11:54
実存ピーナッツ、それは太古に埋もれた記憶・・・。
私達の科学技術は「蟷螂の斧」であるにもかかわらず、実存ピーナッツはそれをよしとしない。
そればかりか、鉛筆の大量生産に関わる全ての陰謀を封じ込めてしまったのだ。
21世紀が始まった今、私達は改めて「実存柿の種」ならぬ「実存ピーナッツ」について、自己の存在を問い直す時がきたのだ。

2 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/23(月) 20:14:01
逃げと

3 :超自然☆ ◆FUCHIfrxEo :2006/10/24(火) 18:23:24
sanget?


4 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/24(火) 18:31:55
わたしの周りにはピーナッツ顔の人間がたくさん存在するのだが、
これは実存ピーナッツとは全く関係ないわけではない。
なぜなら、彼らのコロコロとした脳みそが世界中で溢れ、
そして私達の倫理的実存を脅かしているからである。


5 :有為の奥山今日越えて浅き夢見じ酔ひもせず ◆Pj.rsagelo :2006/10/24(火) 20:37:03
皮付きの子は優秀よ!!
丁重に扱いなさいね。

6 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/25(水) 18:21:14
私は名無しで書き込んでいるが、これはピーナッツの効能によるものである。
ピーナッツ畑でとれた実存ピーナッツは、口腔内を通り過ぎてやがて腸に達し、
人間の腸内で凍り付き、夜空を進む宇宙船と交信を始める。
私に出来ることといったら、宇宙船の現在位置を探知することのみであって、
その行き先を語ることはできない。
象を語ることは出来ても、象使いを語ることは出来ないのだ。


7 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/25(水) 18:26:53
>>5
皮付きのほうが、ずっと恐ろしいのです。
「丁重に扱いなさい」といったあなたは、もうピーナッツバターに半分とりつかれているかもしれません。
ピーナッツは、人間の良心の形をとって、地球を侵略し始めているのです。
良心ほどもろく、悪に変わりやすいものは無い。
もし、あなたが絶望の淵に立たされることがあるなら、それは良心があなたを苦しめたから。

8 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/25(水) 23:25:26
もう戻れない ピーナッツに一筋の流れ星が交差したとき、すべてが灰になる

9 :超自然 ◆SIZEN.JP.s :2006/10/26(木) 18:13:27
机で9

10 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/26(木) 20:05:10
ピーナッツには、古来から「裏の顔」を持つと言われている。
夜中の3時23分46秒には、なかから白い霧状の物質が噴出して、
平行空間に負の分子をまき散らしているのが観察される。
しかしこの現象を目視することは、原理的に不可能である。
宇宙人は、地球人が夜中に眠ることを知ったとき、どう考えるのだろうか?

11 :電帝 ◆m7nEmPw22. :2006/10/26(木) 21:48:54
・ピーナッツは2粒が1つの繭に棲んでいる。
・それが1つなのかもしれない。
・繭の模様は、ピーナッツの精神構造が表出したものである。

12 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/27(金) 17:24:45
私がここで書いていることは、偽りのない真実である。
にもかかわらず、あなたは疑うかもしれない。
真実とは信じがたい事実なのであって、
真実を受け入れることよりも、虚構に身を任せているほうがより現実的であろう。
しかし、わたしはどんな偽りにも屈しない、揺るぎない普遍的基本原理をピーナッツに見いだしたのだ!!
これを前にした者は、メガネの曇りがとれたような、あるいは、メントスを10個口に頬張った気分になるだろう。
その根拠は、じつは童謡に隠されている。

「ぽっぽっぽ はとぽっぽ まめがほしいか そらやるぞ」
ここでいう「まめ」とは、枝豆でもなく、かといって空豆でもない。
ピーナッツなのである。これを手がかりに調査した結果、以下のHPに到達した。

なお、閲覧する場合、電波から身を保護するため、防護マスクを着用すること。

↓はとぽっぽ
ttp://www.hatoyama.gr.jp/

13 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/27(金) 17:28:26
>>11
そのとおり、ピーナッツは、一つであると同時に、二つであるのです。
その不確定さゆえに、我々を混乱におとしいれるのです。
ピーナッツの繭模様を解析することで、
不確定ながらもピーナッツの精神構造を予測することが可能であると私は考えます。

14 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/28(土) 23:08:14
ぴぴぴピーナッツ
それはひと夏の思い出
ぴぴぴピーナッツ
忘れてしまいます

そらのあおにとけこんで
アゲハチョウは飛んでいった
行き先も忘れて
遠くの汽笛が鳴った

15 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/28(土) 23:15:29
なにも知らないけれど
いちごのハチミツはヨーグルトの朝寝坊。

だれも知らないけれど
さいごのもこみちは夕暮れのぼやき。


レモンの凍ったゆびさきは
パレットをかすめて瑠璃色になった

スケボー抱えた少年は
からすの鳴き声と消えていった

16 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/29(日) 02:44:38
ココナッツにあやまれ!

17 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/30(月) 00:13:01
すき焼きのおいしさは、たまむし色の記憶。
どら焼きのまな板は、ドラちゃん用の道具。

空気のにおいは、みんなを消化する。
タヌキのお祈りは、あしたをよびさます。

ネズミは欲しかった、砂糖の砂。

そこへ、薔薇の匂いが立ちこめた。

はちみつは目を開けた。


>>16
ごめんね、ココナッツさん。


18 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/30(月) 00:24:57
ピーナッツに負けないためには、言葉の剣を振りかざすしか無いと私は考えました。
なぜなら、ピーナッツは言葉を発せず、ただ聞き入れるのみであるからです。
ですから、言葉でピーナッツの力を、すこしづつ浸食出来れば、実存ピーナッツを成敗することは可能なのです。

私は、宇宙船から伝達される暗号をひもとき、それを書き続けます。
それこそが、ピーナッツから身を守る、唯一の方策なのですから。
ちなみに、ココナッツは無害です。
彼らは、人類が出現する遙か昔から、善良な魂と共に生き続けて来ました。
たとえココナッツが、北朝鮮が核武装したように、
邪悪な心でもってココナッツ自身を守ろうとしたとしても、
それは太陽が許さないでしょう。
太陽の下に、汚れのない魂は生まれるのです。

それとは反対に、ピーナッツは、日の差さない地中で育ち、悪に転じやすい。
たとえ、生まれつきの魂が清らかであったとしても。



19 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/30(月) 12:39:54
太陽の日差しがやさしい。
今日は何処へ行こうかな。

20 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/30(月) 14:40:28
続けたまえ。

21 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/31(火) 23:30:08
わたしはオレンジジュースになれる。

雨の日には水たまりにだってなれる。

水面をすべる円形の波の

アメンボが通り過ぎたとき

いち、にの、さん、で

わたしはくしゃみになった。

22 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/31(火) 23:31:53
>>20
正直、ピーナッツなんか、どうでも良くなりました。
生きる上では、知らない方が幸せ、という場合も多数あるのだと思います。

23 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/01(水) 21:54:24
薬が切れると辛い

背骨を失った凧のように気分は低空飛行だ。

まわって、はしって、えがって、だらって、

校庭に並ぶ壊れたスプリンクラーな気分

24 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/02(木) 21:06:28
ときには離れたサンドペッパーのように

ときには縮れた林家ぺー・パーのように

キラリと光る海の庭。


黄金色のカナブンが嘆いて

虹色の甲羅を背負って

虹がまぶしすぎると嘆いた

25 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/04(土) 01:31:49
わたしにはなにもない

たわしには蟻来ない


わたしにはこころがない

たわしにはいいのがない


私には全てが無い

街をぬける風のにおいも

落ち葉を揺らす冬の父さんも

百万年の昔から

凍りついている

26 :じっくりさん ◆hfn.GnKbsQ :2006/11/05(日) 18:18:08
知らない方がしあわせか・

27 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/06(月) 22:38:50
トウガラシの夜更けは

ぴりぴりしたひととき

アメフラシの涙は

まっ青なひとりきり。


こぐまのふるさとは大地に埋もれ

うれた柿がほほを撫でた


十五夜は変わらずに照らしつづける

二つの小さなあの影を

28 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/06(月) 22:50:22
>>26
少なくとも、実存ピーナッツに関しては、大多数の人間のように、知らないでぬくぬくと生活するのが自然なことであると思います。
ピーナッツを意識しすぎることによって、我々の思考領域は確実に蝕まれるのです。

ただ、実存ピーナッツを絶滅させるためには、まず実存ピーナッツが何であるかを知らなければなりません。
同じように、病巣を治すには、病巣のもと、すなわち病原菌を知る必要があります。
「知ること」は、決して、無駄なことではないのです。

知らずに生きることは幸せなのかもしれないが、それは病気を見て見ぬふりするようなものです。
知らないあいだに、病状は確実に進行しています。
これが本当の幸せと言えるかは、個人の判断にゆだねるしかないでしょう。

29 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/11(土) 14:22:38
たけしのにほんきょういくはくしょ

たにしのきほんきょういくはくしょん

こけしのかのんぎゅうにくばくしょう

30 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/13(月) 01:32:25
時々私の存在価値がわからなくなる。そんなときは、何も信じられなくなって、私にできることは、ただ目を閉じて耳をすますだけ。
透明な空気の音は、体を通り抜けて濁る。幻聴にまどわされるな。空気は意地悪だから、やがて両手で耳をふさがないといけない。
笑うな。泣きながら。噛み締めろ。震えた手で。命を燃やせ。

31 :笑点のピンク:2006/11/14(火) 16:23:06
実存は本質に先立つ≒でき婚

32 :だあだあ! ◆kTLLDQQ39Y :2006/11/14(火) 20:49:01
でらでらでらでらでらでら

私のピーナルツも 腸内でおてんばです!!

【∞∞∞∞∞∞】
KTX\(゚o゚)/<ほんぎゃあああああああ



恋も核爆弾も腸内で感じたからなあ
やはりかやうな宇宙人(うてうじん)の波動だったんですねえ

眼光字背に達し、像使いを語ってやりますとも。ええ。

33 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/14(火) 20:58:17
ジャンプして空をパンチ!してみたらグッド・マークが出てきた!
一歩一歩を楽しみながら歩いてると、だんだん景色が強い光を放ってきて、眩しくなってしまった。
真っ黄色の視界のなかで、忙しなく動く木製の生きものが右へ左へ大慌て。
空は優雅な昼下がりの真っ最中だというのに。
木製の生きもの達の一部が空高く飛びはじめ、それがカラスだと判明。
空がオレンジジュースで一杯になった頃、僕のペットボトルは空瓶になって空き缶になって潰れた。
そこから弾き出たガッツポーズが指を差す格好となって、僕を自宅へとナビゲーション。
歩くたびに10ポイントずつ加算されていくけど、何の点数なのかは不明。
ジャンプをすれば20点!
ステップ踏めば30点!!
坂の上に家が見えてくると、INの文字が出て家が点滅。
部屋に入ると、縦長の窓の前に痩せ細った椅子が置いてあるだけで、一切の家具がなかった。
トイレからプラスティカ製で液状フォルムの仮面を被った僕が出てきて椅子に座った。
僕のほうを向いて、変な踊りをしている。
彼は僕の考えていることを躍りで表現してくれているんだ。
それに呼応して縦長の窓の景色が変わる。
僕が笑うと彼の踊りは楽しくなって、景色は何かのパレードのよう。
僕が泣くと、彼の動きは鈍くなり、姿勢も悪く。
景色は曇天に薄茶けた雨。
僕が感情を押し殺せば、彼は単なるガラクタ人形のように座っている。
窓は遮光カーテンで見えない。
僕が椅子に座る僕を蹴り倒すと、彼はカーテンごしに窓を割って、外へ落ちていった。
急いで僕はカーテンを開けたけど、そこに窓はなくコンクリート製の壁が立ちはだかっていた。
窓があったところへ椅子を投げ付けても、椅子の脚が曲がるだけ。
何かないかとトイレへ行けば、液状フォルムの仮面が鏡に映ってるだけ。
僕が仮面を被ってトイレから出ると、指ナビに連れられて僕が帰宅。
窓は元に戻っていたので、僕は椅子に座って僕と向き合った。
http://z-z.jp/thbbs.cgi?id=abara&p3=&th=117


34 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/15(水) 22:00:28
>>31
実存は本質だけでなく、ピーナッツにも先立ちます。
ピーナッツは存在する以前からピーナッツであることは
近年の研究によって明らかにされつつありますが、
それ以上に殻の繭模様は複雑怪奇であり、
顕微鏡で観察するだけで、貴方の視力は著しく低下します。

>>32
夜中の3時23分46秒に西の方角へ歩いてください。
リンゴを手に、ハートをくぐって、豚の墓を掘り、月に向かって投げてください。
ピーナッツに夜はありません。いつでも出動できるように毎日腹筋してください。

>>33
>電話に出ようとしたら肛門から豆が

まで読んだ


35 :笑点のグリーン:2006/11/18(土) 21:22:00
問題点
・ドラえもんとのび太くんの声が被る
・しずちゃんの声が無駄にエロい
・ジャイアンの声は迫力がない
・スネ夫は印象にない

36 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/18(土) 23:29:50
>>14-15,17,21,27

このへんの芸風、好きだ。
専門スレを立ててるなら誘導して☆

37 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/23(木) 00:46:19
>>35
解決策:
・出来杉くんの屈折した欲望
・ドラミは腹違いの妹

>>36
私はピーナッツの専門家であって、日々研究をつづけております。
よって専門スレを立てることは不可能に違いありません。
「完成されたカレーライスが出来上がるのはいつ頃か?」
それはガスバーナーの火力と、あなたの情熱に依存するのです。

38 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/28(火) 23:50:39
とんびがないた。

三枚、まな板。

包丁がキラリと笑う。

その先で、いのちが止まる。

39 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/29(水) 00:00:05
蛍光灯の瞬きがまぶしくて

蛾は光のちからで息ができない

あなたが先へ行ってしまったから

空のなかをひたすら歩くだけ


いつでも頭から離れない言葉があります。
それは、寺山氏の「人の一生、かくれんぼ」です。
わたしの生きる営みが「かくれんぼ」であるとしたら、鬼は誰なのでしょうか?
隠れ続けることに疲れて、ネットの砂漠を行き交う人たちに私は呼びかけます。
「私はここに隠れているんだ!早くみつけてよ!みんな帰ってしまったよ!」


40 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/30(木) 21:38:43
矛盾してるようですが、私は逃げも隠れもしません。
これは、言い換えれば、自分から動くことがないだけなのかもしれません。
人は皆、少なからずピーナッツの遺伝子を保有しています。
人間が進化する歴史は、ピーナッツの歴史でもあり得るわけです。

ピーナッツの遺伝子は、人間の記憶の中で長い間眠ってきたわけですが、
最近になって、再び、その意志を発信しつつあります。
それと同時に、人間社会における社会問題として表出して来ているのです。

41 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/30(木) 21:41:35
人は、心にカラを持っている。

カラは、殻であり、空なのである。

このカラは、ピーナッツの意志によるものである。

このカラを割ることができる人は、次世代の救世主となるであろう。

42 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/02(土) 22:07:05
とおくへ、とおくへ、飛んでいった三日月いろの、

したから、したへ、伸びていったシクラメン。


土色の心臓は、サンタクロースが届けてくれた。

灰色の青さは、鈴の音と海の底へおちついた。



たとえ雪が降っても、私は止まりません。止まることが出来ないのです。

雪の白さで、指がかじかんだとしても、握る手をゆるめることは出来ないのです。

43 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/02(土) 22:10:51
生きたいとおもったら、生きることしか出来ないし、
死にたいとおもったら、死ぬことしか考えられないのが、私の性分です。
今の私は、生きるわけでもなく、死んでいるわけでもありません。
その理由は、とてつもない不安感が、未来への欲望を閉ざし、私を盲目にしているからなのです。


44 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/04(月) 22:24:40
マンセー

45 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/07(木) 22:54:17
こころのしお

こころのしおが さらりと音を立てた。

塩は白くて、切なくて。

ときには、とけることができなくて。

46 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/08(金) 21:29:51
本だけで生きていけると思っていた。

ずっと幼いままだと信じていた。

このまま、時の流れがとまって、

日が差し込んだ窓に、浮き上がって輝くホコリは、

ちいさな宇宙を彷彿とさせる。

あなたの気持ちは、あなただけのものなのかな?

あなたの気持ちは、外見に隠れて、見えにくいだけなのかな?

47 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/08(金) 21:35:05
漆黒の鍵盤を、叩く音が、聞こえる。

とん、とん、かん、と。

排水口の奥で、ささやく声が、聞こえる。

びゅう、びゅう、びゅう、と。


やわらかいものはやさしい。

こんにゃくはやさしい。

ピーナッツよりも、ね。



48 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/09(土) 07:23:10
テーブルの下に落ちているゼリービーンズを見てごらん?今の君はあんなもんさ

49 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/12(火) 22:19:24
私はテーブルの下に落ちているゼリービーンズかもしれません。
・・・何色でしょうかね。

だとしたら、テーブルの上にいるゼリービーンズは大きな青い空を眺めることができて、
それなのに私は、自分のことで精一杯で、何も出来ずに床に転がっているゼリービーンズです。

床に散らばった、色とりどりのビーンズは、もう二度と、ひとまとまりになることはないのです。
それを見て喜ぶ人もいれば、悲しむ人もいるでしょう。



50 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/12(火) 22:23:56
>>48
あなたのゼリービーンズ色に染まった感性は、それだけで、とても尊いものです。

そして、あなたは色あせることなく居られますように。

決して、ピーナッツ色にならないことを、願ってやみません。

51 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/12(火) 22:34:12
空気色に染まったピーナッツがとてもきれい
伝言しておいてください
あとで業務用を買い込んできますから

52 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/18(月) 23:23:31
孤独な犯罪者は死刑になった

狂気の殺人者は無期懲役になった

メロディは君の頭をコントロールするかもしれない

寺の御経や

教会の賛美歌のように

いっぽう、科学に音楽はない

それは科学が宗教でないことの

一つの証明でもある

焼けただれた夕日は

とっくの昔に死んでしまった

もうだれも君の唄を聴くことはない

けれど君は君でありつづける

53 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/18(月) 23:27:00
>>51
業務用は100グラム46.5円です。

きみの白昼夢を、お金に替えて買い込んでください。

あなたのおとぎ話は、あなただけのものですからね。

54 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/19(火) 06:58:33
あたしの國では、業務用は100グラム58円でした。
それでも良いのだと思っていた。
だって、お金の問題じゃないもの。
騙されても良いと思っていた。

そう、夢を見たかったの。
白日夢も、おとぎ話も、きれいだから。

きれいなものしか欲しくないの。
綺麗事で一生を済ませるの。

だけれども、
きれいじゃないものを目の当たりにしても、
決して負けることはないの。

筋金入りの少女趣味だから。
少女は人間の進化した形だから。


55 :TANT ◆i3UJmTANT. :2006/12/20(水) 19:08:00
現地生産なんでしょうかね?

56 :電帝 ◆m7nEmPw22. :2006/12/22(金) 20:17:52
ルールが自分をまもるものでなく、一部の人のためのものだと思えてしまえば、希望など持てるはずもない。
花を落として、からにはいり、つちのなかで生きることを選ぶものもいる。
粒ひとつひとつが自己を表現し、認められることを欲している。
だが、粒たちは反対の方向へ走る。無意識に行なう自己防衛。
殻は堅いが、きれいにむける。栗よりもきれいにむける。
地上で結実した枝豆は何を思っているのか。
疎外が反発を招き、悪循環は広がる。新芽たちへの影響もはかり知れない。

57 :TANT ◆i3UJmTANT. :2006/12/22(金) 20:35:15
テストステロンみたいですね。

58 :笑点のピンク:2006/12/22(金) 22:11:05
>>43
街の灯かりの下では誰もが目を閉じ闇さまよっているのですね

59 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/23(土) 14:31:47
もうすぐクリスマスです。

世界中の子供達から、サンタさんのもとに手紙が届きます。

世界中から集まった、すべての願いが叶いますように。

・・・真っ白な夜に、鈴の音が聞こえたら、それはトナカイなのかも。

60 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/23(土) 14:47:58
>>54
きれいなものは、はかないと同時に、力強いものであると思います。

ただし、きれいなものは、時として、疎外されてしまうものです。

その理由の一つとしては、

きれいなものは、きたないものを徹底的に排除するような

激しい攻撃性を内に秘めていることがあるからです。




61 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/23(土) 14:52:37
>>55
基本的には現地生産です。
放っておいても勝手に増えるので、人間が育てる必要はありません。

>>56
疎外が反発をまねく、ピーナッツは殻の中で、反発し合っているのかもしれません

62 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/23(土) 14:56:51
>>57
テトラステロン、あるいは、電気ポットなのかもしれません。
魔法瓶の中で、事態は少しずつ進行してゆきます

>>58
そう、灯かりの下だからこそ、目を閉じるのです。

63 :TANT ◆i3UJmTANT. :2006/12/23(土) 15:30:15
生きるんだ♪

64 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/23(土) 18:37:04
test

65 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/24(日) 03:08:21
実存ってなぁに?
ここに在るってことを感じること?
それともそれを証明すること?

どっちでもいい。
とにかく、あたしの鼻の奥に実在しているピーナッツ
少ししょっぱくなったピーナッツを感じながら、
メリー・クリスマスイブ☆


66 :一体さん:2006/12/24(日) 03:24:12
メリクリ!
ことよろ!
賑やかな今だからこそ
言っておきたいことがある
君には
コイツに勝てば勝ち組みになれると
絶対断言できる相手が一人だけいる
君だ

67 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/26(火) 00:18:01
ちょっと遅いけれど、メリークリスマスです。

訳あって、過去の記憶がフラッシュバックしてきて、

今日はちょっぴりかなしい気分でした。

私の心は、気づかぬうちに、失ったものを取り戻そうとしていたようです。

時間をもどすことなんか、出来るはずも無いのですが。

68 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/26(火) 00:20:36
>>63
生きることは、死ぬことでもありますよね?

>>65
実存とは、あなた自身です。
ピーナッツは、土の中で、ひっそりと年を越すのです。

>>66
勝ち組、という概念は考えたこともなかったです。
ピーナッツのもとに人間は平等です。


69 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/26(火) 00:26:16
雨が降って、水たまりになって、蟻の巣に流れ込んできて、あわてて髪の毛に耳をあてる。

戸棚にかかった一枚の絵。

コンセントに差し込まれたコードは、紐がほつれて、そろそろ寿命。

青い花瓶に青空を感じたのは、昔の記憶。

今日は何も浮かばないから。

じっと耳をすまそう。

70 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/26(火) 19:06:57
あなたがもし、ゆきのしたでうごめく ふきのとうだったら、

きっと楽しい歌がうたえる。

あなたがもし、日の当らない朝にたたずむ しもばしらだったなら、

きっとひかりかがやくときがある。


うたは、ゆきをつたわって、みんなのもとへ。

ヤマネは、まるくなりながら、真っ白なゆめをみる。



71 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/28(木) 03:39:06
だめだ電波がとまらん過去に捕われて破壊されるんだ
なんてネガティブな思考回路なのか斬り落とせなかった左手は力が入らない永遠にまとわりつく
不快に思った人はごめんなさいでもこれが現実でも真実でもない偽らないピーナッツ

72 :名無しさん@素敵なキノコ:2006/12/28(木) 14:06:47
ピーナッツなど無い!!!

73 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/30(土) 01:10:22
>>72
ピーナッツは、あくまで表面的な意味しか持たないのです。
その根元にあるのは元型であって、無意識層における力動の作用点だそうです。具体的な証拠に乏しいのは言うまでもありませんが。

つまり、私にとってのピーナッツは、あなたにとってのハロゲンヒーターかもしれないのです。
しかしながら、その二つは根源的な意味での同一性をもっている筈です。

74 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/31(日) 12:42:58
つまりピーナッツというのは鼻毛が邪魔で鼻毛をカットすると増々鼻毛が繁ってくるという釈迦の説法と同じで
ママチャリに乗っているワーキングプアをみじめったらしく写す事でママチャリまで何かチープなものである印象を植付けたマスコミの印象操作とは対置されるべきものなのですな

75 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/01/03(水) 00:37:30
>>74
そうかもしれません。
ただし、ピーナッツは、心の中で無意識に存在するので、
あなたの内側と外側を自由に通り抜けることが出来ます。


76 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/01/03(水) 00:41:56
あけましておめでとうございます。

人々は、神社にお参りする季節ですね。

数日経つと、みんな何事もなかったかのように、

手をひるがえし平素の生活へと戻っていくのです。

そのたびに、私は裏切られた気分になります。

こんなおかしなことが、あって良いのでしょうか?

77 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/01/03(水) 00:44:52
ししまい

ししまいは、シュウマイを、ほおばった。

これは、共食いじゃないよ。

しまいには、しましまの横断歩道をあるいた。

おしまい。

78 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/01/04(木) 01:36:45
私は人を愛せない
じぶんを愛せないから。
私に愛する勇気があれば
ピーナッツなんかいらない
未来なんかいらない
クリスマスケーキなんかいらない
言葉なんかいらない
命なんかいらない

79 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/01/04(木) 06:57:49
また、重い荷物かかえて、あの人が歩いてくる姿を見た。
うつむき加減に、歩く姿。
あの人の「ひとり」は、私の「ひとり」とは違って、少しさみしそう。


私が握りしめている、たくさんのピーナッツを
空へぶちまけて、
手のひらを自由にしてやりたい。
そして、それをあの人の手のひらと重ねたい。


80 :ハイドライドスペシャル ◆yQj1p53F.Q :2007/01/05(金) 20:12:03
まだ見たことないです・・・

81 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/01/05(金) 23:45:50
バームクーヘンのしっぽを丸めて、

虹のわっかをつくった。

鳥の羽をひろいあげて、

そらへと帰してやった。



やさしい気持ちになるまでに

日が暮れてしまうかもしれない。

あなたが帰るまえに

愛と勇気をつたえたい

82 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/01/05(金) 23:58:53
>>79
ひとりで生きていくのは、なかなか難しい問題だと思います。
「人」という字は支え合っている、なんて言いますし。
あなたを必要としている人は、たくさん居るに違いありません。

>>80
夕暮れのそらに雲が並んでいたら、
それは何かのメッセージかもしれません。
耳をすませて、あなたを呼ぶ音を探してください。

83 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/01/07(日) 22:54:55
ピーナッツは水になる。

たぬき寝入りは水になる。

白い砂浜は水になる。

ささやく声は水になる。

黄色い色眼鏡は水になる。

冬眠からさめたクマは水になる。

84 :アヘ ◆4iecwvAaHE :2007/01/08(月) 09:16:17
取りそこねたローレシアの宝箱は?

85 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/01/09(火) 23:45:49
こっこの「樹海の糸」を聞いています。

透きとおった声の、美しい歌です。

‘永遠を願うなら 一度だけ抱きしめて その手を離せばいい’

私には、こんな歌は書けないだろうと思います。

私には、私の歌しか書けないのは、言うまでもないことなのですけど。

86 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/01/09(火) 23:51:02
>>84
宝箱には大豆がぎっしり入っています。
大豆を詰めることにより、ピーナッツが入らないようにしてあるのです。
宝箱を取ったら、豆乳でも作りましょう。健康に良い

87 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/01/11(木) 23:56:12
新聞にくるまれた三毛猫を見つけた。

サマーの詩を本屋で見かけた。

バス停は、静かだった。

照明は、光り続けた。

31アイスクリームの光線銃が、町中に溢れた。

ぬるい太陽が、肩にもたれ掛かった。


あのね、わたしは潔癖症かもしれない。

けれどね、心の奥底は、君らと変わらないんだよ。

88 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/01/14(日) 22:14:24
ヤンキー先生って何なのよ
ヤンキーが先生になっただけじゃん
弱いものをいじめてきたヤンキーが
弱いものと戦っていくことを誓うなんて

よのなか良く分からなくなったものだわ。

89 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/01/14(日) 22:18:40
茶柱を見てラッキーだなと思える人は
きっとラッキーな人なのだと思う。

かき氷を食べたくない人は
きっと核実験に反対する人なのだと思う。

あれはいじめかわからないよ
昔の記憶が飛んでるから

90 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/01/14(日) 22:20:35
一行おきに書いていると
紙が無駄になるから
なるべく詰めて書こうと思う。

エコロジーな地球を目指して、私は歩き始めます。

91 ::2007/01/14(日) 22:24:59
名無しで書き込むことは、
自分の存在が抹消されることと
同一であると考えたので、
名前を付けようか迷っている。
名前を付けるなら、こんな名前が良い。
でもトリップはつけない。
何故かというと、自分が規定されるとは思えないから。

92 ::2007/01/16(火) 04:58:39
じゃ、汎用コテってことで。
一人○役じゃなくて、○人1役も面白いよね。

93 ::2007/01/18(木) 00:16:32
うんうん。
サラダを食べた皿が飛んできて大変な一日だった。
魔法のカラスがガラスをつつくのは何時だって同じ。
ブルドッグなのにソースじゃないなんて、許せないじゃない?

94 ::2007/01/18(木) 06:39:33
おはよう、わたし=93。
CDもDVDも見た目じゃわからなから、油断出来ない1日の始まりね。
あのことについて、今日も吹っ切れないままだけど、
やるべきことはやらなくちゃね。

さ、ランドセルにピーナッツを一杯詰めて、ビルの頂上まで登りましょう。

95 ::2007/01/18(木) 20:08:33
さっきビルの頂上から手を伸ばしたら、星が降ってきた。
みんなは、黄色く光る五角形だと思い込んでいるだろう。
けれども、本当の星は、空気みたいに水色で透明なんだよ。

空を飛ぶ夢をみる魚。鉄板の上のカツオ節。私は綿(わた)になる

96 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/01/20(土) 17:28:31
小学校の頃、通学路に「60階段」ていう名の付いた階段があった。
一歩一歩数えてみたら、63段あったよ。

下を向きながら歩いていたら、
ガムがくっついて黒くなっているシミに気がついた。

上を向きながら歩いていたら、
粉雪が降ってきた。

97 ::2007/01/20(土) 17:29:27
…しまった
名前つけたんだっけ

98 ::2007/01/22(月) 23:13:26
たとえば道ばたに軍手が落ちていたとき、
その軍手はどんな物語を体験したのだろう。

…しかし軍手がたくさん路肩に落ちているのはなんでだろう?
ピーナッツのしわざかもしれない。
気をつけなくっちゃ

99 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/01/22(月) 23:16:15
うめぼしすっぱい
すっぱいのはうめぼしだけじゃない
うまれてきてごめんなさい

100 ::2007/01/23(火) 23:18:42
ビー玉を透かしてみると
さかさまの世界が見える。

ささかまの世界。
かささまのせかい。
かさまさのせいか。

101 ::2007/01/23(火) 23:22:13
どれが自分のカキコなのか、
分からなくなってしまいました。

どれが自分の本音なのか、
分からなくなってしまいました。

名前をつけたのがいけなかったのかな?

102 ::2007/01/23(火) 23:26:33
ピーナッツなんて無ければよかったのに。

私の日記はピーナッツを飲み込んでゆく。

なのに私は、いつまでも、意味を探しつづけるんだ。

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)